[ Suprieve株式会社 ]

元ZOZO前澤友作とSuprieve森武司が共同で総額1,000万円のお金贈りを実施

リリース発行企業:Suprieve株式会社

Suprieve株式会社(本社:大阪市北区)代表取締役CEO森は、元ZOZO前澤友作と5月17日(月)に、「ベンチャー企業で経験を積みたい」「いつか自分も起業してみたい」「ワクワクして働きたい」と考えている方を対象に、1,000名様に1万円をお贈りする企画を実施致します。



[画像1: https://prtimes.jp/i/58431/2/resize/d58431-2-698602-0.jpg ]

 

企画へのコメント

僕はベンチャー企業を立ち上げてから人生が大きく変わりました。
高卒で吉本に入り、社会人経験もない中引き篭もりになってしまった僕は人生を諦めていました。
でも、一歩踏み出して起業をしたことで尊敬する仲間に出会い、「僕たちが世界を変えるんだ」という想いで日々働いています。僕が贈る1万円は少ないかもしれません。
ですが、人生を変える「きっかけ」になると信じています。起業の書籍購入でも、企業説明会の交通費でも、何でも良いです。あなたの人生が好転すると思う何かに「自由」に使って下さい。
1000名様に1万円と「きっかけ」をお贈りします。
[画像2: https://prtimes.jp/i/58431/2/resize/d58431-2-257601-1.jpg ]

 

エントリー概要

【エントリー期限】
5月17日(月)~5月23日(日) 23:59 まで
【エントリー方法】
https://donation.yusakumaezawa.com/contact15/index.html
※応募者多数の場合は抽選になります。

【ご注意】
前澤友作( https://twitter.com/yousuck2020 )と
森武司( https://twitter.com/mori_suprieve )のTwitterをフォローしていない方は当選対象になりません。
必ず両者ともフォローをお願いいたします。

森武司について

Suprieve代表取締役CEO。18歳で吉本興行に入り、芸人としてラジオ出演、同期最速でのオーディション合格など活躍。しかし、オーディション決勝で野性爆弾と対決した際に大敗北したことをきっかけに引退。その後、3年間の引き篭もり生活を送る。何とか就職先を見つけサラリーマンとなるが、28歳で独立を決心し起業。それからコスメ、人材、アート、美容クリニックなど幅広く事業を展開し、現在15の事業を運営、年商80億を売り上げる会社へと成長させた。2018年にはFinancial Timesアジア急成長企業ランキングで日本14位 / 西日本1位を獲得。

会社概要

[画像3: https://prtimes.jp/i/58431/2/resize/d58431-2-593545-2.png ]

会社名:Suprieve株式会社 
代表取締役CEO:森武司
会社ホームページ:https://suprieve.com/
大阪本社:〒530-0001 大阪府大阪市北区梅田1-12-12 東京建物梅田ビル 11F1105
TEL:06-7639-1480
東京本社:〒107-0062 東京都港区南青山1丁目12-3 LIFORK MINAMI AOYAMA S215
TEL:03-6706-2861
福岡支社:〒810-0001 福岡県福岡市中央区天神1丁目1−1 fabbit Global Gateway ACROS Fukuoka
TEL:06-7639-1480
名古屋支社:〒450-6321 愛知県名古屋市中村区名駅1-1-1 JPタワー名古屋21階
TEL:052-856-3328
[画像4: https://prtimes.jp/i/58431/2/resize/d58431-2-782839-3.jpg ]

 

PR TIMESプレスリリース詳細へ

 

提供:PR TIMES 

 

バックナンバー
トピックボードAD
  • 非学歴エリートの熱血キャリア相談
  • ブックス・レビュー
  • 最新の週刊東洋経済
  • トクを積む習慣
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
日本企業は米中の板挟み<br>全解明 経済安保

先端技術をめぐる米中の争いは日本に大きな影響をもたらします。海外からの投資は経済を活性化させる一方、自国の重要技術やデータが流出し安保上のリスクになる可能性も。分断の時代に日本企業が取るべき進路を探ります。

東洋経済education×ICT