銀証融合と独立系証券の勝者は--帰趨を占う大和証券G本社と三井住友FGの合弁解消

銀証融合と独立系証券の勝者は--帰趨を占う大和証券G本社と三井住友FGの合弁解消

「この10年のシナジーを、次の10年のエナジーに」--。

今年4月。大和証券SMBCは創業10周年を迎えたのを記念して、大手新聞に1面広告を出した。総合証券2位の大和証券グループ本社と、3メガバンクの一角である三井住友フィナンシャルグループ(SMFG)。

両社が共同出資(大和60%、SMFG40%)する法人向け(ホールセール)証券会社の大和SMBCは、近年進む銀行と証券の融合の先駆的存在と言われてきた。同広告に綴られたキャッチコピーは、大和とSMFGの関係が蜜月なままで続くと感じられる内容だった。

だが、事態は急転した。

大和証券グループ本社は9月10日、大和SMBCについて、SMFGとの合弁関係を解消すると発表した。大和がSMFGの保有する大和SMBC株40%を12月末に2000億円程度で取得。1999年から続いてきた資本・業務提携に終止符を打つ。

SMFGは大和と競合する日興コーディアル証券の買収に動いたのを機に、大和SMBC株の過半取得を大和に持ちかけた。しかし、大和側がこれを拒否したため、両社の提携関係の解消につながった。

メインバンクと親密証券会社という両社の友好関係は維持する。SMFGグループから大和SMBCに転籍している従業員約230人のうち、残留を希望しない従業員は、原則として10月にSMFGグループへ復籍する。

 

関連記事
Topic Board トピックボード
人気連載
Trend Library トレンドライブラリー
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

Access Ranking
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • いいね!

※過去48時間以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※週間いいね数のランキングです。

トレンドウォッチ
あのころ銀行は<br>無茶苦茶だった

『住友銀行秘史』の著者で元・住銀取締役の國重惇史、元イトマン顧問弁護士の河合弘之、元長銀取締役の箭内昇。平成の金融バブルの最中に起きたイトマン事件の真相と教訓を語る。