[ ウェルネスワーク株式会社 ]

【期間限定】「認定申請からはじめる健康経営オンラインサポート」開始!

リリース発行企業:ウェルネスワーク株式会社

2020年10月19日(月)よりスタート



ウェルネスワーク株式会社(青森県八戸市、代表取締役:西尾和樹)は、日本健康会議の「健康経営優良法人2021(中小規模法人部門)」の認定申請をきっかけに健康経営をはじめる企業の応援キャンペーンを10月19日(月)よりスタートします。



経済産業省が制度設計し、日本健康会議が運営する「健康経営優良法人2021(中小規模法人部門)」の申請期間の締め切りが11月27日(金)と迫っています。

「健康経営」とは、従業員等の健康管理を経営的な視点で考え、戦略的に実践することです。企業理念に基づき、従業員への健康投資を行うことは、従業員の活力向上や生産性の向上等の組織の活性化をもたらし、結果的に業績や株価の向上につながると期待されています。
[画像1: https://prtimes.jp/i/65082/3/resize/d65082-3-698282-0.jpg ]

ウェルネスワークは、認定申請をきっかけに健康経営を始める企業向けに「認定申請からはじめる健康経営オンラインサポート」の提供を開始します。認定申請のチェックリストにより、現状を見える化し、課題把握、取り組み内容の決定、社内体制の整備、健康経営実践のスタートを一貫してサポートするプログラムです。早ければ1週間で体制構築が可能です。

「認定申請をきっかけに健康経営をはじめる企業の応援キャンペーン」概要
■キャンペーン申込期間
10月19日(月)~11月20日(金)
■サポート名称・特別価格
「認定申請からはじめる健康経営オンラインサポート」:5万円(税込み)
■サポート内容
1.ウェルネスワーク診断(健康経営優良法人2021(中小規模法人部門))のチェックリストに回答。
2.ウェルネスワーク診断結果報告により、現状の見える化、課題把握、取り組み内容を検討します。
3.取り組み目標、取り組み期間、取り組み内容を決めます。
4.貴社に適した「健康経営規程」の策定、担当者等の体制整備、社内外に公表し、健康経営をスタート。
5.「健康経営優良法人2021」に申請します。
■キャンペーン対象企業
・全国の中小規模法人(個人事業主は対象外です)
・「健康経営優良法人」の認定を受けたことがない法人
・認定申請をきっかけに健康経営に継続的に取り組む企業
■注意点
このオンラインサポートは、訪問相談・社内説明会の実施・従業員研修・職場巡視は含まれていません。これらのサポートは「ウェルネスワークコンサルティング」サポートで対応しています。

【ウェルネスワークについて】
・ウェルネスワークは、「誰もが輝くような穣かな人生をデザインできる社会をつくる」ことを基本方針に、「心も体も元気に働ける職場をつくる」ことを目指して取り組んでいる会社です。
・健康経営に取り組む企業が増える一方、その担当を担う健康づくり担当者の物理的・心理的負担が大きくなり、メインの業務への影響が懸念されています。ウェルネスワークは、企業の担当者の負担を軽減し、健康経営定着のサポートを行っています。
[画像2: https://prtimes.jp/i/65082/3/resize/d65082-3-374656-1.jpg ]

【ウェルネスワーク株式会社 概要】
会社名:ウェルネスワーク株式会社
所在地:⻘森県八戸市湊高台五丁目5番4号
代表者:代表取締役 西尾 和樹(社会保険労務士、健康経営エキスパートアドバイザー)
設立 :2020年3月3日
URL :https://www.nishio-management.com/

【ウェルネスワーク株式会社 健康経営コンサルティング指針】
1.健康経営が企業価値向上に向けた取り組みであることを自覚し、真摯に健康経営普及・拡大に取り組みます。
2.企業経営者が有する経営課題を把握し、健康経営を通じた経営課題解決を共に共有します。
3.健康経営を通して、従業員自身が健康に生き生き働くことができる環境づくりを支援し、企業の持続的な発展を共に目指します。
4.健康経営のPDCAサイクルを理解し、健康経営施策の質向上に向けて、具体的な支援や提案を実施します。
5.企業からの求めの有無によらず、健康経営優良法人等の認定取得のみを目的とした支援は行いません。
6.自社が有する健康経営に資する各種サービス導入のみを目的とした支援は行いません。
7.健康経営に関する国の施策の動向や、健康経営実践手法等の理解・習得等に努め、さらなる健康経営コンサルティングの質向上に向けた自己研鑽に励みます。

 

PR TIMESプレスリリース詳細へ

 

提供:PR TIMES 

 

バックナンバー
トピックボードAD
  • Amazon週間ビジネス・経済書ランキング
  • ポストコロナのメガ地経学ーパワー・バランス/世界秩序/文明
  • 最新の週刊東洋経済
  • ブックス・レビュー
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
ANAが希望退職実施へ<br>雇用維持貫くJALとの差

ANAホールディングス傘下の全日本空輸は10月7日、退職金の割り増しによる希望退職の募集を労働組合に打診。一方の日本航空(JAL)は同日に開かれた定例会見で、人員削減の考えはないと明言。両社で対応が分かれた要因とは。

東洋経済education×ICT