[ Kenneth Research ]

世界のスマートポール市場ー提供別(コンポーネント、ソフトウェア、サービス)、アプリケーション(高速道路・道路、公共の場所と鉄道と港)、設置タイプ別(新規設置と改造設置)、地域予測2020-2027年

リリース発行企業:Kenneth Research

Kenneth Researchは調査レポート「世界のスマートポール市場:世界的な需要の分析及び機会展望2027年」2020年11月 20日 に発刊しました。市場価値の分析と予測期間中のCAGRの計算に基づいて、市場の最新の動向とビジネスチャンスがレポートで説明されています。

レポートのサンプルURL:
https://www.kennethresearch.com/sample-request-10336550



[画像: https://prtimes.jp/i/59861/589/resize/d59861-589-549419-0.jpg ]

スマートポールはインテリジェント街灯柱とも呼ばれ、Wi-Fi、Bluetooth、充電器ポイント、その他多くの機能など、照明以外の多くの機能で構成されています。スマートポールを実装する主な要因は、路上でWeb接続を提供することにより、外出中の人々により良い体験を提供することです。世界中のスマートシティに関する政府のイニシアチブの急速な成長により、世界中のスマートポールの需要が高まっています。

世界のスマートポール市場は2019年に約85億米ドルと評価され、2020ー2027年の予測期間中に19.99%を以上の成長率で成長すると予想されています。

2015年、インド政府は、全国のスマートシティを開発するための全国スマートシティミッションを立ち上げました。ミッションは、インドの100のスマートシティの開発を目指しており、完成期限は2019年から2023年です。同様に、欧州委員会は、スマートシティとコミュニティのイニシアチブに欧州のイノベーションパートナーシップを取り入れました。

顧客の間のタクシーサービスは、方向性のためのインターネット使用の需要を高める予測
スマートビデオカメラとセンサーを搭載したスマートポールは、交通量と過密状態を減らすのに特に役立ちます。これにより、ドライバーは道路を簡単かつ慎重に運転できます。顧客の間でタクシーサービスへの愛着が高まっていることは、方向を追跡するためのインターネット使用の需要を高め続けています。スマートポールはインターネット設備が備えているため、世界中で大幅な需要があります。これらは、スマートポール市場が予測期間中に世界中重要の成長率で成長すると予想される要因です。

イニシアチブの背後にある目的は、より持続可能な統合ソリューションを通じて都市生活を改善し、エネルギー、モビリティ、輸送、情報通信技術インフラストラクチャなどのさまざまな政策分野からの都市固有の課題に対処することです。さらに、エネルギー効率の高いポール照明システムの必要性は、予測期間中に市場の成長を推進する要因です。しかし、従来のポールと比較して高い初期費用は、市場の成長を妨げる要因です。

市場セグメンテシャン洞察
世界のスマートポール市場は、提供別(コンポーネント、ソフトウェア、サービス)、アプリケーション(高速道路と道路、公共の場所と鉄道と港)、設置タイプ別(新規設置と改造設置)、地域別によって分割されます。また、各セグメントのY-o-Y成長率、BPS分析、および市場の魅力とともに、値および量別によって市場規模の詳細な予測も含まれます。

このレポートは、拡大を求めている既存のプレーヤーと、近い将来のmarket name市場への投資を求めている主要な投資家にも役立ちます。

世界のスマートポール市場における業界のリーダー
Philips Lighting Holding B.V.
General Electric Company
Hubbell Incorporated
Cree, Inc.
Eaton Corporation PLC
Acuity Brands, Inc.
Zumtobel Group AG
Syska LED Lights Private Limited
Virtual Extension Ltd.
Mobile Pro Systems

Eurostatによると、ICT製造とICTサービスを含む、ヨーロッパのICTセクターの合計額は、2017年に4,750億ユーロを超えると推定されています。このセクターでは、ICTサービスがICT製造業が保有するシェアの10倍になると予測されているため、ICTサービスが大きなシェアを占めています。ICTサービスは、コンピュータープログラミング、コンサルティング、および関連する活動で構成され、2017年には、約49.1%のシェアを占め、電気通信活動は、このセグメントで約30.3%のシェアを占めました。これらの要因は、今後数年間で市場の成長にプラスの影響を与えると推定されています。

北米の市場は、市場シェアの点で世界をリードする/重要な地域と予測
北米は、高度な技術とスマートインフラストラクチャの急速な成長により、市場シェアの点で世界をリードする/重要な地域です。一方、アジア太平洋地域も2020ー2027年の予測期間にわたって最高の成長率/ CAGRを示すと予想されます。スマートシティに関する政府のイニシアチブなどの要因は、アジア太平洋地域全体のスマートポール市場に有利な成長見通しを生み出します。

地理に基づいて、市場は以下の地域に分割されています。

北米(米国およびカナダ);ヨーロッパ(イギリス、ドイツ、フランス、イタリア、スペイン、ハンガリー、ベルギー、オランダ、ルクセンブルク、NORDIC、ポーランド、トルコ、ロシア、その他のヨーロッパ諸国)
アジア太平洋(中国、インド、日本、韓国、インドネシア、マレーシア、オーストラリア、ニュージーランド、その他のアジア太平洋)
ラテンアメリカ(ブラジル、メキシコ、アルゼンチン、その他のラテンアメリカ)
中東およびアフリカ(イスラエル、GCC [サウジアラビア、UAE、バーレーン、クウェート、カタール、オマーン]、北アフリカ、南アフリカ、中東およびアフリカのその他の地域)。

[調査レポートの詳細内容について]
https://www.kennethresearch.com/report-details/smart-pole-market/10336550

Kenneth Research会社概要
Kenneth Researchは、マルチクライアントの市場調査レポートのディストリビューターで、ビジネスプロフェッショナルが将来の拡張に向けたビジネスプランの戦略を立てるのを支援します。シンジケートされた市場調査レポートの大規模なデータベースの存在とレポートのカスタマイズの範囲の助けを借りて、プラットフォームは、業界の専門家が最終目標を達成するための幅広い機会を提供します。Kenneth Researchは、消費財や食品、ヘルスケア、情報通信技術、エネルギーと電力、化学など、さまざまなレベルの業界にサービスを提供しています。

 

PR TIMESプレスリリース詳細へ

 

提供:PR TIMES 

 

バックナンバー
トピックボードAD
  • 新型コロナ、長期戦の混沌
  • 就職四季報プラスワン
  • 仲人はミタ-婚活現場からのリアルボイス-
  • ぐんぐん伸びる子は何が違うのか?
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
三菱重工と日立 「統合」破談から<br>10年 製造立国の岐路

10年前に統合構想が破談になった三菱重工業と日立製作所。その後両社は対照的な道を歩み、2009年に伯仲していた時価総額は今や日立が大きく上回っています。本特集では明暗が分かれた三菱重工と日立を主軸に、製造立国・日本の生きる道を探りました。

東洋経済education×ICT