[ 特定非営利活動法人兵庫子ども支援団体 ]

生活支援デリバリーでの食糧支援総数が5,000食を超えました。~様々な支援を届けるために継続寄付者60名を目指します~

リリース発行企業:特定非営利活動法人兵庫子ども支援団体

特例認定NPO法人兵庫子ども支援団体が2021年4月から行っている生活支援デリバリーにおいて、食糧支援総数が5,000食を超えました。



特例認定NPO法人兵庫子ども支援団体(所在地:兵庫県明石市、代表理事:多田実乘、以下「当法人」という)が行っている生活支援デリバリーにおいて、食糧支援総数が5,000食を超えました。これまでに支援した家庭数は延べ160世帯を超えています。(日用品、文房具などの支援なども含む)
[画像1: https://prtimes.jp/i/32248/12/resize/d32248-12-372229e24785ba8d882e-0.png ]

当法人では、これからも地域の様々な環境下にいる子どもたちや家庭に様々な支援を届けるために、マンスリーサポーター(継続寄付者)の方を60名まで増やすことを目指しています。
■キャンペーンージ:https://campaign.hpcso.com/
※2021年9月より銀行振込(毎月の自動引き落とし)もご利用いただけるようになりました。
[画像2: https://prtimes.jp/i/32248/12/resize/d32248-12-5227154753cefd34089c-1.png ]

 

私たちの活動

当法人では、2013年の設立以来、啓発活動や学習支援、子ども食堂など様々な活動を行ってきました。また、新型コロナウイルス感染症の感染拡大以降は、小学生から高校生までを対象としたオンライン相談、生活支援デリバリーに取り組んでいます。今年度、当法人では「社会課題に応じた支援の提供」をテーマに掲げ、今必要とされている支援を地域の子どもたちに提供していきたいと考えています。地域の子どもたちに様々な支援を提供するために、様々なご支援・ご寄付のご協力よろしくお願いいたします。

 

特定非営利活動法人兵庫子ども支援団体について

「子どもが笑って過ごせる地域の形成」を目指して、2013年11月に高校生有志(当時)によって設立。2017年1月にNPO法人として兵庫県より認証。2021年2月に特例認定NPO法人として特例認定を受ける。学習支援[かがやき]や食育ひろば ひなた、各種イベントの実施、オレンジリボン運動など多岐に渡って子どもに関わる活動を展開。若い人たちの積極的な活動が評価され「第10回よみうり子育て応援団大賞 奨励賞」を2016年に、「あしたのまち・くらしづくり活動賞 振興奨励賞」を2017年に受賞。

名称:特例認定特定非営利活動法人兵庫子ども支援団体
代表理事:多田実乘
所在地:兵庫県明石市別所町8番11号
設立:2013年11月29日(法人認証日:2017年1月18日)
事業内容:学習支援事業、子どもの健全育成事業、情報発信事業、児童虐待防止支援事業 等

特例認定特定非営利活動法人兵庫子ども支援団体:https://hpcso.com
小学生~高校生までの悩み相談ができるStep Linkはこちら:https://hpcso.com/division/step-link
マンスリーサポーター募集キャンペーンページ:https://campaign.hpcso.com

 

PR TIMESプレスリリース詳細へ

 

提供:PR TIMES 

 

バックナンバー
トピックボードAD
  • グローバルアイ
  • 賃金・生涯給料ランキング
  • ボクらは「貧困強制社会」を生きている
  • 就職四季報プラスワン
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
統合から20年どこでつまずい<br>たのか みずほ 解けない呪縛

みずほ銀行が相次ぐシステム障害で窮地に陥っています。その根底には、3行統合から今に至るまで解決できていない呪縛と宿痾が。本特集ではみずほが抱える問題点をガバナンス面や営業面などから総ざらい。みずほは立ち直ることができるのでしょうか。

東洋経済education×ICT