日産が抱く野望とリスク、究極のエコカーをついに披露 

日産が抱く野望とリスク、究極のエコカーをついに披露

ついにベールを脱いだ。日産自動車は8月2日、2010年から発売する電気自動車「リーフ」を初公開した。

「『葉っぱ』って単純かもしれないけれど、いい名前。グリーンだし、形が優しくて空気力学的でもある。リーフの窓の格好も葉っぱのように見えると思う」(中村史郎・デザイン担当常務)。

風切り音と空気抵抗を低減するためにヘッドランプはボディからぐっと突き出しており、後ろ姿も独特の印象を残す。充電リッド(ふた)がフロント真正面にあるのも特徴的だ。ガソリン車は燃料タンクのある後方にしかリッドを配置できないが、「電気自動車なら極端にいえばルーフ(屋根)につけたっていい。デザインの自由度はとても高い」と中村常務は目を輝かせる。

カルロス・ゴーン社長の運転で、小泉純一郎元首相を助手席に、長身の中田宏・横浜市長らを後部座席に乗せて登場したリーフ。大人5人がゆったりと座れる居住空間も売りだ。航続距離は160キロメートル。長く走る米国人でも1日160キロメートル以下が9割だから、まずは十分といえる。

分離分割方式の勝算

注目の価格はこの日も明らかにされなかったが、ゴーン社長はかねて「(政府補助を合わせれば)従来の車と同じくらい。2~5%の差に収まれば」と発言している。カギとなるのは、車両のみを販売し、バッテリーはリースするという分離分割方式だ。

1キロメートル走るのにガソリンだと10円程度かかるが、電気は夜間料金で充電すれば1円で済む。差額の9円をリース代として支払っても、消費者の負担感はガソリン車と変わらない。 

関連記事
Topic Board トピックボード
人気連載
Trend Library トレンドライブラリー
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

Access Ranking
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • いいね!

※過去48時間以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※週間いいね数のランキングです。

トレンドウォッチ
朴槿恵大統領の罪と罰

韓国検察は朴大統領を同国憲政史上初めて立件した。親友を不当に国政へ介入させた容疑だ。支持率は史上最低の1ケタ、政権はもはや死に体。対日関係は再び不安定化するのか。