[ キヤノン株式会社 ]

キヤノン、新型コロナワクチンの職域接種を開始

リリース発行企業:キヤノン株式会社

キヤノンは、職域での新型コロナワクチン接種(以下、ワクチン接種)に関する政府発表方針に沿い、全従業員約2万6千人を対象に、2021年6月21日(月)より順次本社および各事業所で職域接種を開始します。今後接種対象者を、従業員の家族、本社および各事業所に勤務する業務委託先企業の皆さま、国内グループ会社従業員へと拡大する予定です。



新型コロナウイルス感染症の感染拡大防止に向け、第一線でご尽力されている医療現場、行政をはじめとする関係者の皆さまに深く敬意を表するとともに心から感謝を申し上げます。

現在、新型コロナウイルスの感染拡大を抑えるため、ワクチン接種の加速化が求められています。キヤノンでは、政府方針に沿った運営体制を確認しながら、社内の産業医や保健スタッフ、外部の医療従事者の協力の下、全従業員を対象に、ワクチン接種を迅速に実施します。政府の取り組みに協力することで、関係者の皆さまの負担軽減に少しでも貢献できるよう尽力します。

<実施概要>
開始時期:2021年6月21日(月)
接種会場:キヤノン株式会社 本社(東京都)、川崎事業所(神奈川県)、取手事業所(茨城県)、宇都宮事業所(栃木県)など
接種対象:国内に勤務するキヤノン株式会社の全従業員約2万6千人のうち、ワクチン接種希望者
今後接種対象者を、従業員の家族、本社および各事業所に勤務する業務委託先企業の皆さま、国内グループ会社従業員へと拡大する予定
ワクチン:政府より配布されるモデルナ社製ワクチン

なお、地域におけるワクチン接種の加速化を支援していくため、本社所在地である東京都大田区に対して、当社が所有している「キヤノン下丸子体育館」を無償提供することを決定し、大田区と合意しました。このような取り組みに加え、在宅勤務や時差出勤などの勤務形態も引き続き運用し、新型コロナウイルス感染症の感染拡大防止、および早期収束に寄与してまいります。

【ご参考】2021年6月11日発表 大田区への新型コロナワクチン接種会場の無償提供について
https://global.canon/ja/news/2021/20210611.html

 

PR TIMESプレスリリース詳細へ

 

提供:PR TIMES 

 

バックナンバー
トピックボードAD
  • トクを積む習慣
  • 最新の週刊東洋経済
  • 自衛隊員も学ぶ!メンタルチューニング
  • ポストコロナのメガ地経学ーパワー・バランス/世界秩序/文明
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
日本企業は米中の板挟み<br>全解明 経済安保

先端技術をめぐる米中の争いは日本に大きな影響をもたらします。海外からの投資は経済を活性化させる一方、自国の重要技術やデータが流出し安保上のリスクになる可能性も。分断の時代に日本企業が取るべき進路を探ります。

東洋経済education×ICT