[ 株式会社松本山雅 ]

1/16(土)より「松本山雅FC×山屋御飴所 りんごバターミルク飴」を販売

リリース発行企業:株式会社松本山雅

地元の老舗飴屋「山屋御飴所(やまやおんあめどころ)」にご協力いただき、松本産のシナノゴールドの果汁をたっぷり練りこんだ“りんごバターミルク飴”を販売



このたび松本山雅FCでは、長野県松本市内の老舗飴屋「山屋御飴所(やまやおんあめどころ)」にご協力をいただき、松本山雅オリジナルの「りんごバターミルク飴」とオフィシャルマスコットのガンズくんの巾着をセットにした「松本山雅×山屋御飴所 りんごバターミルク飴」を、1月16日(土)より松本山雅FCオンラインショップ・喫茶山雅にて販売することが決まりましたので、お知らせいたします。

「山屋御飴所」は、長野県に続く飴文化を今に繋ぐ、1672年(寛文12年)創業の老舗の飴屋で、米飴を使った昔ながらの手作りで、添加物を使用せず、懐かしく優しい甘さが特徴の飴を生産されています。

今回のりんごバターミルク飴は、松本産のシナノゴールドの果汁をたっぷり練りこんだ優しい甘酸っぱい味のりんご飴に仕上げました。シナノゴールドは長野県生まれのりんごの品種で、秋映(あきばえ)・シナノスイートとともに長野県のオリジナルリンゴの「リンゴ三兄弟」のうちの1つと言われており、その見た目は黄金に輝き、甘みの中にしっかり酸味を感じられる、柑橘系のような爽やかな風味が特徴です。

そのシナノゴールドの100%果汁と山屋御飴所が創業以来守り続けてきた米飴を使った懐かしく優しいすっぱさの「リンゴバターミルク飴」をぜひご堪能ください。

松本市では、毎年1月11日の初市に併せた新春の伝統行事として「松本あめ市」が開催され、年初めの縁起物として、市内の各所で趣向を凝らした飴が販売されています。松本山雅FCでも毎年あめ市に出店し、オリジナル飴などを販売しておりました。今年は1月9日・10日に開催予定されていた「松本市あめ市」に向け、本商品の販売を準備しておりましたが、新型コロナウイルス感染拡大防止で開催が中止となりましたため、松本山雅FCオンラインショップと喫茶山雅での販売をすることになりました。

松本山雅FC×山屋御飴所 りんごバターミルク飴

[画像1: https://prtimes.jp/i/44377/24/resize/d44377-24-247071-0.jpg ]

■価格
800円(税込)

■内容
ガンズくん巾着:100×12mm、りんごバターミルク飴:10粒

[画像2: https://prtimes.jp/i/44377/24/resize/d44377-24-253094-2.jpg ]

■原材料
水飴、米飴、りんご果汁(松本産シナノゴールド果汁100%)、砂糖
果糖練乳、無塩バター、塩(国産)、小麦粉(一部に小麦、乳を含む)、着色料

■販売場所
(1)松本山雅FCオンラインショップ
1月16日(土)10:00~
https://www.yamaga-onlineshop.com/

(2)喫茶山雅
1月16日(土)・17日(日)11:00~15:00
https://www.yamaga-fc.com/kissa-yamaga/access

※販売予定数に達し次第終了となります。1月16日に完売した際は、17日の販売がございません。
※喫茶山雅は、上記2日間グッズ販売・テイクアウトドリンク販売のみの営業となります。

「山屋御飴所(やまやおんあめどころ)」について

創業寛文12年(1672)江戸時代初期の創業。
店舗は、昭和8年(1933)に建設。
米飴を使った昔ながらの手作りの飴は、添加物を使用せず懐かしく優しい甘さが特徴です。
旧来の飴から新作飴までこれからも手作りで作り続けて参ります。
[画像3: https://prtimes.jp/i/44377/24/resize/d44377-24-799111-3.jpg ]

[画像4: https://prtimes.jp/i/44377/24/resize/d44377-24-714383-4.jpg ]

【山屋御飴所】
住所:〒390-0874 長野県松本市大手2丁目1-5
TEL:0263-32-4848
https://www.yamaya-candy.com/

「松本山雅×山屋御飴所 りんごバターミルク飴」の開発ストーリーは「PR TIMES STORY」にてご確認ください。
https://prtimes.jp/story/detail/DbD09es3gKb

 

PR TIMESプレスリリース詳細へ

 

提供:PR TIMES 

 

バックナンバー
トピックボードAD
  • 子どもを本当に幸せにする「親の力」
  • 新型コロナ、長期戦の混沌
  • Amazon週間ビジネス・経済書ランキング
  • 最新の週刊東洋経済
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
消える仕事、残る仕事<br>1億人の「職業地図」

コロナ、AI、脱炭素――。私たちの雇用を取り巻く環境が激変しています。今後、どんな職業を選ぶかは死活問題に。2030年に向け「消える仕事」「残る仕事」36業種、「会社員の価値」がわかる9職種を掲載。本特集が職業を改めて考える機会になれば幸いです。

東洋経済education×ICT