[ 公益社団法人アムネスティ・インターナショナル日本 ]

オンライン署名:家族にも会えない!投獄された香港の若者10人に正当な権利を!

リリース発行企業:公益社団法人アムネスティ・インターナショナル日本

[画像: https://prtimes.jp/i/5141/129/resize/d5141-129-341146-0.jpg ]

中国本土で拘禁されていた香港の若者12人のうち10人が、不公正な裁判の末に有罪判決を受けました。

12人は香港の民主化を求めて運動していました。2020年8月、高速艇で香港を脱出したところを中国海警局に拘束されました。拘束されて以来、弁護人を自ら選ぶことも、香港にいる家族が依頼した弁護人との接見も認められないまま、12月30日、10人に有罪判決が言い渡されました。

家族は本人たちとの面会を繰り返し求めましたが、中国当局から拒否され続けています。10人の中には病気の人もいますが、必要な医療を受けられているか懸念されています。

有罪判決を受けた香港の若者10人に対し、家族や私選弁護人との面会を認め、必要な医療措置を提供するなど、正当な権利を保障するよう中国当局に要請してください。

▽ 署名はこちら
https://www.amnesty.or.jp/get-involved/action/cn_202101.html

背景情報

逮捕されたのは、鄭子豪(CHENG Tsz-ho)さん、張俊富(CHEUNG Chun-fu)さん、喬映瑜(QUINN Moon)さん、鄧棨然(TANG Kai-yin)さん、李子賢(LI Tsz-yin)さん、李宇軒(LI Yu-hin)さん、黃偉然(WONG Wai-yin)さんを含む12人。うち2人は、逮捕時に18歳未満でした。

2020年12月16日、12人のうち10人が正式に起訴され、同30日、2人に「秘密裏に越境を計画した」罪でそれぞれ2年と3年、残りの8人に「秘密裏の越境」の罪で7カ月の禁錮刑が言い渡されました。拘束時に18歳未満だった残りの2人は起訴されず、香港当局に引き渡されました。

香港当局は9月、12人全員が弁護人を選んだと声明を出しましたが、家族は否定しています。一方、家族が依頼した弁護人の少なくとも4人は、弁護人を降りるよう圧力を受け、2人は弁護士の免許をはく奪されました。

10人のうち喬映瑜さん、鄧棨然さんは、病気のため医者から処方された薬を飲む必要がありますが、適切な医療措置を受けられているのか知る術がありません。

▽ 署名はこちら
https://www.amnesty.or.jp/get-involved/action/cn_202101.html

 

PR TIMESプレスリリース詳細へ

 

提供:PR TIMES 

 

バックナンバー
トピックボードAD
  • ポストコロナのメガ地経学ーパワー・バランス/世界秩序/文明
  • 最新の週刊東洋経済
  • 晩婚さんいらっしゃい!
  • 新型コロナ、長期戦の混沌
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
危機はこれからが本番!<br>コロナ倒産 最終局面

新型コロナウイルスの感染拡大で企業業績に大打撃。資本不足の企業が続出し、大手でさえ資本増強に奔走しています。政府の支援策で倒産は小康状態でも、もはや倒産ラッシュは時間の問題に。苦境の業界をリポートし、危ない企業を見破るノウハウを伝授。

  • 新刊
  • ランキング
東洋経済education×ICT