[ 株式会社スター・チャンネル ]

『シン・仮面ライダー』監督・庵野秀明がプロとして初めて編集に関わった作品復活!その名は「シン・コンプリート・サンダーバード」2022年予定、BS10 スターチャンネルにて独占放送決定!!

リリース発行企業:株式会社スター・チャンネル

庵野秀明からのコメントも到着!



日本語劇場版『サンダーバード55/GOGO』公開記念 <BS10 スターチャンネル サンダーバード長期徹底特集>
特設ページ:https://www.star-ch.jp/thunderbirds/



 東北新社/STAR CHANNEL MOVIES(株式会社東北新社・中島信也社長・東京都港区/株式会社スター・チャンネル・東京都港区・小坂恵一社長)は日本語劇場版『サンダーバード55/GOGO』を2022年1月7日より劇場上映、2022年1月8日よりオンライン上映いたします。 

[画像1: https://prtimes.jp/i/8010/640/resize/d8010-640-fd05a6064f6d03c7787b-0.jpg ]

≪スターチャンネルでは、「サンダーバード55周年」特別企画≫日本語劇場版『サンダーバード55/GOGO』の公開を記念し、庵野秀明がプロとして初めて編集に関わった作品のHDリマスター版となる「シン・コンプリート・サンダーバード」を2022年(予定)、BS10 スターチャンネルにて独占放送決定!

 「BS10 スターチャンネル」(株式会社スター・チャンネル:東京都港区)でも、サンダーバード55周年長期特別企画を放送中。その目玉として、1985年に庵野秀明氏が編集に関わった「サンダーバード」のダイジェスト編「ザ・コンプリート・サンダーバード」を復元し、HDリマスターした「シン・コンプリート サンダーバード」を2022年予定にて独占放送することが決定致しました。

 本作は、当時25歳の庵野秀明氏(『シン・仮面ライダー』 『シン・エヴァンゲリオン劇場版』)がプロとして初めての仕事として編集に関わった「ザ・コンプリート・サンダーバード」を、この度、東北新社の倉庫に眠っていた当時の映像を見つけ出し、再び庵野氏の監修のもと、修復とHDリマスターを施して新たに生まれ変わらせる、ファン必見の作品です。

[画像2: https://prtimes.jp/i/8010/640/resize/d8010-640-f1fdb7c1932c5806a8b0-1.jpg ]

 公開に際し、庵野氏から「「ザ・コンプリート・サンダーバード」に再び関わらせて頂けることに感謝しています。サンダーバードファンの皆様に楽しんで頂ける作品を目指して頑張ります。」(コメントの全文は本記事の下部に掲載)と、並々ならぬ想いが溢れるコメントが到着。さらに、新たなタイトルである「シン・ザ・コンプリート・サンダーバード」は庵野氏自ら命名致しました。今後の続報にご期待ください。

 また現在、国立新美術館(東京・六本木)で開催中の「庵野秀明展」https://www.annohideakiten.jp/ では、日本語劇場版『サンダーバード55/GOGO』撮影で実際使用されたサンダーバード1号機、2号機のほか、当時発売された「ザ・コンプリート・サンダーバード」のVHSなどサンダーバード関連の貴重な資料もお楽しみいただけます。是非、会場でチェックしてください!

<BS10 スターチャンネル サンダーバード長期徹底特集>
特設ページ:https://www.star-ch.jp/thunderbirds/
特撮人形劇の最高傑作として名高い伝説のTVシリーズ「サンダーバード」。その日本放送開始55周年プロジェクトの目玉として、当時の手法で新たに蘇った映画『サンダーバード55/GOGO』が、スターチャンネルの映画レーベル“STAR CHANNEL MOVIES” として公開決定!スターチャンネルではそれを記念して、10月よりオリジナルTVシリーズ「サンダーバード」を皮切りに長期徹底特集を放送中!毎月様々な関連企画を放送します!
【10月 第1弾】:懐かしのオリジナルTVシリーズ「サンダーバード[HD完全版]」絶賛放送中!
【11月 第2弾】:吹替3バージョンで観る映画版!
【12月 第3弾】…このほかにも続々!

「シン・コンプリート・サンダーバード」独占放送決定!
2022年予定、BS10 スターチャンネルにて独占放送/スターチャンネルEX -DRAMA & CLASSICS-にて独占配信
国際救助隊の活躍を描くスーパーマリオネーションの最高傑作“サンダーバード”TVシリーズから名シーンを集めたダイジェスト編。『シン・仮面ライダー』監督の庵野秀明氏が1985年当時に編集した映像を、再び庵野氏の監修のもと最新技術を用いて復元するデジタル・リマスター版。メカニックを中心に細かなガジェットやキャラクターたちが数多く登場し、庵野氏のサンダーバード愛が多く散りばめられている。(放送日程が決定しましたらスターチャンネルの上記特設サイトなどにてお知らせいたします)

* * *
《庵野秀明氏コメント:全文》 

1985年に構成・編集で参加させて頂いた「ザ・コンプリート・サンダーバード」は、当時、アッセンブルとインサートしか出来なかったアナログ編集時代に膨大な時間と手間を掛けて、周囲に大変な迷惑を掛けながら何とか形にしたものでした。

当初の構成案はメカグラフィティーとしてメカの活躍等を音楽に合わせた編集で魅せる予定でしたが、肝心のオリジナルサウンドトラックが存在しないという話を作業中に聞き、仕方なくMEテープ(音楽と効果音だけが入っているテープ)から使えそうな箇所をピックアップして貼り付けるしかなかったものでした。

MA作業(画と音を合わせる作業)にスケジュールの関係で立ち会えず、個人的に不本意な音響状態のまま発売されたものでした。

そして、諸般の事情から30年以上オクラに入っていたものでした。

良い思い出といえば、本屋さんで偶然会ったあさりよしとお氏に「1号2号の着陸のところが面白かった」と言って貰ったことでした。

そして今、「ザ・コンプリート・サンダーバード」に再び関わらせて頂けることに感謝しています。16ミリポジフィルムのテレシネ画像がHD画質のリマスターとして蘇ることに感謝しています。
現在のデジタル編集と、発見されたオリジナルサウンドトラックとTBS再放送版の主題歌を使用した音響作業に関われる機会を頂き、感謝しています。

作業はまだ先ですが、当時描いていたものに出来る限り近づけたバージョンアップ版として形にするつもりです。

改めて、当時ご迷惑を掛けたスタッフの皆様と、再び形を整えさせて頂く機会を与えて下さった東北新社様に感謝致します。

ありがとうございます。

サンダーバードファンの皆様に楽しんで頂ける作品を目指して頑張ります。

よろしくお願いします。

「サンダーバード」等ITC作品ファン 庵野秀明
* * *

■日本語劇場版『サンダーバード55/GOGO』
2022年1月7日(金)劇場上映開始/1月8日(土)オンライン上映開始 <配給:東北新社/STAR CHANNEL MOVIES>

[画像3: https://prtimes.jp/i/8010/640/resize/d8010-640-7f112b93818436cf03c7-2.jpg ]

1965年にイギリスで、翌1966年には日本でも放送が開始され、英国テレビ界の名匠ジェリー・アンダーソンの代表作にして、スーパーマリオネーションと呼ばれる独自の撮影手法を駆使した特撮人形劇の最高傑作として名高いテレビシリーズ「サンダーバード」。
なかでも日本での人気は絶大で、「ウルトラセブン」をはじめとした黎明期から今日の『シン・ゴジラ』などに至るまで、数々の日本特撮、ロボット・SFアニメ作品にも多大なる影響を与え、そして『2001年宇宙の旅』『スター・ウォーズ』『007』など世界のSF作品&作家にも影響を与えた伝説的作品として知られています。
そしてこの度、オリジナルの撮影手法を完全再現した新作3話を、『シン・ウルトラマン』監督の樋口真嗣氏が日本公開用に構成。エピソードはそのままに世界初の1本の映画が誕生します!
公式HP:tb55movie.com  公式Twitter:@thunderbirds_jp #サンダーバード55

===================================================
「サンダーバード55周年プロジェクト」では日本語劇場版『サンダーバード55/GOGO』公開のほか、シネマコンサートや希少なグッズの発売、BS10 スターチャンネル(https://www.star-ch.jp/)では10月より長期特集放送を開始するなど、日本放送開始55周年を「サンダーバード」イヤーとして盛大に祝うべく様々な企画を展開中。ぜひご注目ください!
===================================================

 

PR TIMESプレスリリース詳細へ

 

提供:PR TIMES 

 

バックナンバー
トピックボードAD
  • 新型コロナ、長期戦の混沌
  • 新型コロナ、「新しい日常」への前進
  • 就職四季報プラスワン
  • 見過ごされる若者の貧困
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
日米の躍進銘柄を総まくり<br>発掘! 未来の成長企業

米国の株式相場上昇に目を奪われがちですが、日本でも未来を牽引する成長企業は確実に育っています。本特集では「新興成長企業」や「トップの通信簿」などのランキングを掲載。GAFAMやメルカリの次の新主役を探しましょう。

東洋経済education×ICT