[ 東日本旅客鉄道株式会社 ]

駅ナカシェアオフィス「STATION WORK」が横浜駅・川口駅へ拡大~全18箇所のネットワークへ拡がります~

リリース発行企業:東日本旅客鉄道株式会社

[画像1: https://prtimes.jp/i/17557/248/resize/d17557-248-880472-4.png ]

 

[表: https://prtimes.jp/data/corp/17557/table/248_1.jpg ]

 

1.概要
[画像2: https://prtimes.jp/i/17557/248/resize/d17557-248-248548-10.png ]

※1 「STATION SWITCH」は、JEBLが運営するワークスペースです。「STATION WORK」会員専用ではございません。あらかじめご了承ください。
※2 「一般」とは、会員登録のない利用者を指します。
※3 年末年始や、ビル休館日等を除く。
※4 利用方法に関して、「STATION SWITCH」は、専用WEBサイト(https://www.stationwork.jp/)からの予約後、現地にて入退出時にQRコード認証を行います。

2.「STATION SWITCH」について
[画像3: https://prtimes.jp/i/17557/248/resize/d17557-248-395033-11.png ]

 ビジネスとプライベートを効率よく“SWITCH”できる空間をコンセプトに、JR横浜タワー12F・13Fの約1,000平方メートル で展開するワークスペース(2020年6月24日開業)。STATION WORK会員は、12Fの一部エリアをご利用いただけます。広々とした座席に、電源・Wi-Fiはもちろん、フリードリンクやアロマ、ライブラリー等もお楽しみいただけます。
https://stationswitch.jp/
※ご利用の際は、「STATION SWITCH」の利用ルールをお守りください。
[画像4: https://prtimes.jp/i/17557/248/resize/d17557-248-336064-7.jpg ]

[画像5: https://prtimes.jp/i/17557/248/resize/d17557-248-394106-6.jpg ]

3.STATION WORKについて
 「働く人の“1秒”を大切に」をコンセプトに、JR東日本が展開する駅ナカシェアオフィス事業。駅ナカをはじめとした好立地で、個人作業が捗るセキュアなワークスペースを提供しています。「STATION BOOTH」「STATION DESK」に加えて、一部の「JR東日本ホテルメッツ」もシェアオフィスとしてご利用いただけます。
 今回の2箇所開業により、全18箇所体制となります。今後は、首都圏だけでなく、JR東日本エリア全体への展開を計画しており、2020年度までに30箇所展開を目標としています。
 利用は専用Webサイトからの会員登録をお願いします。
[画像6: https://prtimes.jp/i/17557/248/resize/d17557-248-602026-3.png ]

 

PR TIMESプレスリリース詳細へ

 

提供:PR TIMES 

 

バックナンバー
トピックボードAD
  • コロナ後を生き抜く
  • 日本と中国「英語教育格差」
  • 検証!ニッポンの労働
  • 岐路に立つ日本の財政
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
文具業界を揺るがす動乱<br>「コクヨvs.プラス」の全真相

昨年末のぺんてる株をめぐる文具2強によるプロキシーファイト(委任状争奪戦)。両社のバトルには、8月に設立したプラスの卸子会社が2年前の計画で一度頓挫していたことにも伏線が。縮小する文具業界再編をめぐる壮絶な主導権争いに迫ります。