[ ハップレコーズ合同会社 ]

民族ハッピー組6周年記念ライブを新衣装で開催

リリース発行企業:ハップレコーズ合同会社

新衣装は森美幸氏が担当!



民族ハッピー組が5月4日にデビューした地、名古屋今池にて6周年記念ワンマンライブを開催した。
今回の6周年に合わせ新衣装を制作。スタイリストの森美幸氏がデザイン、プロデュースを行った。ヘアメイクは新井健生氏、写真は柴田和彦氏が担当した。



[画像1: https://prtimes.jp/i/46844/8/resize/d46844-8-774554-0.jpg ]

 

民族ハッピー組は2915年5月3日に今池ボトムラインでデビュー。
2021年2月には日本コロムビアより「試験官ライフケミストリー」でメジャーデビュー。
オリコンデイリーチャート7位を記録した。

最近はフジテレビのアウトデラックスや音楽番組に出演するなど、メディアの出演が増え安定した活動を行うアイドルグループとして業界の期待も高い。

[画像2: https://prtimes.jp/i/46844/8/resize/d46844-8-298490-2.jpg ]

 

6周年を迎えリーダーの永井杏樹は

「初期メンバーとしてこのグループで6年活動してきましたが、今が一番充実しています。
衣装も初めは既製品の衣装を5000円で買ってきて初めの2年間、毎日同じ衣装でステージをこなしてきました。グループの活動が進むにつれて衣装が豪華になっていき、今回は大変すばらしい方々に制作していただき大変光栄です。この衣装を沢山見ていただく機会が増えるように一生懸命頑張りたいと思います。」

とコメントした。

メンバー左より

 

PR TIMESプレスリリース詳細へ

 

提供:PR TIMES 

 

バックナンバー
トピックボードAD
  • 岐路に立つ日本の財政
  • ポストコロナのメガ地経学ーパワー・バランス/世界秩序/文明
  • CSR企業総覧
  • 最新の週刊東洋経済
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
漂流する東芝<br>舵取りなき12万人の悲運

再出発したはずの東芝の漂流が止まりません。再建請負人の車谷暢昭社長が電撃辞任。緊張感が増すファンドとの攻防や成長戦略の構築など課題は山積しています。従業員12万人を超える巨艦企業はどこに向かうのでしょうか。

東洋経済education×ICT