[ ミントフラッグ株式会社 ]

イングリッシュアドベンチャーRPG『マグナとふしぎの少女』が「第16回 日本 e-Learning 大賞」の特別部門賞 「AI・人工知能特別部門賞」を受賞

リリース発行企業:ミントフラッグ株式会社

国内最高峰のエンターテインメント性を兼ね備えた英語学習アプリが受賞!



映画数本分以上の3Dアニメーションと、多彩なミニゲームを楽しみながら、英語の「聞く力」や「話す力」を高められるiOS/Android対応アプリ、イングリッシュアドベンチャーRPG『マグナとふしぎの少女』を提供するミントフラッグ株式会社(本社:東京都渋谷区、代表取締役:片山崇)は、同作品にて「第16回 日本 e-Learning 大賞」の「特別部門賞 AI・人工知能特別部門賞」を受賞致しました。



■『日本e-Learning大賞』とは?
『日本e-Learning大賞』は、企業・学校・自治体などにおける、eラーニングを活用したコンテンツ・サービス・ソリューションの中からとくに優れたものを選出するアワードです。経済産業省、文部科学省、総務省、厚生労働省の4つの大臣賞が付与されるのは教育をテーマとしたアワードの中では他に例がなく、毎年大きな注目を集めています。
[画像1: https://prtimes.jp/i/27398/26/resize/d27398-26-593361-0.jpg ]

 

▼受賞掲載
https://www.elearningawards.jp/award-winner/

<「マグナとふしぎの少女」の特徴>

■NGSLに沿った英単語を優先的に学習できるアプリ

『マグナとふしぎの少女』は、一般的な日常会話、テレビ・ラジオ番組、英語テキスト等で使用される頻出の基本英単語をまとめたNGSL(New Generation Service List)に沿って、使用頻度順が高い語彙2800語を優先的に学習できるように設計された学習アプリです。オリジナルのストーリーを楽しみながらヒヤリング、リーディング、ライティング能力を高められるようなコンテンツが実装されております。
※収録単語は随時アップデート中です

■独自の発音システムやAI技術が学習をサポート

独自開発の「音声認識技術」を活用した発音チェック機能を搭載している他、AIがプレイヤーの発音をチェックしてフィードバック。正しい発音が身に着くことはもちろん、気が付けば単語やフレーズもどんどん覚えています。
また、プレイヤーの英語習熟度に応じて、AIが出題難易度を自動的に調整したり、間違えた単語を学習状況などに応じて再露出するなどの学習サポートを行います。

■社会連携性

「マグナとふしぎの少女」は産学共同による活動を行なっており、全国の小学校や劇場などでアプリの世界観を実現した英語ミュージカルを実施しております。2018年は約11000人に観覧いただきました。2019年も継続してミュージカル公演を行っており、アプリとリアルを連動した英語体験を実現しています。

『マグナとふしぎの少女』の特徴

[画像2: https://prtimes.jp/i/27398/26/resize/d27398-26-916565-1.jpg ]

[画像3: https://prtimes.jp/i/27398/26/resize/d27398-26-634738-2.jpg ]

 

ダウンロードはこちら

[画像4: https://prtimes.jp/i/27398/26/resize/d27398-26-591659-3.jpg ]

 

●『マグナとふしぎの少女』とは?

■ゲーム概要
タイトル:マグナとふしぎの少女
ジャンル:イングリッシュアドベンチャーRPG
対応端末:iOS, Android
サービス地域:日本
サービス開始日:2017年
価格:基本プレイ無料(一部アイテム課金)
企画/開発:ミントフラッグ株式会社
公式サイト:http://magna.mintflag.com/
公式ツイッター:@Magna_mint ( https://twitter.com/magna_mint
(C) MINTFLAG Inc. All Rights Reserved.

※Android、Google Playは、Google Inc.の商標または登録商標です。
※iPhone、iTunesおよびApp Storeは、米国およびその他の国々で登録されたApple Inc.の商標です。
※記載されている会社名および製品名は、各社の登録商標または商標です。
※記載されている内容は、発表日現在のものです。その後予告なしに変更されることがあります。

 

PR TIMESプレスリリース詳細へ

 

提供:PR TIMES 

 

バックナンバー
トピックボードAD
  • ニッポンの出産は安心・安全なのか
  • Amazon週間ビジネス・経済書ランキング
  • 令和の新教養
  • 読んでナットク経済学「キホンのき」
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
頂上決戦!ユニクロvs. ZARA<br>ファストファッション新時代

「フォーエバー21」が経営破綻し「H&M」も販売不振。世界のアパレル市場をリードするのは、首位を独走する「ZARA」と、猛追する「ユニクロ」となった。両社に加え、新興勢力の「ワークマン」「デカトロン」も含めた勝ち残り合戦を追う。