[ 株式会社サンシャインシティ ]

「刀剣乱舞-本丸博-2020」オンライン会場 6月16日(水)18:00から配信決定!!

リリース発行企業:株式会社サンシャインシティ

「刀剣乱舞-本丸博-2020」製作委員会は、PCブラウザ&スマホアプリゲーム「刀剣乱舞-ONLINE-」のサービス開始五周年を記念し、2020年1月~2021年3月の間に全国7都市にて、公式展示イベント「刀剣乱舞-本丸博-2020」(http://honmaruhaku2020.jp)を開催いたしました。 2020年1月に開催した東京会場以外の会期では、新型コロナウイルス感染症の影響を受けて、会場まで足を運べなかった方も多くいらっしゃいます。楽しみにしていたのにお越しになれなかった方や、もう一度お楽しみになりたい方のために、最終開催地となった愛知会場をバーチャル化、「オンライン会場」として、イベント特化型アプリ「MiloQ+(ミロックプラス)」にて6月16日(水)~7月31日(土)の期間に配信いたします。
※本リリースPDFはこちらよりダウンロードいただけます→https://prtimes.jp/a/?f=d20364-20210610-6209.pdf



[画像1: https://prtimes.jp/i/20364/535/resize/d20364-535-200891-0.jpg ]

実際の愛知会場にて360度パノラマ撮影を行い、オンライン上に愛知会場を再現。来場者はリアル会場と変わらない臨場感で会場内をご覧いただけます。独り占めの会場で、360度好きな角度から会場内をご鑑賞ください。配信期間中は、いつでも、何時間でも、何回でも、本丸博をこころゆくまでお楽しみいただけます。
 また、オンライン会場ならではの、新たな要素を追加しております。東京会場だけで展開された参加型特別企画「あなたの本丸川柳」を完全復活。「刀剣男士」・「審神者(さにわ)」などのテーマに沿って応募された「あなたの“本丸”」を表現する川柳をランダムに314点展示した「川柳の間」をフルCG空間で展開します。
 さらに、「刀剣乱舞-ONLINE-」から得られる「本丸」の情報から「刀剣乱舞-本丸博-2020」製作委員会が独自の解釈で間取りを推測して制作した、1/100ジオラマ模型「とある本丸」では、4Kカメラで撮影した31点の写真を追加展示。リアル会場では撮影出来ないアングルで、様々な風景をご覧いただけます。
 他にもオンライン会場の強みを生かした様々な展開で、リアル会場にお越しいただいたお客様にも改めて「本丸博」をご堪能いただけます。

※本丸とは、「刀剣乱舞-ONLINE-」の中でプレイヤーである「審神者(さにわ)」と「刀剣男士」が拠点としている場所です。

みどころ

1.刀剣男士81振りの掛軸が整然と並んだ「謝儀の間」を完全再現!
掛軸をタップすれば刀剣男士の跪坐絵がポップアップ。画像は拡大して詳細を見ることが可能です。独り占めの会場で時間を気にすることなく、心置きなく刀剣男士との時間をお楽しみいただけます。
※展示されている刀剣男士は、2019年9月実装の桑名江までとなり、五周年時のゲームに準じた姿となります。
※「極」の姿のビジュアルを使用した展示はございません。
[画像2: https://prtimes.jp/i/20364/535/resize/d20364-535-939820-2.png ]

[画像3: https://prtimes.jp/i/20364/535/resize/d20364-535-879773-1.png ]

2.1/100ジオラマ模型「とある本丸」を新たに31カット撮影し展示!
間取り図上のカメラマークをタップすると、「とある本丸」の様々な風景の拡大写真がポップアップ。リアル会場では観られなかったアングルから観る「とある本丸」で、初めての方はもちろん、リアル会場に来られた方も再度お楽しみいただけます。
[画像4: https://prtimes.jp/i/20364/535/resize/d20364-535-182699-4.png ]

[画像5: https://prtimes.jp/i/20364/535/resize/d20364-535-294462-3.png ]

3.東京会場限定の参加型特別企画「あなたの本丸川柳」が復活!
本丸についての五・七・五を表現する川柳を募集し、ご応募いただいた川柳の中からランダムに314点を展示した「川柳の間」をフルCG空間で再現。審神者の皆様の熱い想いのこもった川柳をご覧ください。
[画像6: https://prtimes.jp/i/20364/535/resize/d20364-535-383991-6.png ]

[画像7: https://prtimes.jp/i/20364/535/resize/d20364-535-160578-5.png ]

 

オンライン会場・会場イメージ

●オンライン会場・会場全体図

[画像8: https://prtimes.jp/i/20364/535/resize/d20364-535-529397-7.png ]

●各エリアのイメージ

[画像9: https://prtimes.jp/i/20364/535/resize/d20364-535-163475-9.png ]

 

[画像10: https://prtimes.jp/i/20364/535/resize/d20364-535-777158-12.png ]

[画像11: https://prtimes.jp/i/20364/535/resize/d20364-535-459427-11.png ]

[画像12: https://prtimes.jp/i/20364/535/resize/d20364-535-316128-13.png ]

 

開催概要

名称:「刀剣乱舞-本丸博-2020」オンライン会場
主催:「刀剣乱舞-本丸博-2020」製作委員会
配信期間 :2021年6月16日(水)18:00 ~7月31日(土)
配信アプリ:MiloQ+(ミロックプラス)※スマートフォン専用アプリ
アプリHP:https://www.miloq-plus.com
入場料金:1,480円(税込) ※App Store/Google Play 決済使用
公式HP:http://honmaruhaku2020.jp
公式Twitter:@tkrb_hmrhk

『刀剣乱舞-ONLINE-』とは?

名立たる刀剣が戦士へと姿を変えた“刀剣男士(とうけんだんし)”。プレイヤーは彼らを率いる“審神者(さにわ)”となり、刀剣男士と共に歴史を守る戦いに出ます。短刀、脇差、打刀、太刀、大太刀、薙刀、槍、剣の計8種の個性豊かな刀剣男士を収集・強化・育成し、自分だけの部隊を結成して様々な合戦場を攻略していく、刀剣育成シミュレーションゲームです。
PCブラウザ版『刀剣乱舞-ONLINE-』は2015年1月14日にサービス開始され、現在は200万人以上が登録しており、2016年3月1日にサービスを開始したiOS版/Android版アプリ『刀剣乱舞-ONLINE- Pocket』も、累計550万DL数を突破しています。「刀剣乱舞-ONLINE-」から派生したアニメ・舞台・ミュージカル・映画も好評で、“とうらぶ”の世界は更なる広がりをみせております。
[画像13: https://prtimes.jp/i/20364/535/resize/d20364-535-629582-10.jpg ]

 

アプリ概要

[画像14: https://prtimes.jp/i/20364/535/resize/d20364-535-582257-8.jpg ]

アプリ名称:MiloQ+(ミロックプラス)
コンセプト:360度視点で多様な場所を見渡すことのできる、XRの魅力を追及したアプリ
企画・開発:株式会社サンシャインシティ
価格:無料 ※アプリ内課金あり
配信先:App Store、Google Play
メモリ:2GB以上
推奨端末:iOS/iPhone8以上、Android/11.0以上
推奨OS:iOS/13.0以上、Android/11.0以上
※Google Play は、Google Inc. の商標です。
※App Storeは、米国および他国のApple Inc.の登録商標です。

※画像はすべてイメージです。

 

PR TIMESプレスリリース詳細へ

 

提供:PR TIMES 

 

バックナンバー
トピックボードAD
  • コロナ後を生き抜く
  • 今見るべきネット配信番組
  • 新型コロナ、長期戦の混沌
  • ボクらは「貧困強制社会」を生きている
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
日本企業は米中の板挟み<br>全解明 経済安保

先端技術をめぐる米中の争いは日本に大きな影響をもたらします。海外からの投資は経済を活性化させる一方、自国の重要技術やデータが流出し安保上のリスクになる可能性も。分断の時代に日本企業が取るべき進路を探ります。

東洋経済education×ICT