[ 株式会社セルフケアテクノロジーズ ]

オンラインパーソナルジム「Boot home」が開業一周年。コロナ禍でダイエット・運動不足解消として家トレが定着

リリース発行企業:株式会社セルフケアテクノロジーズ

オンラインパーソナルジムBoot home: https://www.boot-home.com/



"事前予防・セルフケアの文化を作る"というパーパスの下、予防ヘルスケアプラットフォーム「セルフバンク」とオンラインパーソナルジム「Boot home」を運営する株式会社セルフケアテクノロジーズ(本社:東京都渋谷区、代表取締役:宮地 俊充)は、Boot homeが開業一周年を迎え、累計レッスン数の推移や会員様の声を公開しました。また、特別キャンペーンを実施いたします。


ジムへ行く、ウォーキングやランニングをする、以外の手段として家トレが確立

昨年から続くコロナの影響により、外出自粛や非接触サービスが求められる中、ダイエット・運動不足解消の方法として、従来から存在した「ジムへ行く」「ウォーキングやランニングをする」以外の手段として家トレが確立しつつあります。

オンラインパーソナルジム「Boot home」では、運動と食事の両面からオンラインサポートを提供しながら、月額8,800円~というリーズナブルな価格帯が支持されており、累計レッスン数も毎月継続的に成長しています。

[画像1: https://prtimes.jp/i/60548/9/resize/d60548-9-21d50a9996366beb94c4-0.png ]

 

会員様の声

士業 46歳男性 東京都在住 Y・E 様

[画像2: https://prtimes.jp/i/60548/9/resize/d60548-9-ae1a44b03a55335894ca-1.png ]

30代前半まではフットサルなど運動習慣がありましたが、子供ができてから参加しづらくなり動かなくなりました。また、コロナで飲む量が増えたら体重が6kgくらい増えてしまいました。

Boot homeに入会してまず言われたのは、21時にオフィスを出て23時に家についてから食事をする習慣を無くすことです。夜ご飯は夕方にプロテインバーやサラダチキンを食べるようにして、作り置きはなしに妻にしてもらいました。また、宅トレの習慣もトレーナーと一緒なので身につけやすく、無理なく健康に気を使えるようになってきています。

Boot homeの生活を始めて9ヶ月経ちましたが、体重は8kgくらい落ちて着れなくなっていた服も着れるようになりました。そして何よりも、どんな運動を始めても続かなかったのですが、Boot homeは続いているのがびっくりです。今までも我流でダイエットしたこともありますが、やはり一人だと余程のモチベーションがないと続かない。Boot homeのやさしいトレーナーのおかげです!

オンラインパーソナルジムBoot homeのサービス内容と料金プラン

<サービス内容>
・運動・食事・睡眠習慣の診断
・初回カウンセリング(25分のビデオ通話)
・トレーニングメニューの作成とトレーニング動画の提供
・体組成計のデータ分析
・栄養学に基づいた食事のアドバイス
・週一回のマンツーマンでライブレッスン

<料金プラン>
・12ヶ月更新プラン 月額8,800円(税込)
・6ヶ月更新プラン 月額11,000円(税込)
・1ヶ月更新プラン 月額13,200円(税込)

<サービスURL>
https://www.boot-home.com/
※無料体験が受講できます

特別キャンペーン

Boot homeの一周年を記念して、初月1,200円割引となるキャンペーンを実施いたします。

キャンペーンコード:boot1st
※有効期限:2021年8月10日 23:59まで
※決済画面でキャンペーンコードを入力いただくと、初月月謝が1,200円割引となります

会社概要

会社名:株式会社セルフケアテクノロジーズ
所在地:東京都渋谷区道玄坂1-2-3 渋谷フクラス17F
設立:2020年5月1日
資本金等:1,000万円
事業内容:予防ヘルスケアプラットフォームの企画・開発・運営
コーポレートサイト: https://www.selfcare-tech.co.jp/

 

PR TIMESプレスリリース詳細へ

 

提供:PR TIMES 

 

バックナンバー
トピックボードAD
  • 精神医療を問う
  • CSR企業総覧
  • 最新の週刊東洋経済
  • 晩婚さんいらっしゃい!
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
SDGsが迫る企業変革<br>ビジネスと人権

サプライチェーンの中で起きる人権侵害への意識が高まっています。欧米では法制化が着実に進展し、企業に対し人権リスクの把握と対策を求める動きが顕著に。欧米に比べて出遅れている日本企業の現状を多角的に検証します。

東洋経済education×ICT