[ センスウェイ株式会社 ]

センスウェイ、IoTを活用したHACCP対応温度管理ソリューションサービス「サーマルコネクト」の提供開始

リリース発行企業:センスウェイ株式会社

~LoRaWAN(TM)対応冷蔵庫温度センサーを初期費用0円、月額料金制で低コストに導入~



IoT通信プラットフォームサービスを提供するセンスウェイ株式会社(本社::東京都中央区 代表取締役社長:神保 雄三 以下、センスウェイ)は、2018年6月に公布されたHACCP(ハサップ)に沿った食品衛生管理へ対応する食品事業者のため、IoTによるHACCP対応温度管理ソリューションサービス「サーマルコネクト(THERMAL CONNECT)」の提供を2019年9月2日より開始します。サービス開始記念として、初月基本料無料、先着5社にセンサー1台無償提供のキャンペーンを実施致します。



センスウェイはIoTプラットフォームをコアサービスとしている中、スマートシティ、スマートファクトリー、スマートインフラなどの様々な産業分野におけるIoTソリューションの開発に取り組んでまいりました。なかでも流通分野におけるHACCP対応でのIoT活用に対するお問い合わせを多くいただいてきました。
[画像1: https://prtimes.jp/i/37700/6/resize/d37700-6-661344-3.png ]

HACCPは国際標準の食品衛生管理規格で、改正食品衛生法により2020年6月から原則として全ての食品製造業、食品販売事業者等がHACCPに沿った衛生管理に取り組むことが義務付けられました。今後、食品製造業、食品販売事業者は、冷蔵庫など食品保管場所の温度データの継続的な収集・管理が必要になり、管理業務の増加が懸念されています。

厚生労働省の調査(※1)によると、食品製造業、食品販売業事業者等へのHACCP導入状況は、「関心があるが、具体的に検討していない」施設の割合が、多くの業種で約20%~40%となっており、具体的な取り組みが遅れている状況です。このうち、年間販売額別では5,000万円~3億円未満の企業が約40%となっており、導入が進む余地があると考えられます。

日本政策金融公庫の食品事業者へのHACCP導入に関する調査(※2)では、課題として「HACCP導入後に掛かるモニタリングや記録管理コスト」が44.7%と管理コストが課題となっています。
(※1) 厚生労働省 「HACCPの普及・導入支援のための実態調査結果」
(※2) 日本政策金融公庫「食品製造業者の8割超がHACCP導入に意欲」

そこでセンスウェイは、IoTによる導入、管理コストを抑えた初期費用0円、月額料金制の温度管理ソリューションサービス「サーマルコネクト(THERMAL CONNECT)」をリリースしました。初期導入コスト不要で、かんたんにセンサーの設置が行えます。低消費電力の通信規格LoRaWAN(※3)対応温度センサーで冷蔵庫内の温度を測定し、クラウド上でデータを一元管理することで、リアルタイムにデータの確認ができます。
(※3) LoRaWAN™:全世界で500以上の通信キャリア・企業が加盟するLoRaAlliance™により、規格・仕様が策定されているグローバルでオープンなIoT向けの無線規格。IoTのための無線通信技術(LPWA)の1つで、従来の通信技術に比べ少ない消費電力で長距離通信できるのが特徴。

システム構成図
[画像2: https://prtimes.jp/i/37700/6/resize/d37700-6-635417-1.png ]

 

本サービスの特徴は以下の通りです。
価格:初期費用不要。サービス基本料9,800円/月(アプリケーション、通信費、室内用基地局含む)、センサー1台980円/月から利用可能
導入:温度センサーはマグネットでかんたんに設置できます。
運用:低消費電力のLoRaWAN対応温度センサーでデータ取得の自動化と、長寿命バッテリーで約5年稼働し管理コストを削減します。室内用基地局はセンサー接続台数無制限でセンサー増減に対応します。
管理:専用アプリケーションで遠隔から温度データを一元管理、マルチデバイスで閲覧できます。異常値検出時にメールでアラート送信。収集したデータはCSV出力でき報告書作成が行えます。

今後、食品製造業者、飲食品販売事業者、給食・食堂事業者等のHACCP対応に本温度管理ソリューションサービスを提供し、3年間で150社に導入を目指します。センスウェイでは引き続きお客様のニーズの高い分野において、IoTソリューションサービスをパートナー企業とともに開発してまいります。

お申込み
URL:https://www.senseway.net/tc/
Webサイトにて8月27日より先行予約を開始、9月2日より本サービスの提供を開始します。

 

サービス概要・価格

[表: https://prtimes.jp/data/corp/37700/table/6_1.jpg ]

 

※最低利用期間は12か月となります。

サーマルコネクト サービス開始キャンペーン

温度管理ソリューションサービス「サーマルコネクト(THERMAL CONNECT)」のサービス開始にあわせて特別キャンペーンを実施致します。キャンペーン期間中にお申込いただいたお客様に以下の特典をご提供いたします。
キャンペーン期間:2019年8月27日~11月30日申込受付分

【キャンペーン特典】
●初月月額基本料(9,800円)無料
●温度センサー1台無償提供(先着5社 1社1台まで)※センサーのみキャンペーン期間中であっても、予定数に達し次第終了となります。
詳細はWebサイトをご覧ください。

アプリケーションKOKOCHI

三和通信工業株式会社(福岡市城南区荒江1丁目6-11)が開発した温湿度管理システム「KOKOCHI」によって、複数の温湿度データを一つのアプリケーションで一元管理できます。

[画像3: https://prtimes.jp/i/37700/6/resize/d37700-6-843022-2.png ]

・冷蔵庫、冷凍庫など食品保管場所の温度・湿度データを一覧表示
・クラウド型のためインターネット環境があれば、スマートフォンやタブレットからでも閲覧可能
・温度湿度の異常値を検知して、パソコンやスマートフォンにアラート通知可能
・取得したデータはCSV出力可能で、報告書作成に利用できます。

 

温度センサー 冷蔵庫センサー NETVOX社 R718A

低消費電力のLoRaWAN対応温度センサーで冷蔵庫内の温度、湿度を15分間隔で計測します。配線なしでマグネットで設置可能です。

[画像4: https://prtimes.jp/i/37700/6/resize/d37700-6-237046-0.png ]

・HACCPとは
HACCPとは、Hazard Analysis and Critical Control Pointの略称で、食品製造における安全衛生管理の国際規格です。食品等事業者自らが原材料の入荷から製品の出荷まで製造プロセス全体で、予測される危害要因を分析して、重要管理点を定め管理、記録する衛生管理の手法です。
日本では改正食品衛生法により、2020年6月から原則全ての食品等事業者はHACCPに沿った衛生管理に取組むことが義務付けられました。

・センスウェイ株式会社 [WEB]https://www.senseway.net/
センスウェイは、IoTサービスを提供するソリューションカンパニーです。IoTで必須の通信技術であるLPWAのLoRaWAN™による通信プラットフォームサービスをコアサービスとしております。また国内でのIoT先進事例を構築する為の企画・開発・実証実験の支援、アプリケーションやデバイスを含めたIoTに関わるワンストップ・ソリューションサービスも提供しております。
・Senseway 通信プラットフォーム : https://service.senseway.net/

LoRa(R)、LoRaWAN、関連するロゴ、および当ウェブサイトで使用されるその他の Semtech Corporation. の商標は、米国およびその他の国における登録商標または商標です。

 

PR TIMESプレスリリース詳細へ

 

提供:PR TIMES 

 

バックナンバー
トピックボードAD
  • はじまりの食卓
  • 岐路に立つ日本の財政
  • ゴルフとおカネの切っても切れない関係
  • 競馬好きエコノミストの市場深読み劇場
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
名門ホテル激変<br>高級化路線の成否

9月12日、ジ・オークラ・トーキョーが開業した。4年の歳月と建て替え総工費約1100億円をかけ、世界のラグジュアリーホテルに伍して戦える施設に生まれ変わった。パレスホテルなどの成功例も加え、日本のグランドホテルの未来を占う。