【産業天気図・精密機器】在庫調整続く09年度前半は雨。後半も本格的な回復は期待できず、曇りが続く

予想天気
  09年4月~9月   09年10月~10年3月

精密業界の天気は09年度前半が「雨」。後半以降は需要の底打ち感や固定費の削減効果が鮮明となってくるが、08年度前半レベルまで需要が回復するには時間がかかりそう。前回(3月)予想の「雨」からはやや改善するものの、「曇り」の天気がしばらく続くだろう。
 
 昨冬、各社がそろって需要急減の不安を口にしていたデジカメ業界。だが在庫調整にメドが立ち、需要にも底打ち感が出てくるなか、各社首脳には最悪期を脱した安堵感が広がっている。
 
 「3月に在庫調整が完了して、その後はアクセルを踏みっぱなし。予想数値は厳しく見ているが、上ぶれるかもしれない」と語るのはニコン<7731>の木村眞琴・映像カンパニープレジデントだ。高価な一眼レフカメラに強いキヤノン<7751>、ニコンを中心に、08年度後半の厳しさからは回復してくる見込み。各社が発表している計画などから推定すると、09年度の業界全体の販売台数は前期比微減程度となりそうだ。
 
 ただ、コンパクトデジカメはもちろんのこと、高価な一眼レフカメラもここ2~3年のエントリー機のブームで需要が一段落した感があり、業界規模が過去最高となった07年度の水準を回復するにはまだ時間がかかるだろう。
 
 一方、予想以上に苦戦を強いられているのは事務機業界だ。設置済みの機械から徴収される消耗品や保守サービスが収益源の事務機は従来景気変動に左右されにくい安定感が強みだった。だが、09年1~3月期の各社の事業売上高は軒並み30%前後の大幅減収。「4月以降もまだ上向いてきている気配はない」(リコー<7752>IR部)、「底ばい状態が今後も続く」(コニカミノルタホールディングス<4902>経理部)と、各社はまだ回復の手応えをつかんでいない。
 
 データ会社のガートナージャパンの予想によると、09年度(09年4月~10年3月)の複写機市場は台数ベースで7.1%のプラス成長、金額ベースで2.8%のマイナス成長となる。だが「台数ベースでプラス成長となるのは、サムスン電子やヒューレット・パッカード(HP)が新興国向けに拡販している低価格のA4複合機が数を増やしているため。日本のメーカーが主力とするA3複合機の販売はもっと厳しくなるだろう」(三谷智子・主席アナリスト)。
 
 また、上記数値は本体の出荷予測で、各社の事業売上高の約5~6割を占める消耗品、保守サービスの分は含まれていない。企業内ではカラーコピー禁止などの措置が世界的に広まっており、こうしたノンハードの落ち込みも相当な打撃となりそうだ。

(桑原 幸作)

関連記事
Topic Board トピックボード
人気連載
Trend Library トレンドライブラリー
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

Access Ranking
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • いいね!

※過去48時間以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※週間いいね数のランキングです。

トレンドウォッチ
最強コスパで選ぶ保険

保険料というコスト、保障というパフォーマンス。2つのバランスを考えたコストパフォーマンス・ランキングでわかる最強の保険選び。注目の新商品から保険見直しの裏技まで紹介。