[ 株式会社エルツティンジャパン ]

韓国の美容皮膚科アビジュークリニックで開発された『エルツティン(ARZTIN) 』から、「イデベノン」成分配合の最上級ライン「“塗るボトックス” プレステージEXクリーム」が発売。

リリース発行企業:株式会社エルツティンジャパン

株式会社エルツティンジャパンは、韓国で人気の美容皮膚科アビジュークリニックから生まれた『エルツティン(ARZTIN) 』の最上級ライン「“塗るボトックス” プレステージEXクリーム」を発売致しました。



韓国で人気の美容皮膚科アビジュークリニックから生まれたメディカルスキンケアブランド『エルツティン(ARZTIN) 』から高い抗酸化成分配合の最上級ライン「“塗るボトックス” プレステージEXクリーム」が発売!



[画像1: https://prtimes.jp/i/47887/4/resize/d47887-4-579749-0.png ]

株式会社エルツティンジャパン(本社:東京都中央区、日本代表 小野裕介)は、韓国で人気の美容皮膚科アビジュークリニックから生まれた『エルツティン(ÄRZTIN)』 の、最上級ライン「“塗るボトックス” プレステージEXクリーム」を発売致しました。

ÄRZTIN (エルツティン) は、 ドイツの高品質な材料と、 韓国の優れた開発技術の融合で生まれたハイエンドメディカルスキンケアブランドです。肌本来の持つ「美しさ」を最大限惹きだすと同時に、エイジングからのお肌のダメージをおさえることを命題に、アビジュークリニックの医師により2013年に設立されました。

この度発売された「プレステージEXクリーム」は、ブランドの基本コンセプトである、肌の再生促進、お肌の鎮静とターンオーバー、シワ改善と美白効果、といった肌全体のアンチエイジング効果を促す成分をさらに極めたハイグレードラインのクリームです。
ビタミンCの4倍、コエンザイムQ10の10倍に相当する強い抗菌作用を持つイデベノンは、通称「塗るボトックス」とも言われており、さらにビタミン(A E)のヒマワリの種子油、オメガ3.6を豊富に含むブラックカラントの種子油、アラントインがお肌を鎮静化させ、スイートアーモンドオイルや、スクアランがお肌を強いバリアで保護します。
体験したことのない最上級エイジングケアクリームの効果を、貴女のお肌で実感してください。

[画像2: https://prtimes.jp/i/47887/4/resize/d47887-4-492124-2.jpg ]

■エルツティン プレステージEXクリーム
ヒドロキシデシルユビキノン(弾力、ツヤ、保湿)成分配合
本体価格 ¥13,200(税込)
内 容 量  50ml
[画像3: https://prtimes.jp/i/47887/4/resize/d47887-4-406026-6.jpg ]

 

高級感あるパッケージ

■お取り扱い
【エルツティン新宿本店】
住  所:東京都新宿区新宿三丁目30-13 新宿 マルイ本館5階
電話番号:03-6380-5660
【公式サイト】
https://www.arztin.jp
※プレステージクリームは、店舗のみの販売となります。オンラインストアでの販売はございません。

■エルツティンについて
ÄRZTIN (エルツティン) は、 ドイツの高品質な材料と、 韓国の優れた開発技術の融合で生まれたハイエンドメディカルスキンケアブランドです。肌本来の持つ「美しさ」を最大限惹きだすと同時に、エイジングからのお肌のダメージをおさえることを命題に、アビジュークリニックの医師により2013年に設立されました。
[画像4: https://prtimes.jp/i/47887/4/resize/d47887-4-588824-1.png ]

 

【会社概要】
商 号 :エルツティンジャパン株式会社
代 表 者 :日本代表 小野裕介
設 立 :2016年10月22日
事業内容 :化粧品製造販売
公式サイト: https://www.arztin.jp

 

PR TIMESプレスリリース詳細へ

 

提供:PR TIMES 

 

バックナンバー
トピックボードAD
  • Amazon週間ビジネス・経済書ランキング
  • 会社を変える人材開発の極意
  • 就職四季報プラスワン
  • はじまりの食卓
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
北朝鮮が「新戦略兵器」?<br>強硬姿勢アピールの舞台裏

昨年末「新たな戦略兵器」との発言が報じられた金正恩委員長。強硬路線を取るとみられたものの、報告内容をよく読むと「自力更生」と経済の重視に力点があります。北朝鮮、米国、韓国、日本それぞれの立ち位置を考察します。