就活

ESを書く前に選考状況をチェックしよう

「エントリーシートでは落とさない」会社もある

いよいよエントリーシート(ES)を提出する時期が迫ってきました。マニュアル本と首っ引きになる前に、企業はESをどの程度選考材料としているのか、『就職四季報』でESの選考状況を見てみましょう。

「ESで落とす」会社は着実に増えている

そもそもESは全社に課せられているわけではありません。また、ESは提出させるが、その段階では落とさないという会社もあります。

『就職四季報』では、ES自体ない会社は、「選考ポイント」のESのところに「提出なし」、ESはあるが選考はしない会社は「通過率」のところに「選考なし」と表示されています。必ず確認してください。

ただ、近年、残念なことに、「ESで選考する」、つまり落とす可能性があるという会社は着実に増えてきています。

2011年版では「選考する」会社は4割程度で、ES自体ない会社を含め、「ESでは選考をしない」という会社が残りの6割でした。これが、3年後の2014年版では逆転。「選考する」会社が6割弱を占めるようになりました。

2017年版でも、この傾向は変わらずES自体をなくした会社や「選考しない」会社が減り、「選考する」会社は100社増、割合としては6割を超えました。また、選考するしないに係わらず、「ESあり」の会社が8割を超えていることに注意してください。

次ページESの選考状況、業種別の傾向は?
お問い合わせ
『就職四季報』バーチャル業界研究フェア 事務局
 virtual@toyokeizai.co.jp