[ Marketing-Robotics株式会社 ]

【緊急開催】営業分野の有識者5社にて、アフターコロナ営業の決定の場「デジタルセールスサミット」を共催

リリース発行企業:Marketing-Robotics株式会社

6/5(月)14:00~開始



MAツール「マーケロボ」の開発・運用を行うMarketing-Robotics株式会社(本社:東京中央区、代表取締役:田中 亮大、以下 Marketing-Robotics)は、新型コロナウイルスの影響で営業活動に支障が出ている企業様のために、営業分野の有識者5社が一堂に会す「デジタルセールスサミット」を開催することをお知らせします。



[画像: https://prtimes.jp/i/22617/91/resize/d22617-91-570870-0.jpg ]

 現在、新型コロナウイルス感染症の影響で従来の営業活動が変革を求められています。
本デジタルセールスサミットでは、このような状況に置かれた企業や営業パーソンを支援する目的で、「営業活動をどうおこなえば良いかわからない」や、「営業活動で困っていることがある」などの課題を抱えた企業に向けて、デジタル営業活動の有識者が今後の「獲得活動の答え」を提示します。

変革の過渡期である現在、多くの事例や考え方が世の中に氾濫し情報の取捨選択は難しい状況になっています。
今、世の中に必要なことは「案を多く出すこと」でなく「答えを出すこと」であると私達は考え、本ウェビナー開催に至りました。

■詳細確認/お申込みはこちら
https://mk8-robo.com/events/digital_sales_summit/

デジタルセールスサミット主催企業一覧

・株式会社セレブリックス
・コニカミノルタジャパン株式会社
・株式会社Kaizen Platform
・ベルフェイス株式会社
・Marketing-Robotics株式会社
・越ヶ谷 泰行

Marketing-Robotics株式会社について

Marketing-Robotics株式会社は、営業のデジタル変革を行うためMAツール「マーケロボ」を2018年4月にリリースしました。翌5月には上場企業4社と資本提携を行い、翌6月には東洋経済新報社が発表する「すごいベンチャー100」に選出されました。

これまでは、MAツールの運用代行・コンサルティングモデルで100社以上のご支援をさせていただきましたが、今年5月より、ツールだけの提供も開始いたしました。
■MAツール「マーケロボ」無料開放の詳細はこちら
https://prtimes.jp/main/html/rd/p/000000088.000022617.html

今までの運用代行で培った知見を活かし、無料利用だとしても導入企業各社の成果に貢献して参ります。

会社概要

【Marketing-Robotics株式会社】
会社名       :Marketing-Robotics株式会社(https://marketing-robotics.com/
所在地       :〒103-0023 東京都中央区日本橋本町2-8-8 宇津共栄ビル2F
設立        :2016年9月
代表        :田中亮大
資本金       :3億9,695万円(準備金含)
事業内容      :DX(デジタルトランスフォーメーション)推進事業
           営業マンのためのMAツール「マーケロボ」の開発・コンサルティング
マーケロボ公式サイト:https://mk8-robo.com/
採用サイト     :https://marketing-robotics.com/recruit/
「オンライン営業」特設サイト:https://mk8-robo.com/events/online_sales/

【本件に関するお問い合せ】
Marketing-Robotics株式会社 広報担当:茂木(もぎ)
TEL:090-6476-4466/ E-mail:info@marketing-robotics.com
フォーム:https://mk8-robo.com/contact/

 

PR TIMESプレスリリース詳細へ

 

提供:PR TIMES 

 

バックナンバー
トピックボードAD
  • ポストコロナのメガ地経学ーパワー・バランス/世界秩序/文明
  • iPhoneの裏技
  • コロナショック、企業の針路
  • 最新の週刊東洋経済
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
銀行 地殻変動<br>先で待つ「不良債権地獄」の恐怖

コロナ危機を受け、銀行は政府の支援の下、積極的に「傘」を差し出し、融資をしています。しかし融資先には「危ない企業」も含まれ、下手をすれば不良債権によって屋台骨を揺るがしかねません。自ら大きく変わり始めた銀行の近未来を占います。