[ 株式会社ドリームホップ ]

ストレスチェックALARTが多言語化に対応

リリース発行企業:株式会社ドリームホップ

10ヶ国語によるストレスチェック実施が可能に



人事・労務サービスを提供する株式会社ドリームホップ(東京都新宿区、代表取締役 稲垣義文、以下 ドリームホップ)は、ストレスチェックALARTの多言語化に対応します。

2014年のサービス開始以来、官公庁、民間企業を含め約1200社40万人のお客さまに「ストレスチェックALART」をご利用いただいておりますが、近年のグローバル化や社会情勢の変化に伴う外国人労働者増加に伴い、多言語でのストレスチェック実施ニーズが増えております。そのニーズに応えるため、2019年4月1日より従来の日本語、英語に加えて新たに8ヶ国語でのストレスチェック受検に対応いたします。

 今後もお客さまの求める必要な言語対応を順次追加し、企業のグローバル化を支援してまいります。

【追加機能の概要】
1)ストレスチェックALART「57項目」の多言語によるストレスチェック受検(紙受検)が可能
2)ストレスチェック受検後、ストレスチェック個人結果票を多言語で返却が可能
3)追加言語:中国語、ベトナム語、韓国語、ポルトガル語、タガログ語(フィリピン語)、フランス語、ネパール語、インドネシア語

【価格】
多言語 紙受検オプション:10名12,000円(1名あたり1,200円)
*調査票、結果票以外の同封物は別途見積もり

■株式会社ドリームホップ会社概要
2005年6月設立。資本金1,650万円。代表取締役 稲垣義文。
人事・労務ソリューションの提供。
〒160-0016 東京都新宿区信濃町11-3 AK信濃町ビル
URL: https://www.dreamhop.com/

 

PR TIMESプレスリリース詳細へ

 

提供:PR TIMES 

 

バックナンバー
トピックボードAD
  • 「非会社員」の知られざる稼ぎ方
  • 日本野球の今そこにある危機
  • さとり世代は日本を救うか?
  • トクを積む習慣
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
ZOZOに立ちはだかる<br>「ゾゾ離れ」より深刻な課題

盤石だったZOZOの収益基盤が揺らぎ始めた。常時割引の有料会員サービスで混乱を招いたが、さらに深刻な事態が。今年度の通期業績が上場後初の営業減益になる見通しとなったのだ。上場以来最大の正念場を乗り越えることができるか?