[ 株式会社ハイウェル ]

ハイウェル提供のプロモーションサービス『Logo Vision』を活用したプロジェクション・マッピングを、キヤノンマーケティングジャパン株式会社に設置

リリース発行企業:株式会社ハイウェル

低コストでのプロジェクション・マッピングによる企業プロモーション



Webからリアルで多岐にわたるプロモーションサービスを提供する株式会社ハイウェル(代表取締役:近藤太 以下ハイウェル)は、キヤノンマーケティングジャパン株式会社(代表取締役社長:坂田正弘 以下キヤノンMJ)と連携し、プロジェクション・マッピングサービス『Logo Vision』を活用した映像を、キヤノンMJ本社ビジネスショールーム「CANON PLAZA S」に設置しました。



[画像: https://prtimes.jp/i/10016/16/resize/d10016-16-156607-0.jpg ]

ハイウェルでは、企業様のオフィスエントランス・展示会・店舗ディスプレイを対象に、ブランディングとして最適なプロジェクション・マッピングサービスである『Logo Vision』を提供しております。
プロジェクション・マッピングの高い演出効果により認知されやすく、企業プロモーションに抜群な効果を低コストで実現できるサービスとなっております。

この度ハイウェルはキヤノンMJと連携し、キヤノンMJ本社のビジネスショールーム「CANON PLAZA S」にて使用されている、プロジェクション・マッピングサービス『Logo Vision』を活用した映像を制作しました。

「CANON PLAZA S」は、最新のイメージング商品や各種ソリューションのデモンストレーションを行えるコミュニケーションスペースとして、キヤノンMJが開設しているビジネスショールームです。
今回ハイウェルが手掛けた映像は、『Logo Vision』が企業価値や企業イメージをわかりやすく訴求出来るものであり、企業プロモーションに適したソリューションであることが一目でわかる作品となっております。

[動画1: https://www.youtube.com/watch?v=aWT6lS-Afhs ]

【『Logo Vision』について】

■特徴
プロジェクション・マッピングによる高い演出効果を持ちながら、小規模・低コストでの利用が可能。
また、高い演出効果により、認知されやすいうえ、印象に残るので企業プロモーション効果が抜群です。

■様々なシーンで活躍
・オフィスのエントランス
→来訪者の認知が高まり、ブランドの醸成に繋がる

・展示会やショールーム
→来場者に対しての強力な誘引集客ツールに

・店舗ディスプレイ
→通行人の目に留まり、ブランド訴求力アップに

・商品発表会
→商品をより際立たせる効果的な演出が可能に

[動画2: https://www.youtube.com/watch?v=Qr9RIH-sHsc ]

 

【株式会社ハイウェルについて】
商号 :株式会社ハイウェル (Hiwell Inc.)
所在地:〒107-0052 東京都港区赤坂3-16-11 東海赤坂ビル5F
代表者:代表取締役 近藤 太
設立 :2007年6月
資本金:1,000万円
URL:http://www.hiwell.co.jp/

 

PR TIMESプレスリリース詳細へ

 

提供:PR TIMES 

 

バックナンバー
トピックボードAD
  • 新競馬好きエコノミストの市場深読み劇場
  • コロナショックの大波紋
  • ほしいのは「つかれない家族」
  • 山本シンヤが迫るクルマ開発者の本音
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
広告大乱戦<br>デジタル化で進む“下克上”

「ついに」か「ようやく」か。ネット広告費が初めてテレビ広告費を超えました。デジタル化の大波の中で、広告業界は“異種格闘技戦”の時代に。グーグルと組んで購買につながる広告商品を生み出したマツモトキヨシなど、激変期の最先端事例を紹介します。