[ イオン株式会社 ]

「トップバリュ セレクト GLAMATICAL(グラマティカル) アミノフローラ(R)原液」新発売

リリース発行企業:イオン株式会社

美しい肌に導く「美肌菌」に着目し、“肌環境を整える”新時代のスキンケア



イオンは3月16日(火)、全国の「イオン」「イオンスタイル」等、約450店舗にて、肌悩みに合わせたスキンケア化粧品シリーズ「トップバリュ セレクト GLAMATICAL(以下、グラマティカル)」より「アミノフローラ(R)※2原液」を発売します。
[画像1: https://prtimes.jp/i/7505/2555/resize/d7505-2555-429626-11.jpg ]

感染症予防のため長時間のマスク着用が常態化する中、ニキビや肌荒れなどの肌トラブルに対応したスキンケアアイテムへの注目が高まっています。

こうした中イオンでは、性別・年齢を問わず誰もがもつ「美肌菌」に着目しています。アミノフロ―ラ(R)は生活様式の変化によりバランスを崩しがちな肌環境を整え、自肌力※3をサポートすることで、健やかな美肌へと導きます。毎日使いたいスキンケアアイテムだからこそ、これまでのノウハウを活かし、手に取りやすい価格を実現しています。

イオンはこれからも、多様化する肌悩みにアプローチした商品を企画・開発することで、お客さまの“美”の追求をサポートしてまいります。

※1:化粧品を製造する際に配合するエキス等の原料をそのまま容器に詰めた原液美容液です。
※2:アミノフロ―ラ(R)は株式会社成和化成の登録商標です。
※3:肌が持つ保湿機能
[画像2: https://prtimes.jp/i/7505/2555/resize/d7505-2555-258386-8.jpg ]

【販売概要】
商品名:トップバリュ セレクト GLAMATICAL(グラマティカル)アミノフローラ(R)※2原液
規格/価格:20mL/1,800円+税※4
発売日:2021年3月16日(火)
展開店舗:全国の「イオン」「イオンスタイル」等、約450店舗
WEB販売:「イオンスタイルオンライン」https://aeonretail.com/item/4549414141689/
店頭予約:本州・四国・沖縄の「イオン」「イオンスタイル」約390店舗にて3月3日(水)~3月12日(金)
WEB予約:「イオンスタイルオンライン」3月3日(水)~3月12日(金)
詳細:「トップバリュ セレクト グラマティカル」特集サイト
    https://www.topvalu.net/glamatical/solution/aminoflora/
 「グラムビューティーク情報サイト」
https://www.glambeautique.net/beauty/22773/

※1:化粧品を製造する際に配合するエキス等の原料をそのまま容器に詰めた原液美容液です。
※2:アミノフロ―ラ(R)は株式会社成和化成の登録商標です。
※4:標準税率(10%)対象商品です。

<ご参考>
「トップバリュ セレクト GLAMATICAL(グラマティカル)」から
「リピジュア(R)*配合スキンミスト」「リピジュア(R)*配合スキンバーム」新発売

3月16日(火)、「トップバリュ セレクト グラマティカル」原液※1シリーズから長時間のマスク着用による肌荒れ対策に「リピジュア(R)*原液」を配合した「リピジュア(R)*配合スキンミスト」、しっかりと肌を保護し、マルチに使える「リピジュア(R)*配合スキンバーム」を発売します。
原液シリーズでは初となる天然精油を配合し、肌荒れケアをしながらシトラスの爽やかな香りでリフレッシュできます。コロナ禍で肌荒れに悩むすべての人をサポートするために開発された商品です。

[画像3: https://prtimes.jp/i/7505/2555/resize/d7505-2555-609894-10.jpg ]

[画像4: https://prtimes.jp/i/7505/2555/resize/d7505-2555-676610-9.jpg ]

以上

 

PR TIMESプレスリリース詳細へ

 

提供:PR TIMES 

 

バックナンバー
トピックボードAD
  • 新型コロナ、長期戦の混沌
  • 若者のための経済学
  • インフレが日本を救う
  • 仲人はミタ-婚活現場からのリアルボイス-
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
世界の投資マネーが殺到<br>沸騰! 医療テックベンチャー

2020年に世界の医療関連ベンチャーの調達額は465億ドルと過去最高を記録。10年間で5倍に膨張し、米グーグルやアマゾン、アップル、さらには中国の巨大IT企業もこぞって進出中です。国内の有望スタートアップ21社も掲載した必読の最新ガイド。

東洋経済education×ICT