[ 株式会社クリーク・アンド・リバー社 ]

気軽に転職相談もできる!【無料】BIM経験者限定セミナー「集計表/ファミリ(2D/3D)について」

リリース発行企業:株式会社クリーク・アンド・リバー社

株式会社クリーク・アンド・リバー社(C&R社)は、11月14(土)、建築業界で活用されているBIM「Revit」の使用経験がある方を対象に、集中セミナー「集計表/ファミリ(2D/3D)について」を開催いたします。

▼お申し込みはこちら
https://www.arc-agency.jp/bimnoba/484



本セミナーは「集計表」と「ファミリ(2D/3D)」の2コースに時間を分けて開催いたします。両方のご参加はもちろん、学びたい内容のみ受講していただくことも可能です。ご自身のスキルや目的に合わせてお好きな講座をお選びください。どちらのセミナーも講師を務めるのは、大手設計事務所やゼネコンでBIMに従事するメンバー。実務で使えるノウハウを交えながら、ハンズオン形式でじっくりお教えいたします。なおセミナーで使用するオリジナルテキストはそのままお持ち帰りいただけます。ご自宅での復習にお役立てください。もっとBIMの勉強をしたいけれど、なかなか時間が取れないという方におススメのセミナーです。実務で役立つこと間違いなし!本セミナーにご興味のある方はぜひご参加ください。

また、C&R社のアーキテクト・エージェンシーでは、大手・有名企業の求人から独占非公開求人、時短・週3日勤務など希少な求人まで豊富に取り揃えており、ご希望のワークスタイルやキャリアプランに合ったお仕事をご紹介しております。セミナー当日は、業界に精通したエージェントによるキャリア相談や具体的なお仕事紹介も可能です。転職をお考えの方はもちろん、今後のキャリアに少しでもお悩みのある方は、ぜひお気軽にご相談ください。

▼BIM・建築業界に特化した求人情報サイト・就業支援サービスはこちら
https://www.arc-agency.jp/bimnoba/

【こんな方におススメ】
・BIMのモデリングまではできるが、その先を習う機会がない
・独学で学んできたので、基礎を知っておきたい
・集計表をなんとなく使っている
・ファミリをなんとなく理解して使っているので、しっかり復習したい
・3Dファミリは気になっていたが、触れる機会がなかった
・動画コンテンツでは見たが、実際に使用して確認したい

BIM経験者向け集中セミナー「集計表/ファミリ(2D/3D)について」概要

[画像: https://prtimes.jp/i/3670/1917/resize/d3670-1917-657558-0.png ]

■日時・内容
<集計表>
2020年11月14日(土)10:00~12:00

<ファミリ2D、ファミリ3D>
2020年11月14日(土)12:30~16:30

■場所
株式会社クリーク・アンド・リバー社 5階
東京都港区新橋四丁目1番1号 新虎通りCORE
・都営地下鉄三田線 内幸町駅 A1出口 徒歩5分
・JR山手線、東京メトロ銀座線ほか 新橋駅 烏森口出口 徒歩6分
https://www.cri.co.jp/about_us/map.html

■対象
・BIM(Revit)に触れた経験のある方
※初心者の方には少し難易度の高い内容となりますが、やる気のある方・参加してみたい方はご相談ください。

■参加条件・参加費
本セミナーにご参加いただくには、C&R社への会員登録が必要となります。
・すでにC&R社にご登録している方:無料
・この機会にC&R社にご登録する方:無料
※ご登録は、30分~1時間程度で電話やWeb面談にて行います。

■定員
5~10名
※応募者多数の場合、抽選になる可能性があります。
※機材数の都合上、ご自身のPCをお持ちの方は、ご持参ください。

▼お申し込みはこちら
https://www.arc-agency.jp/bimnoba/484

【セミナーに関するお問い合わせ】
株式会社クリーク・アンド・リバー社
「集計表/ファミリ(2D/3D)について」セミナー担当
メール:bim@hq.cri.co.jp

 

PR TIMESプレスリリース詳細へ

 

提供:PR TIMES 

 

バックナンバー
トピックボードAD
  • 実践!伝わる英語トレーニング
  • 自衛隊員も学ぶ!メンタルチューニング
  • 映画界のキーパーソンに直撃
  • ポストコロナのメガ地経学ーパワー・バランス/世界秩序/文明
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
地銀 最終局面<br>首相が追い込む崖っぷち

遅々として進まなかった地銀再編。しかし菅義偉首相は明確に踏み込みました。全国の地銀はどう動くのか、現状を徹底取材。今後起こりうる地銀再編を大胆予測。さらにビジネスモデルや行員の働き方にも注目し、地銀が生き残る道について探りました。

東洋経済education×ICT