[ ノルケイン ジャパン ]

NORQAIN <ノルケイン> 世界限定モデル「Independence 20」を発表。

リリース発行企業:ノルケイン ジャパン

[画像1: https://prtimes.jp/i/47057/10/resize/d47057-10-465691-1.jpg ]

真の自分らしさに挑む、世界の200人へ。独立の道を突き進むシンボル。
ノルケインの3つのコレクションの中でIndependenceは、スイスの独立企業として創
業したオリジンを世界に表明するモデル。ノルケインは、ケニッシ社と共同開発したマニ
ュファクチュールムーブメントNN20/1を搭載した2020年の新作をIndependenceのコレクショ
ンから発表します。

スイス時計の新たな時代の幕開け。
マニュファクチュールキャリバーNN20/1搭載、世界限定モデル「Independence20」。
2020年7月30日、ノルケインは、機械式ムーブメント製造ファクトリーのケニッシ社との注目すべきパートナーシップから誕生した、独自のマニュファクチュールキャリバーNN20/1を搭載する世界限定モデル「Independence20」を発表します。
「Independence20」のエンジンであるNN20/1は、革新的な70時間パワーリザーブを備え、世界最高水準のCOSCクロノメーター認定の精度を誇る3針ムーブメントです。
「Independence20」のインディペンデンスたる所以は、メカニズムだけではありません。文字盤にスイス時計の伝統技術を用いることで他にはない独自の存在感を創り出しています。技術者の手仕事により仕上げられたオールドスチールフィニッシュのフォレストグリーンカラーの文字盤とモダンでエレガントなデザインは、ノルケインが新たな高みに到達したことを物語っています。世界限定200本。ノルケイン正規販売店で購入することができます。

現在のスイス時計において、インディペンデンスな存在であるには、マニュファクチュールムーブメントの製造が不可欠だった。
ブランドとして、マニュファクチュールムーブメントを製造開発する体制をもつことは50年、100年先を考えた壮大な挑戦でもあります。とてつもないリスクを背負うことになっても、スイス時計の文化を継承し続けるには、世界的な巨大資本に屈せず、スイスの独立企業として独自の時計を創り続けなければならないという決意の表れとも言えます。果敢な挑戦の結果として、ノルケインは、完全にインディペンデンスな意思決定のもと、自由と冒険という自分らしい道を歩み続けることが可能になったのです。

世界にただ一つのスペシャルな文字盤を備えた「Independence20」。
モダンなインダストリアル製品と、職人の手仕事を共存させることは難しいと考えられてきました。完成されたモダンデザインの中に、人間の鼓動を感じさせ、時間の美しさを纏わせることは永遠の挑戦でもあります。ケース径42mmの「Independence20」に独自の存在感をもたらすもの。それはオールドスチールフィニッシュによるフォレストグリーンの文字盤です。技術者の手仕事により仕上げられた文字盤は世界限定200本。一本一本ごとに表情が繊細に異なり、全く同じに見えることはありません。
[画像2: https://prtimes.jp/i/47057/10/resize/d47057-10-777890-0.jpg ]

またグリーンカラーは希望を表す色、今、世界中の様々な場面で挑戦している人たちに向けての力強いメッセージが込められています。文字盤には、60分の表示と技術者の手仕事によりインデックスが取り付けられた黒いインナーベゼルが備わり、時針と分針にはスーパールミノバが配置され、秒針の先と文字盤の「クロノメーター」表記はスポーティーなレッドカラーを採用しています。
「Independence20」のステンレスケースは、サテン仕上げ、ポリッシュ仕上げ、サンドブラスト仕上げの3種類の仕上げ方法を駆使することで、インディペンデントな独自の光と陰影を創り出しています。ノルケインのすべてのコレクションと同じく、ケース左側にポリッシュ仕上げのノルケインプレートを装着。時計を愛用する人が人生のモットー、思い出の日付、座右の銘を刻印することができます。
[画像3: https://prtimes.jp/i/47057/10/resize/d47057-10-773721-3.png ]

[画像4: https://prtimes.jp/i/47057/10/resize/d47057-10-592222-4.png ]

 

<仕様>
ステンレススチール(316L)、ケース径42mm、100m防水、ノルケインプレート(ケースサイド)、サファイアクリスタルケースバック、キャリバーNN20/1、70時間パワーリザーブ、COSC公認クロノメーター、世界限定200本。

<価格>
ステンレススチールブレスレット付き: ¥360,000+Tax 
ブラックレザーストラップ付: ¥348,000+Tax 

独自の道を進むための鼓動NN20/1
傷のつきにくいサファイアクリスタルケースバックを通して眺めることができるのは、マニュファクチュールキャリバーNN20/1です。スイスの独立ブランドであるノルケインが今年初めに導入したこの自動巻きムーブメント、スイスの時計ブランドTudor<チューダー>によって設立されたムーブメント製造ファクトリーのケニッシ社と共同で製造開発されたものです。NN20/1には、スイスアルプスを象徴する金色の「double-N」ロゴなどのノルケイン独自の装飾が施され、ブランドのコアバリューであるAdventure<冒険> Freedom<自由>Independence<独立>の文字が刻まれています。
[画像5: https://prtimes.jp/i/47057/10/resize/d47057-10-215605-5.jpg ]

NN20/1という、最高水準の信頼と、本質の革新。
NN20/1は最高レベルの精度を実証されたCOSCクロノメーター認定を取得しています。 週末に時計を使わなくても時間を再設定する必要のない70時間のパワーリザーブを誇り、2点固定のダブルブリッジによる頑丈な構造で、アクティブな活動下で着用しても計時パフォーマンスが妨げられることはありません。
マニュファクチュールキャリバーを搭載したノルケインの時計には、ムーブメントの高品質と信頼性を証明する4年間の国際保証が付いており、 購入時に個人情報をすべて登録していただければ、プラス1年間、合計5年間の保証となります。

[画像6: https://prtimes.jp/i/47057/10/resize/d47057-10-281214-6.jpg ]

ノルケインの挑戦の次なる頂を祝して
2月に2つの新たなマニュファクチュールキャリバーを発表したことは、家族経営の独立ブランドにとって重要な成果です。NN20/1とNN20/2によって、ノルケインがスイスの時計業界で独特なブランドであることを示すことができ、業界標準を超える計時性能を顧客に提供し、長期にわたる独立企業としての立ち位置を確立しました。新作のインディペンデンス20は、ノルケインのコレクションで高性能ムーブメントを搭載した新たな一歩となる時計です。これにより、ノルケインの独自性は新たな高みに登りつめ、マニュファクチュールキャリバーを特徴とするエキサイティングな新製品の発売で独自の物語を伝え続けていきます。

NORQAIN<ノルケイン>について
2018年に設立されたNORQAIN<ノルケイン>は、スイス時計産業の中心地、ニドー(ビエンヌ)に拠点を置く完全に独立した家族経営のスイス時計会社です。新たな独自の道を歩む情熱によりスタートしたノルケインには、機械式自動巻きムーブメントのみを搭載するAdventure<アドベンチャー>、Freedom<フリーダム>、Independence<インディペンデンス>の3つのコレクションがあります。2020年には、ムーブメント製造ファクトリーKenissi<ケニッシ>と共同で製造し2つのマニュファクチュールムーブメントを発表しました。同社は、CEOで創業者のベンカッファー、父親のマークカッファー、テッドシュナイダー、NHLスタンレーカップの優勝者であり、スイスのアイスホッケーの伝説のプレーヤーであるマークストライト、が率いています。
ノルケインは、NHLPA<全米ホッケーリーグプレーヤーズアソシエーション>のパートナーであり、Spengler Cup Davos<スペングラーカップダボス>の公式タイムキーパーでもあります。ノルケインは2020年7月に、2年目のノルケイナーチャレンジをOnとともに開催しました。ノルケインは現在ヨーロッパ、日本、米国の正規販売小売店で購入することができ、スイスのブヘラー、キルショッヘル、ドイツのヴェンペ、ウェスタイム、米国のトルノー、ゴブバーグ、カナダのローロ、ドバイのセディキ、日本の30以上の正規販売小売店等の広範な販売ネットワークを有しています。

be a NORQAINER - your life, your way
www.norqain.jp
[画像7: https://prtimes.jp/i/47057/10/resize/d47057-10-465103-7.png ]

 

PR TIMESプレスリリース詳細へ

 

提供:PR TIMES 

 

バックナンバー
トピックボードAD
  • 新競馬好きエコノミストの市場深読み劇場
  • ポストコロナの明るい社会保障改革
  • コロナ後を生き抜く
  • コロナショック、企業の針路
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
スペシャルインタビュー<br>元ラグビー日本代表・畠山健介

今年から米メジャーリーグ・ラグビーのチームに所属、華やかな選手生活とは裏腹に幾多の葛藤を乗り越えてきた畠山選手。「ラグビーファンの拡大には、リーグのプロ化が不可欠だ」。新天地にいる今だから見えてきた日本ラグビー改革論を熱く語ります。