[ Propre ]

不動産マーケットのありのままの姿をヒートマップの形で可視化する「propPITCH」をリリース

リリース発行企業:Propre

最強の販売促進ツール



株式会社Propre Japan(本社:東京都港区)(以下、「Propre」といいます。)は、2020年6月2日(火)に不動産マーケットのありのままの姿をヒートマップの形で可視化させるデータ提供サービス「propPITCH」をリリースしました。



[画像: https://prtimes.jp/i/36971/14/resize/d36971-14-514273-0.png ]

Propreは、世界17ヵ国から1日当たり1,600万件を超える不動産情報を収集、整理しており、その取扱い数では世界最大級の規模を誇ります。各国から収集したデータを独自の切り口で集計・分析し、「買う人も、売る人も、借りる人も、貸す人も」誰もが気軽に「世界の不動産データにリーチできる」プラットフォームの開発を進めてきました。

今回は、先般リリースしたpropTREEの続編として、Propreが蓄積してきた膨大な不動産データベースを身近に活用していただくビジネスツールの仕組みを用意し、日本での先行公開に至りました。場所、対象物件の属性、キーワード(以下、「パラメーター」といいます。)を選択することで、選択したパラメーターの価格や流動性への影響力をヒートマップの形で直感的に確認していただくことが可能になりました。

「スマートキー」、「バス・トイレ別」、「TVモニター付きインターホン」など、不動産に関連するパラメーターは無数に存在します。例えばあるパラメーターが自社で取り扱っている商品に該当する場合、当該商品のヒートマップを作成することで、その商品が賃貸、売買単価や流動性にどの程度影響を与えるかを科学的に検証することが可能になります。物件オーナーやマンション管理組合などへ自社商品の導入を促したい場合など、今までになかった斬新な切り口の営業サポート資料として活用していただくことができます。
また、同じ地点を様々なパラメーターでのヒートマップで比較分析することにより、そのエリアの特徴を把握することができるので、よりマクロ的な視点に立った分析にもご活用いただけます。
[動画: https://www.youtube.com/watch?v=5oG9zXrzG54 ]

 

なお、propPITCHは、2020年5月現在、東京都23区がサービス提供エリアとなっており、サービス提供エリアは順次拡大して行く予定です。

propPITCHサービスページ: https://propre.com/proppitch

Propreでは、不動産データベースを活用して今までに無かったサービスを量産していきます。
次回も乞うご期待!

【Propreについて】
Propreは世界中の公開不動産情報を動的に収集し、物件当たり30,000以上となる膨大な項目を生成・整理する独自システムを開発しています。
国境を越えた膨大な投資物件や別荘等の中から最適な不動産検索を可能とする、世界17ヵ国を対象としたクロスボーダー不動産データベースプラットフォームです。
加速的に増加する国境を越えた不動産取引を客観的な情報に基づいて支援して参ります。
また、膨大な不動産データベースにより可能となる機械学習を用いた物件のレコメンデーションアルゴリズムの開発およびGIS・空間統計手法とAIによる最適物件価格のシミュレーション等を行っております。

■会社概要
法人名 : Propre Pte. Ltd.
設立年月日 : 2017年12月8日
資本金 : SGD6,028,984.05
代表者 : 白井 久也
本社所在地 : 133 Cecil Street, #05-01, Keck Seng Tower, Singapore
事業内容 : 不動産データベース
URL : https://propre.com/

■日本法人
法人名 : 株式会社Propre Japan
代表者 : 白井 久也
本社所在地 : 東京都港区芝三丁目15番14号 ヒキタカ芝公園ビル4F
事業内容 : Propreの開発、運営
お問い合わせ先 : 株式会社Propre Japan 担当 : 大森
TEL : +81 3-6459-4007 / Mail : info@propre.com

 

PR TIMESプレスリリース詳細へ

 

提供:PR TIMES 

 

バックナンバー
トピックボードAD
  • 野口悠紀雄「経済最前線の先を見る」
  • おとなたちには、わからない
  • 子育てと介護「ダブルケア」の現実
  • コロナショック、企業の針路
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
激震! 不動産<br>大荒れ市況を徹底分析

コロナショックが直撃したのは、ホテルや大都市に立地する商業施設です。一方、郊外の商業施設や物流施設は需要増に沸いています。分譲マンションやオフィスビルの先行きには不透明感が漂います。不動産業界における明と暗。その最前線に肉薄します。