[ モデルチェンジ日本 ]

<プレスリリース>民間臨調「モデルチェンジ日本」の設立および岸田総理への「COP26を受けての政策課題」の提言について

リリース発行企業:モデルチェンジ日本

岸田内閣が発足し、「新たな資本主義実現会議」「デジタル臨調」などの政策会議が稼働しはじめました。構造改革の動きを後押しし、日本の未来に向けて取り組むべき重要政策課題の提示・提言を行うため、産・学・メディアなどの枠を超え、民間臨調として「モデルチェンジ日本」を本日11月22日、設立いたしました。
第一弾として、気候変動対策に関する政策提言「COP26を受けての政策課題」をまとめ、22日15時過ぎに官邸にて岸田総理に直接提言を行いました。
「モデルチェンジ日本」の設立趣旨および岸田総理への政策提言の内容について、22日16時より記者会見を行いました。
会見での発表内容は添付のとおりです。

◇民間臨調「モデルチェンジ日本」
<ホームページ>
https://modelchange.jp/

<メンバー>(11月22日時点)
猪瀬直樹、冨山和彦、中室牧子、松田公太、瀬尾傑
安宅和人、落合陽一、村上誠典、落合孝文(弁護士)、金泉俊輔(NewsPicks)、国峯孝祐(弁護士)、藤原豊(政策アドバイザー)、羽生田慶介(オウルズコンサルティンググループ)、事務局:原英史(政策工房)
メンバーはさらにお声がけする予定です。

 

PR TIMESプレスリリース詳細へ

 

提供:PR TIMES 

 

バックナンバー
トピックボードAD
  • ポストコロナのメガ地経学ーパワー・バランス/世界秩序/文明
  • 最新の週刊東洋経済
  • 晩婚さんいらっしゃい!
  • 近代日本を創造したリアリスト 大久保利通の正体
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
勝ち組シニアと負け組シニア<br>定年格差

「45歳定年」発言に対し一部で猛反発。現実には法改正で70歳までの雇用確保が今春努力義務化されました。人生100年時代といわれる今、従来の定年はもはやなくなりつつあります。老後も働くシニアが第二の人生を勝ち抜くためにすべきことは何でしょうか。

東洋経済education×ICT