修羅の人間学 竹内一郎著

修羅の人間学 竹内一郎著

修羅といえばやむことのない戦いを想起させるが、革命家・勝負師・政治家・芸術家・芸能人・俳人・役者、計14人の極度に個性的な生き様、そして常人ならざる戦いと執念を、意外性に富んだ視点で切ってみせたユニークな人物論である。

ゲバラがいて阿佐田哲也がいて山頭火がいる。かと思えばピアフやモンローが登場する。そんな男女の生涯を追い、人間性を解剖してみせるが、みな異質でありながら「妥協」がないところは共通している。

著者のキャリアが人物論に色濃く反映しているところが、本書を面白くもし深みを与えてもいる。表面的な人物評に終わらせていないのは、自らの体験を踏まえて対象と格闘した所産であるからだろう。中でも升田幸三、黒澤明、岡本太郎、藤山寛美にとりわけ興味をそそられたのは、著者の挫折の前半生、マンガ原作者および芝居の演出家としての苦闘が語らせた文章のなせる業かもしれない。(純)

メディアファクトリー 1260円

Amazonで見る
楽天で見る

関連記事
Topic Board トピックボード
人気連載
Trend Library トレンドライブラリー
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

Access Ranking
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • いいね!

※過去48時間以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※週間いいね数のランキングです。

トレンドウォッチ
行き詰まる東電支援<br>原発最後の選択

賠償費用も廃炉費用も想定から大きく上振れし、東電支援スキームは破綻の瀬戸際。東電の発電所を売却し、その代金を賠償や廃炉費用に充て、東電を送配電会社に再編する構想が浮上。