[ 株式会社PRINCIPE prive ]

自動巻ダブルテンプ時計を3万円(税別)から販売。海外時計の輸入総代理店「プリンチペプリヴェ」が手がける「PRINCIPE Watches(プリンチペ ウォッチ)」に新たなモデルが追加

リリース発行企業:株式会社PRINCIPE prive

海外時計の輸入総代理店「プリンチペプリヴェ」が、低価格で時代のニーズに合わせた腕時計を提供するプロジェクト「PRINCIPE Watches(プリンチペ ウォッチ)」に新モデルが追加。それと同時にプリンチペプリヴェ公式オンラインストアにて販売を開始いたしました。自動巻ダブルテンプ時計を3万円(税別)から購入できるほか、総代理店ブランドと同じく1年間の製品保証が付属しています。



[画像1: https://prtimes.jp/i/16079/237/resize/d16079-237-461410-0.jpg ]

海外時計の輸入総代理店「プリンチペプリヴェ」が、低価格で時代のニーズに合わせた腕時計を提供するプロジェクト「PRINCIPE Watches(プリンチペ ウォッチ)」に新モデルが追加。それと同時にプリンチペプリヴェ公式オンラインストアにて販売を開始いたしました。自動巻ダブルテンプ時計を3万円(税別)から購入できるほか、総代理店ブランドと同じく1年間の製品保証が付属しています。

スマートフォンの復旧によって、時間を知るという意味での価値が薄れてきている腕時計。そんな中で今を生きる若者にアナログ時計の魅力を知るきっかけになれば.....。との思いからスタートした「PRINCIPE Watches(プリンチペ ウォッチ)」プロジェクトから、今回は機械式時計の心臓部である「テンプ」を2つ搭載したモデルが登場。

長年にわたって数々の海外ブランドの輸入総代理店を担ってきた経験から海外工場と直接契約し、中間マージンをなくした事により、自動巻きダブルテンプ時計を3万円(税別)という低価格でご提供することが可能となりました。

機械式時計の入り口として、また、腕時計の価値を再認識するきっかけのひとつとして、このプロジェクトで一人でも多くの方に腕時計の世界を知っていただければ幸いです。

▼PRINCIPE Watches Ref. PWH8821
全5色 販売価格 30,000円(税別)
[画像2: https://prtimes.jp/i/16079/237/resize/d16079-237-891201-6.jpg ]

[画像3: https://prtimes.jp/i/16079/237/resize/d16079-237-766937-2.jpg ]

[画像4: https://prtimes.jp/i/16079/237/resize/d16079-237-748625-8.jpg ]

モデル名:PW8821-G2
販売価格:30.000円(税別)

ケースサイズ:42mm/12mm
ラグ幅:20mm
ケース素材: Alloy
ストラップ:レザー
バックル:バタフライバックル
ガラス:ミネラルガラス
機能:時・分・秒針、日付表示、ダブルテンプ
防水:5気圧
ムーブメント:自動巻き

▼取り扱い店舗
プリンチペプリヴェ表参道店
〒107-0061 東京都港区北青山3-5-19 2F-3F
03-6427-4367

プリンチペプリヴェ公式オンラインストア
https://principe-prive.com/?mode=cate&cbid=2528796&csid=0&sort=n

▼プリンチペウォッチについて
海外時計の輸入総代理店「プリンチペプリヴェ」が展開する「PRINCIPE Watches(プリンチペ ウォッチ)」は、数々の海外時計の輸入総代理店を務めてきた経験から時代にあったデザイン、品質を低価格で提供することを目的に2019年にスタートしました。スマートフォンの普及によって、時間を知るという意味での価値が薄れてきている腕時計。そんな中で今を生きる若者にアナログ時計の魅力を知るきっかけになれば.....。との思いから製作されています。機械式時計の入り口として、また、腕時計の価値を再認識するきっかけのひとつとして、このプロジェクトで一人でも多くの方に腕時計の世界を知っていただければ幸いです。

 

PR TIMESプレスリリース詳細へ

 

提供:PR TIMES 

 

バックナンバー
トピックボードAD
  • ブックス・レビュー
  • 本当は怖い住宅購入
  • 財新
  • 最新の週刊東洋経済
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
北朝鮮が「新戦略兵器」?<br>強硬姿勢アピールの舞台裏

昨年末「新たな戦略兵器」との発言が報じられた金正恩委員長。強硬路線を取るとみられたものの、報告内容をよく読むと「自力更生」と経済の重視に力点があります。北朝鮮、米国、韓国、日本それぞれの立ち位置を考察します。