[ 株式会社サンシェア ]

NFT会員権の代金後払い(キャンセル料無料)サービス『Buynet trader β版』を開始いたします。NFTマーケットプレイスBuynet

リリース発行企業:株式会社サンシェア

後払いの支払い期限はゆったり30日 期限内のキャンセル料は無料!



株式会社サンシェア(本社:東京都港区、代表取締役:渡辺 充)は、解りずらいNFTの購入の仕方を「最も簡単で解りやすく」した『Buynet trader β版 』のサービスを開始いたします。『Buynet trader』は簡単に注文ができることをモットーに代金後払い(最大30日/キャンセル料無し)サービスを実施し、ユーザーが複雑なNFTの購入を安心して便利にお買い求めできることを目的にしております。



[画像1: https://prtimes.jp/i/80274/18/resize/d80274-18-eb7f268df31e270e4bf9-0.png ]

Buynet公式サイト:https://buynet.io

Buynetとは

[画像2: https://prtimes.jp/i/80274/18/resize/d80274-18-23e3fb8a5bf083a06f1f-1.jpg ]

 

Buynetは、世界で唯一のNFTデジタル会員権に特化したNFTマーケットプレイスになります。
価値のある『無形資産』を、株式の概念を取り入れその無形資産をNFT会員権化にした商品を多数販売。
代表例として、『SNSの拡散力』を価値と位置づけた『My stock』(https://buynet.io/mystock)の会員権『特許出願中(特願2021-130399)』は、インフレンサーが半永久的に無料にて商品のPR拡散の役務権利を得られるNFT会員権でございます。9月14日よりそのNFT会員権は新サービスの記念として破格値の5000円より売出し、反響を得ております!2次セールの値上がり期待感も高く、大変な評価を頂いております。

Buynet公式サイト:https://buynet.io
mystockのサイト:https://buynet.io/mystock
Buynet trader:https://buynet.io/trader
[画像3: https://prtimes.jp/i/80274/18/resize/d80274-18-d5d5f9fec4ee15f0e4af-2.png ]

BuynetはNFTデジタル会員権の購入に後払いクイック機能を世界20ケ国以上の企業とタイアップ提携の準備をしており、2022年中には20ケ国以上の企業とアライアンスの予定をしております。
[画像4: https://prtimes.jp/i/80274/18/resize/d80274-18-bacd896e2e6f84b5f36a-4.png ]

Buynet traderは「より簡単」「より買いやすい」をモットーに複雑なNFT購入手続きを、簡単かつ誤って購入した場合でも30日以内ならキャンセル料無料で取消が可能な為、手軽に購入が出来るのがポイント。また、後払い制度を利用する事によりユーザーは、ゆっくり検討しながら(最大30日)最終購入判断が出来る為リスクがとても少ないと考えております。また、画面もとても見やすく使いやすくなっております。
※クイック購入機能、トレンド分析の導入は近日にサービスを開始いたします。

会社概要

[画像5: https://prtimes.jp/i/80274/18/resize/d80274-18-9ff18add18a3d4738fe8-5.png ]

◇社名:株式会社サンシェア
◇所在地:〒 107-0052 東京都港区赤坂3-1-16 BIビル7F
◇代表取締役:渡辺 充
◇事業内容:インターネット関連事業
◇URL: https://sunshare.co.jp

私たちは最新のビジネスモデルを構築し、実用化する日本では珍しいプロジェクトチームです。
世の中に存在しない、諸外国ではポピュラーで日本では進出していないビジネスモデルをいち早く実用化することを得意分野としています。

 

PR TIMESプレスリリース詳細へ

 

提供:PR TIMES 

 

バックナンバー
トピックボードAD
  • 仲人はミタ-婚活現場からのリアルボイス-
  • ぐんぐん伸びる子は何が違うのか?
  • ソロモンの時代―結婚しない人々の実像―
  • 非学歴エリートの熱血キャリア相談
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
勝ち組シニアと負け組シニア<br>定年格差

「45歳定年」発言に対し一部で猛反発。現実には法改正で70歳までの雇用確保が今春努力義務化されました。人生100年時代といわれる今、従来の定年はもはやなくなりつつあります。老後も働くシニアが第二の人生を勝ち抜くためにすべきことは何でしょうか。

東洋経済education×ICT