[ 株式会社ジャストシステム ]

10代の約4割が、「今年もタピオカドリンクを積極的に購入したい」

リリース発行企業:株式会社ジャストシステム

『タピオカドリンクに関する実態調査』



~2019年、「週1回以上、タピった」人が最も多かったのは「関東」~
株式会社ジャストシステムは、マーケティングリサーチに関する情報サイト「Marketing Research Camp」で、ネットリサーチサービス「Fastask(ファストアスク)」を利用して実施した『タピオカドリンクに関する実態調査』の結果を発表します。本調査は、事前調査でタピオカドリンク(タピオカティー・タピオカミルクティー)を飲んだことがあると回答した15歳~59歳の男女1,104名を対象にしています。
また、集計データとしてまとめた全18ページの調査結果レポートを、「Marketing Research Camp」の自主調査レポートページ(https://marketing-rc.com/report/)から、無料でダウンロード提供します。



[画像: https://prtimes.jp/i/7597/429/resize/d7597-429-889826-0.png ]

【調査結果の概要】

■2019年、10代と20代の4割以上が、「月に1回以上購入」
タピオカドリンクを飲んだことがある人に、2019年における購入頻度を聞いたところ、最も多かった回答は「1カ月に1回未満」(44.4%)、次いで「1カ月に1回程度」(14.7%)、「2週間に1回程度」(7.7%)でした。なお、「ほぼ毎日」と回答した人は3.4%でした。
「1カ月に1回以上」と回答した人※1は34.9%で、年代別に見てみると、10代(43.7%)、20代(42.0%)、30代(37.2%)、40代(30.8%)、50代(20.7%)でした。10代と20代の4割以上は、月に1回以上、タピオカドリンクを購入していたことがわかりました。
※1 「ほぼ毎日」「1週間に2~3回程度」「1週間に1回程度」「2週間に1回程度」「1カ月に1回程度」と答えた人の合計。

■2019年、「週1回以上、タピった」人が最も多かったのは「関東」
2019年におけるタピオカドリンクの購入頻度を地域別に見てみると、「週に1回以上」と答えた人※1の割合が最も高かった地域は「関東」(17.5%)、次いで「近畿」(12.2%)、「中国」(12.0%)でした。
※「ほぼ毎日」「1週間に2~3回程度」「1週間に1回程度」と答えた人の合計。

■約2割に、タピオカドリンクの注文まで、「30分以上」並んだ経験
2019年にタピオカドリンクを購入した人に対して、タピオカドリンクの注文までに掛かった最長時間を聞いたところ、一番多くの人から挙がったのは「10分以上、30分未満」(28.4%)、次いで「10分未満」(21.7%)、「30分以上、1時間未満」(13.3%)でした。なお、「1時間以上、2時間未満」と答えた人は4.5%、「2時間以上」の人も3.1%いました。「30分以上」、待った経験がある人※1の合計は20.9%でした。
※1 「30分以上、1時間未満」「1時間以上、2時間未満」「2時間以上」、待った経験があると答えた人の合計。

■10代の約4割が、「今年もタピオカドリンクを積極的に購入したい」
2019年にタピオカドリンクを購入したことがある人のうち、2020年もタピオカドリンクを「積極的に購入したい」と答えた人は25.1%でした。年代別に見てみると、10代(37.4%)、20代(33.5%)、30代(29.7%)、40代(13.7%)50代(9.1%)でした。10代の約4割、20代と30代の約3割は、今年も引き続き、タピオカドリンクを積極的に楽しみたいと思っているようです。

調査期間:2020年1月28日(火)~2月1日(土)
調査対象:事前調査でタピオカドリンク(タピオカティー・タピオカミルクティー)を飲んだことがあると回答した男女1,104名
調査方法:セルフ型ネットリサーチ Fastaskでのアンケート調査

 

PR TIMESプレスリリース詳細へ

 

提供:PR TIMES 

 

バックナンバー
トピックボードAD
  • コロナショックの大波紋
  • コロナショック、企業の針路
  • 読んでナットク経済学「キホンのき」
  • 非学歴エリートの熱血キャリア相談
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
変わる民法&労働法<br>「知らない」では済まされない!

ビジネスの新しいルールを定めた改正民法や労働法が4月から始まります。仕事はどう変わるのか、大きな関心を集める改正相続法と併せて最終チェックしておきましょう。導入が増えているテレワークの法的ポイントも解説。