[ 株式会社スペースシャワーネットワーク ]

スペースシャワーTVの新STATION ID『Every life has a soundtrack.』シリーズが始動!本日より第一弾にROTH BART BARONを迎え、オンエアスタート!

リリース発行企業:株式会社スペースシャワーネットワーク

[画像1: https://prtimes.jp/i/2929/1933/resize/d2929-1933-2cb6613380664e72b582-0.png ]

株式会社スペースシャワーネットワーク(本社:東京都港区、代表取締役社長:林 吉人)が運営する日本最大の音楽専門チャンネル スペースシャワーTVは、1月14日(金) 18:00より、SPACE SHOWER MUSICに所属する、今の音楽シーンを支える、活躍中のアーティストを迎え、制作した新STATION IDのオンエアスタートを致します。

スペースシャワーTVのメッセージを視覚的に伝える映像コンテンツとして、これまで様々なクリエイター、ミュージシャンが参加し、クリエイティブを実現してきました。そして、今年もSTATION IDの新たな企画「Every life has a soundtrack.」シリーズが立ち上がりました。

コンセプトは「全ての人生にはサウンドトラックがある」「SPACE SHOWER が、この不思議な世の中を一懸命生きる人々と音楽の橋渡しとなるような存在でありたい」 というメッセージを表現しました。コラボするSPACE SHOWER MUSICのアーティストの個性と、スペシャらしさを表現しながら、 最終的にまとめて見たとき、幼年期、青年期、壮年期、高年期と、一人の人間の人生を表した作品に仕上がっています。 今シリーズ第一弾アーティストして登場したのは、シンガーソングライターの三船雅也が2008年に結成した、日本のインディーフォークバンドROTH BART BARON。そして今回、ディレクションを行ったのは、モーショングラフィックスを中心に、3DCGを取り入れたグラフィカルな表現で活躍する河上裕紀が務めました。本作品のタイトルは「Joy, anger, sadness, and amusement.」一輪の花を一人の人間に見立て、晩年を迎える花が過去に感じた様々な感情「喜怒哀楽」を走馬灯のように振り返ります。

楽曲は2021年12月にリリースされたNew Album『無限のHAKU』に収録されている「U b u g o e」を使用し、映像を観た人の感情が、より揺さぶられる作品となっております。STATION IDは本日よりスペースシャワーTVの番組間でランダムにオンエア、また以下サイトからも視聴することができます。なお、次回の作品は12月22日に約3年9ヶ月ぶりとなるNew Album「effector」をリリースした、andropを迎え、公開予定です。今後も、豪華アーティストとクリエイターの貴重なコラボ作品をどうかお見逃しなく!

[画像2: https://prtimes.jp/i/2929/1933/resize/d2929-1933-f9c1f6b5815ad6a04c33-4.png ]

[画像3: https://prtimes.jp/i/2929/1933/resize/d2929-1933-59ff71d1d887e80ce520-3.png ]

[画像4: https://prtimes.jp/i/2929/1933/resize/d2929-1933-744d899b9c9378b0819a-2.png ]

<STATION ID概要>
▼URL
Youtube:https://youtu.be/MS4bfmIiQp8

▼「STATION ID」とは......
番組間で放送されるSPOTで、ステーション(放送局)のアイデンティティや
メッセージを伝えるイメージ映像。番組では表現できない部分を補い、
時には凝縮してスペースシャワーTVを視聴者に伝えます。

 

PR TIMESプレスリリース詳細へ

 

提供:PR TIMES 

 

バックナンバー
トピックボードAD
  • 最新の週刊東洋経済
  • 近代日本を創造したリアリスト 大久保利通の正体
  • 賃金・生涯給料ランキング
  • 戻りたくなる組織の作り方
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
「非財務」で生きる会社、死ぬ<br>会社 企業価値の新常識

今や株価を決める最大の要因は「非財務情報」というのが世界の常識に。優れた開示を行えば企業価値の向上につながる一方で、開示が不十分だと株を売られるリスクも。企業価値の新常識をめぐる混乱とその対処法に迫りました。

東洋経済education×ICT