[ 株式会社パソナグループ ]

クラウド型 採用管理プラットフォーム 『PASONA Crossing』北米、アジアの10カ国・地域で 10月1日提供開始

リリース発行企業:株式会社パソナグループ

人材の募集から採用のプロセスをデジタルで一括管理



株式会社パソナグループ(本社:東京都千代田区、代表取締役グループ代表 南部靖之)は、北米、アジアの10ヶ国・地域において、人材の募集から採用のプロセスをデジタルで一括管理できるクラウド型採用管理プラットフォーム『PASONA Crossing(パソナクロッシング)』の提供を、10月1日(木)より開始いたします。



[画像: https://prtimes.jp/i/16751/831/resize/d16751-831-527551-0.jpg ]

昨今、企業の採用活動においては、特にモバイルインターネットの利用時間が長い若年層に対して、自社ホームページや就職サイトのみならず、SNSを通じた求人情報の発信が求められています。
さらに、新型コロナウイルスの感染拡大を受けて、世界各国で対面での面接実施が制限されると共に、経営環境の不透明さを背景にコスト削減や効率化が迫られ、HRテックの導入による採用活動のDX(デジタル・トランスフォーメーション)への関心が一層高まっています。

そこでパソナグループは、こうした採用課題を抱える北米及びアジアの企業に対して、クラウド型の採用管理プラットフォーム『PASONA Crossing』を独自に開発し、10月1日(木)より提供を開始いたします。
『PASONA Crossing』では、企業が入力した求人票の内容を、即時に自社サイト内の採用情報ページに掲載及び自社のSNSアカウントに転載できるほか、チャット機能やビデオ面接機能を活用したオンライン面接などにより、求人情報の発信から採用までの一連のプロセスをスピーディ且つ効率よく運用することが可能になります。さらに、将来的にはAI分析により企業が求める人材に対するリコメンドや、その人材へのスカウトメールの発信が可能になり、的確なマッチングを実現いたします。
また2021年内には、10カ国・地域全ての求人情報と求職者情報を、国境を越えて共有し、クロスボーダーで各国の優秀な人材へアプローチできる機能を実装することで、“グローバル・ダイレクトリクルーティング・プラットフォーム”を構築してまいります。

パソナグループは、各国で活躍するグローバル人材のキャリア構築を支援すると共に、海外進出する日本企業をはじめ、グローバル企業の採用戦略を支援してまいります。

■『PASONA Crossing』概要

開始:
2020年10月1日(木)

提供地域:
アメリカ、カナダ、インド、インドネシア、シンガポール、タイ、台湾、ベトナム、香港、マレーシア

内容:
上記の国・地域内の企業向けに、求人募集から採用までのプロセスをデジタルで一括管理できるクラウド型プラットフォームを提供

機能:
【募集】
・求人票入力による、自社サイト内採用情報ページの自動求人掲載、及び自社SNSアカウントへの自動転載
・自社サイト内への採用情報ページの開設

【選考】
・応募者の一覧管理及びアラート付き面接スケジュール管理
・チャット及びビデオ面接機能
・ダイレクトリクルーティング
・AI分析によるマッチング&リコメンド ※
・リコメンドされた人材への自動スカウト送信 ※
・国境を越えたダイレクトリクルーティング ※

【採用】
・応募者の採用プロセスの一括管理
・オファーレターの作成

【その他】
・勤怠管理、給与計算、オンライントレーニング、タレントマネジメント ※

※の機能は、2021年以降に実装予定

料金:
USD 300/月~
※2020年10月1日~2020年12月31日は無料
 2021年1月以降のお申込みは初月無料

URL:
http://crossing.pasonagroup.co.jp/

問合せ:
株式会社パソナグループ 国際業務部 E-mail crossing@pasonagroup.co.jp

 

PR TIMESプレスリリース詳細へ

 

提供:PR TIMES 

 

バックナンバー
トピックボードAD
  • iPhoneの裏技
  • 就職四季報プラスワン
  • スージー鈴木の「月間エンタメ大賞」
  • 「非会社員」の知られざる稼ぎ方
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
中国を知り尽くす異能の外交<br>官 垂秀夫 新中国大使

中国に幅広い人脈を持ち、アグレッシブな仕事ぶりで知られてきた垂秀夫・在中国大使。世界情勢が激動する中で国力差が開く日中関係をどう舵取りするのでしょうか。中国が最も恐れる男が日中関係のリアリズムを語ります。

東洋経済education×ICT