東京証券取引所

スマートベータ型
ETFという新しい選択肢

東京証券取引所

2016年3月22日、三菱UFJ国際投信が運用するETF「MAXIS JAPAN クオリティ150上場投信」が東京証券取引所に上場した。マーケットの規模が16兆円程度まで拡大している中、スマートベータ型という新しいコンセプトのETFが上場した意義は少なくない。世界を見ても、スマートベータ型ETFは存在感を高めているようだ。

拡大を続ける
ETFのマーケット

ETFは、特定の指数に連動する運用を目指す上場投資信託のことだ。指数としてよく知られているのは、日経平均株価やTOPIXだろう。東京証券取引所1部上場企業約1900社の株価を指数化したTOPIXとの連動を目指したETFは、TOPIXとほぼ同じ値動きをする。ここにETFの一つの特徴がある。値動きがわかりやすいというポイントだ。

もう一つ、ETFは証券取引所に上場しているため、上場株式と同様に証券取引所で自由に売買できるという特徴もある。つまり、証券取引所が開いている時間帯ならいつでも売ったり買ったりできるのだ。また、注文方法についても上場株式同様、指値注文や成行注文なども可能である。

そして、信託報酬の低さも見逃せない。信託報酬は、投資信託を保有している間、毎年支払わなければならないコスト。したがって信託報酬が安ければ、長期保有するほどコストメリットが大きくなっていくが、非上場の公募投資信託と比較して、通常、ETFの方が信託報酬が低く設定される。

そればかりではない。ETFの多くが1口10万円以下から買うことが可能だ。少ない資金でさまざまな資産に手軽に分散投資することができ、資金効率も非常に良い。

東京証券取引所
上場推進部
調査役
高木 亮

実際、ETFのマーケットは拡大している。内国ETFの純資産残高は16兆円規模まで拡大し、売買代金も日を追うごとに増加している(下表参照)。「今回の上場でETFの銘柄数は196になりました。連動対象となる指数も、TOPIXをはじめとする日本株から、外国株、外国債券、REIT、金などの商品までラインナップも拡充されています」と語るのは東京証券取引所・上場推進部調査役の高木亮氏。「ETFの存在感が高まる中で、スマートベータ型という新たなコンセプトのETFに注目が集まってきています」と続ける。

 

次ページスマートベータという新たなインデックス
お問い合わせ
東京証券取引所
ウェブサイトはこちら
三菱UFJ国際投信
ウェブサイトはこちら