[ 鑫三海株式会社 ]

紙に座る!?耐荷重300kgを実現した、おしゃれなペーパースツール&カフェテーブル「十八紙(とわがみ)」

リリース発行企業:鑫三海株式会社

紙/ペーパーファニチャー/スツール/カフェテーブル/椅子/机/家具/インテリア/オブジェ



2020年4月3日 AFU ストアは、クラウドファンディングサービスGREEN FUNDINGにて、ペーパースツール/カフェテーブル「十八紙(とわがみ)」の先行販売を開始しました。
https://greenfunding.jp/afustore/projects/3641/



[画像1: https://prtimes.jp/i/51534/39/resize/d51534-39-268872-0.jpg ]

一見、美しいオブジェのような、紙製の家具「十八紙(とわがみ)」をご存知でしょうか?
クラフト紙で作られた、正真正銘の紙なのですが、
なんとスツールの耐荷重300kg、カフェテーブルの耐荷重50kgと、家具として十分な強度を持ち合わせているのです。
[画像2: https://prtimes.jp/i/51534/39/resize/d51534-39-826349-1.jpg ]

[画像3: https://prtimes.jp/i/51534/39/resize/d51534-39-606978-2.jpg ]

何故、紙なのにそんなに強いの?と不思議に思われるかもしれません。
そのヒミツは、丈夫なクラフト紙素材とハニカム構造にあります。
[画像4: https://prtimes.jp/i/51534/39/resize/d51534-39-408904-4.jpg ]

▲厚みあるクラフト紙。

 

ハニカム構造って?

[画像5: https://prtimes.jp/i/51534/39/resize/d51534-39-228186-3.jpg ]

蜂の巣にちなんで名づけられたハニカム構造。
立体図形が隙間なく並んだ構造を指し、軽さと優れた衝撃分散能力が特徴です。
「十八紙」は、この構造により、"座れる紙"を実現したのです。

デザイン性に優れた「十八紙」ですが、もう一つ大きなメリットが!
それは、コンパクトに畳めて、すぐに組み立てられる利便性にあります。
[画像6: https://prtimes.jp/api/file.php?c_id=51534&t=animationGifImage&f=agd-51534-39-1.gif&img_id=1585891375386 ]

実際の組み立ての様子がこちら!
側板を持って、くるっと開くだけ。
マグネットが内蔵されているので、工具を使う必要も有りません。
[画像7: https://prtimes.jp/api/file.php?c_id=51534&t=animationGifImage&f=agd-51534-39-2.gif&img_id=1585892262617 ]

[画像8: https://prtimes.jp/i/51534/39/resize/d51534-39-914563-5.jpg ]

スツールは、こんな風に形を変えて楽しむことも出来ますよ~♪
オブジェにもなる、優れたインテリアアイテムです。

[画像9: https://prtimes.jp/i/51534/39/resize/d51534-39-581816-6.jpg ]

▲カフェテーブル、スツール×2点が…
[画像10: https://prtimes.jp/i/51534/39/resize/d51534-39-837737-7.jpg ]

▲あっという間に、こんなにコンパクトに!

急な来客時用に。オフィスで商談スペースが必要な時に。イベントスペースに。
色々な使い方が出来ますね。

様々な可能性を秘めた、紙製の家具「十八紙(とわがみ)」。
あなたのお家にもいかがでしょうか?
[画像11: https://prtimes.jp/i/51534/39/resize/d51534-39-363338-11.jpg ]

現在、クラウドファンディングサイトにて先行販売中です。
https://greenfunding.jp/afustore/projects/3641/

[画像12: https://prtimes.jp/i/51534/39/resize/d51534-39-170388-8.jpg ]

[画像13: https://prtimes.jp/i/51534/39/resize/d51534-39-890322-9.jpg ]

[画像14: https://prtimes.jp/i/51534/39/resize/d51534-39-369665-10.jpg ]

 

PR TIMESプレスリリース詳細へ

 

提供:PR TIMES 

 

バックナンバー
トピックボードAD
  • コロナショックの大波紋
  • 日本野球の今そこにある危機
  • 新競馬好きエコノミストの市場深読み劇場
  • 溺愛されるのにはワケがある
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
先陣切った米国の生産再開<br>透けるトヨタの“深謀遠慮”

米国でトヨタ自動車が約50日ぶりに5月11日から現地生産を再開しました。いち早く操業再開に踏み切った背景にあるのが、日本の国内工場と米トランプ政権への配慮。ドル箱の米国市場も国内生産も守りたい巨大グローバル企業の深謀遠慮が垣間見えます。