[ ダイワ通信株式会社 ]

~新型コロナウイルス対策~顔認証で発熱者を自動シャットアウト!

リリース発行企業:ダイワ通信株式会社

マスクの有無も自動検知 温度測定機能付き監視デバイスを販売開始



ダイワ通信株式会社(本社:石川県金沢市、代表取締役:岩本秀成)は、3月下旬に、顔認証端末と測温モジュールを連携させた非接触型の体温測定機能付き監視デバイスをリリースします。大勢の人が出入りする場所で、体温の高い人を高速かつ自動で検知できることから、新型コロナウイルス対策のニーズに応える仕様となっております。



顔認証端末と測温モジュールの連携デバイスは、独自のAIディープラーニングアルゴリズムによって高精度かつ高速で人物の顔を認識します。オフィスビル、工場など人員情報を確認すべき場所に適しており、入退室管理の上に、勤務者の体温を把握出来ることから、体温の高い人物の建物内へのアクセスを拒否することが可能です。

例えば、新型コロナウイルス受診の目安として公表された発熱条件に該当する勤務者を、顔認証端末による入室管理の際に認識すると、自動で入り口にロックがかかり、事業所内へのアクセスを拒否することができます。また、体温だけでなくマスクの有無を入室許可要件に設定することも可能で、体温が正常でもマスクを着用していないとオフィスに入ることができないため、オフィス内での感染拡大防止強化につながります。
本システムは、対象となる人物に滞在負担をかけることなく測定を可能とした効率的な測定デバイスです。
※一部機種により対応できないものがございます。

[画像: https://prtimes.jp/i/55723/2/resize/d55723-2-641207-0.png ]

ダイワ通信では、2020年3月下旬にリリースを予定しており、価格は28万8000円(税別)からで、年間2000台の販売を目指します。加えて、新型コロナ対策を講じる企業を可能な限り迅速に増やしたいとの狙いから、500台限定で18万8000円(税別)で販売いたします。
また、今後開発するデバイスは、ダイワ通信が、デバイスの提供から設置、保守サポートまで一貫した導入サービスを提供する予定です。

【お問い合わせ先】
ダイワ通信(株) セキュリティ事業部
TEL:076-291-4001
ホームページ:http://www.daiwawa.com
※会社名、製品名は各社の商標または登録商標です。
※仕様は改良の為、予告なく変更する場合があります。

 

PR TIMESプレスリリース詳細へ

 

提供:PR TIMES 

 

バックナンバー
トピックボードAD
  • コロナショックの大波紋
  • コロナショック、企業の針路
  • iPhoneの裏技
  • コロナ戦争を読み解く
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
大手不動産がこぞって参戦<br>「シェアオフィス」ブームの内実

テレワークや働き方改革の浸透で存在感を高めているのが「シェアオフィス」です。大手から中小まで多数の参入が相次いでいますが、目的はさまざま。通常のオフィス賃貸と比べた収益性も事業者で濃淡があり、工夫が必要です。