[ 株式会社小学館 ]

『七つの大罪』の鈴木央最新作 コミックアプリ「マンガワン」に登場!!!!

リリース発行企業:株式会社小学館

10月31日(土)0時より公開開始



[画像1: https://prtimes.jp/i/13640/894/resize/d13640-894-883444-1.jpg ]

累計発行部数3700万部超、完結巻となる第41巻が今年5月に発売され話題の人気漫画『七つの大罪』(講談社「週刊少年マガジン」連載)の著者・鈴木 央(すずきなかば)氏の最新作が、小学館のコミックアプリ「マンガワン」に登場します。

本作は「『七つの大罪』でファンから密かに人気があった」と鈴木氏が語るキャラクターからインスパイアされた登場人物を、まったく異なる世界観で描く読みきり作品で、鈴木氏にとって約10年ぶりとなる完全新作です。

『その転校生 Xにつき』10月31日(土)0時公開

教育現場の極度に崩壊した20××年、都立獄乱高校の教師・三宿(みしゅく)は、荒れ果てた学級に悪戦苦闘していた。そんなある日、謎めいた美少女・音無キル子(おとなしきるこ)が転校してきて…!?

★鈴木 央氏コメント★
[画像2: https://prtimes.jp/i/13640/894/resize/d13640-894-402451-3.jpg ]

[画像3: https://prtimes.jp/i/13640/894/resize/d13640-894-822206-2.jpg ]

※本作は前編・後編に分割して掲載いたします。前編の閲覧は無料です。後編の閲覧にはSPライフ、チケットのいずれかが必要です。詳細は「マンガワン」にてご確認ください。

■鈴木 央氏プロフィール
代表作に『ライジングインパクト』(集英社「週刊少年ジャンプ」連載)、『ブリザードアクセル』(小学館「週刊少年サンデー」連載)、『七つの大罪』(講談社「週刊少年マガジン」連載)などがある。『七つの大罪』はTVアニメ化されたほか、第39回講談社漫画賞・少年部門を受賞するなど累計3700万部を超える大ヒットとなり、完結巻となる単行本第41巻が2020年5月に発売された。
[画像4: https://prtimes.jp/i/13640/894/resize/d13640-894-285421-0.jpg ]

■2300万DL突破!コミックアプリ「マンガワン」とは・・・?(2020年10月現在のDL数)
小学館が運営するコミックアプリ。1日2回、毎日AM9時とPM9時に回復するライフを使ってアプリ内の作品を無料で閲覧可能!常時100タイトル以上が楽しめる。
TVアニメ化が発表され話題の『灼熱カバディ』はじめ話題作多数。
<サイトURL>https://manga-one.com/
<対応端末>iOS/Android
<アプリ価格>ダウンロード無料/一部課金
<配信プラットフォーム>AppStore/GooglePlay

 

提供:PR TIMES