エリクソンに44歳CEOが誕生、世界最大の通信機器メーカーの“総合力”に迫る

エリクソンに44歳CEOが誕生、世界最大の通信機器メーカーの総合力に迫る

来年1月、世界最大の通信インフラ会社、エリクソンに若きCEOが誕生する。石油メジャーの英BP会長に転進するスヴァンベリ現CEOの後を継ぐ彼の名は、ハンス・ヴェストベリ現CFO、44歳。スウェーデン・ストックホルム市内で行われた6月25日の就任会見当日。不振のソニー・エリクソンの持ち株売却に関するうわさをぶつけると、「うわさはうわさ。あまり気にしてないよ」とやんわり否定した。

辣腕で鳴らしたスヴァンベリ氏からの今回の交代には、若いリーダーの下で進化する通信技術やIP化に対応し、世界各地での競争に勝ち抜いていくという、エリクソンの強い決意が込められているようだ。

インフラ2本柱が安定 成長途上のマルチメディア

そのエリクソンから、7月下旬、再び大きなニュースが飛び込んできた。破産保護申請中のノーテルネットワークス(カナダ)から北米携帯電話事業を11・3億ドル(約1100億円)で買収することが明らかになったのだ。ノーテルは高い技術力で知られる名門企業。業界では大きな話題になった。 

 通信インフラ業界は現在、トップのエリクソンを、フィンランドのノキア・シーメンス、仏アルカテル・ルーセントの名門連合、中国の成長株ファーウエイなどが激しく追う構図となっている。通信というとサービスを提供する通信事業者(キャリア)が注目されがちだが、黒子といえるインフラ企業もまた、熾烈な競争を繰り広げている。 

関連記事
Topic Board トピックボード
人気連載
Trend Library トレンドライブラリー
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

Access Ranking
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • いいね!

※過去48時間以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※週間いいね数のランキングです。

トレンドウォッチ
JR九州“脱鉄道”の成算

今年、上場を果たしたJR九州。豪華寝台列車「ななつ星in九州」は話題になった。しかし、人口減少などもあって鉄道事業の先行きは暗い。成長は非鉄道事業の成否に懸かっている。