[ ピースウィンズ・ジャパン ]

空飛ぶ捜索医療団、新型コロナウイルス感染症のクラスターが発生した兵庫県・愛媛県へ医療チームを派遣

リリース発行企業:ピースウィンズ・ジャパン

認定NPO法人ピースウィンズ・ジャパン(代表理事:大西健丞 広島県神石高原町)など3団体が運営する空飛ぶ捜索医療団”ARROWS”は、クラスターが発生した兵庫県・愛媛県へ、医療チームを派遣しました。



派遣されたクラスター対応支援チームは、兵庫県が医師1名、看護師1名および調整員2名、愛媛県が医師1名および調整員1名。高齢者施設や病院で医療支援、個人防護具(PPE)の着脱訓練、ゾーニングなどにあたる予定です。



[画像1: https://prtimes.jp/i/35080/138/resize/d35080-138-415137-0.jpg ]

 

空飛ぶ捜索医療団の新型コロナウイルス緊急支援】
[画像2: https://prtimes.jp/i/35080/138/resize/d35080-138-385013-1.jpg ]

1.医療チームの派遣
クラスターが発生した施設へ医師・看護師・調整員で構成された医療チームを派遣してきました。ひっ迫した現場では患者だけでなく職員の感染リスクも高く、外部からの支援が必要となっています。現場のスタッフだけでなく、行政との連携も行うことで地域での感染拡大の抑制に力を入れてきました。

[画像3: https://prtimes.jp/i/35080/138/resize/d35080-138-898778-2.jpg ]

2.医療物資支援
1月末から政府の支援が届きにくい中小のクリニックや福祉施設、動物保護団体など全国の様々な場所に140万枚以上のマスクや個人防護具を配布してきました。
さらに、新型コロナウイルス感染症対応を行う病院へテントやトレーラーの貸与や寄贈を行ってきました。

[画像4: https://prtimes.jp/i/35080/138/resize/d35080-138-543241-3.jpg ]

3.福祉施設への感染対策支援
全国各地の福祉施設で新型コロナウイルスのクラスターが発生していたことから空飛ぶ捜索医療団の医師や連携しているNPOと共に個人防護具の着脱やゾーニング方法などの感染対策をオンライン研修や直接指導を実施してきました。

[画像5: https://prtimes.jp/i/35080/138/resize/d35080-138-776501-4.jpg ]

新型コロナウイルス感染症の影響を少しでも減らすために、あらゆる力を結集し、一人でも多くの命を救う取り組みが求められています。報道機関の皆様におかれましては、是非ご関心をお寄せ頂きますようお願い申し上げます。
◆空飛ぶ捜索医療団“ARROWS”:https://arrows.red/
◆特定非営利活動法人ピースウィンズ・ジャパン:https://peace-winds.org/

これまでの新型コロナウイルス感染症緊急支援活動内容はこちらから:https://peace-winds.org/support/covid-19

 

PR TIMESプレスリリース詳細へ

 

提供:PR TIMES 

 

バックナンバー
トピックボードAD
  • 岐路に立つ日本の財政
  • ポストコロナのメガ地経学ーパワー・バランス/世界秩序/文明
  • CSR企業総覧
  • 最新の週刊東洋経済
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
漂流する東芝<br>舵取りなき12万人の悲運

再出発したはずの東芝の漂流が止まりません。再建請負人の車谷暢昭社長が電撃辞任。緊張感が増すファンドとの攻防や成長戦略の構築など課題は山積しています。従業員12万人を超える巨艦企業はどこに向かうのでしょうか。

東洋経済education×ICT