[ 株式会社グローバル・ハーツ ]

石野卓球、大沢伸一(MONDO GROSSO)、SEIHO-TECHNO SET-と日本のトップクリエイターが一堂に渋谷SOUND MUSEUM VISIONに集結。

リリース発行企業:株式会社グローバル・ハーツ

11/24(土)にSOUND MUSEUM VISIONにて人気PARTY"TECHNO INVADERS "を開催。
出演者には電気グルーヴの石野 卓球、大沢伸一(MONDO GROSSO)、SEIHO-TECHNO SET-がテクノセットを披露する。


出演者情報

[画像1: https://prtimes.jp/i/24165/445/resize/d24165-445-358601-0.jpg ]

石野 卓球
1989年にピエール瀧らと”電気グルーヴ”を結成。1995年には初のソロアルバム『DOVE LOVES DUB』をリリース、この頃から本格的にDJとしての活動もスタートする。1997年からはヨーロッパを中心とした海外での活動も積極的に行い始め、1998年にはベルリンで行われる世界最大のテクノ・フェスティバル”Love Parade”のFinal Gatheringで150万人の前でプレイした。1999年から2013年までは1万人以上を集める日本最大の大型屋内レイヴ”WIRE”を主宰し、精力的に海外のDJ/アーティストを日本に紹介している。2012年7月には1999年より2011年までにWIRE COMPILATIONに提供した楽曲を集めたDisc1と未発表音源などをコンパイルしたDisc2との2枚組『WIRE TRAX 1999-2012』をリリース。2015年12月には、New Orderのニュー・アルバム『Music Complete』からのシングルカット曲『Tutti Frutti』のリミックスを日本人で唯一担当した。そして2016年8月、前作から6年振りとなるソロアルバム『LUNATIQUE』、12月にはリミックスアルバム『EUQITANUL』をリリース。

2017年12月27日に1年4カ月ぶりの最新ソロアルバム『ACID TEKNO DISKO BEATz』をリリースし、2018年1月24日にはこれまでのソロワークを8枚組にまとめた『Takkyu Ishino Works 1983~2017』リリース。現在、DJ/プロデューサー、リミキサーとして多彩な活動をおこなっている。

www.takkyuishino.com

[画像2: https://prtimes.jp/i/24165/445/resize/d24165-445-733769-1.jpg ]

 

SHINICHI OSAKA(MONDO GROSSO)
音楽家、DJ、プロデューサー、選曲家。リミックスを含むプロデュースワークでBOYS NOIZE、BENNY BENASSI、ALEX GOHER、安室奈美恵、JUJU、山下智久などを手がける他、広告音楽、空間音楽やサウンドトラックの制作、アナログレコードにフォーカスしたミュージックバーをプロデュースするなど幅広く活躍。2017年14年振りとなるMONDO GROSSOのアルバム『何度でも新しく生まれる』をリリース。iTunesアルバム総合チャート1位、オリコンアルバムランキング8位、満島ひかりが歌う「ラビリンス」ミュージックビデオが1000万回以上再生されるなど音楽シーンの話題となった。今年3/21には続編アルバム『Attune/Detune』もリリース。

www.shinichi-osawa.com
www.mondogrosso.com

[画像3: https://prtimes.jp/i/24165/445/resize/d24165-445-831075-2.jpg ]

SEIHO -TECHNO SET-
アシッドジャズが鳴りまくっていた大阪の寿司屋の長男にして、2013 年、中田ヤスタカらと並び MTV 注目のプロデューサ ー7人に選出され、Sonar Sound Tokyo に国内アーティストとしては初の2年連続出演(2012/2013 年)、Mount Kimbie、2 Many DJ’s、Capital Cities、Disclosure、Flying Lotus らの日本ツアー・オープニングまたは共演、そして同郷 Avec Avec とのポップデュオ Sugar’s Campaign でも注目度↑↑↑のトラックメイカー兼 DJ 兼プロデューサー。自身が主催するレー ベル Day Tripper Records より 1st アルバム『Mercury』(2012)、2ndアルバム『Abstraktsex』(2013)をリリース。2014 年 2 月にはブルックリン拠点 Obey City(LuckyMe)とのスプリット EP『Shochu Sounds』を Perfect Touch よりリリースしている。 また、他アーティストへのプロデュースやリミックス・ワークとして、Les Sins(Toro Y Moi)、YUKI、矢野顕子、Ryan Hemsworth、LoFiFNK、東京女子流、パスピエ、さらうんど、KLOOZ、三浦大知などを、また、CM 音楽や TV 番組のサウン ド・プロデュースなども多く手掛けている。

2016 年 5 月、最新アルバム『Collapse』を米 Leaving Records/Stones Throw より(国内盤はボーナス・トラックを追加 収録し、Beat Records より)リリース。

http://www.seihooo.com/

イベント詳細

11月24日(土)
TECHNO INVADERS
Open 22:00

前売り : ¥3,000
当日 : ¥3,500

《前売券》
e+
goo.gl/teHjnX
iFLYER
https://iflyer.tv/ja/event/308191/
clubberia
https://clubberia.com/ja/events/282054/
-------------------------------------------------------------------------------
LINE UP

[GAIA]
ACT:
石野卓球
SHINICHI OSAWA(MONDO GROSSO)
SEIHO -TECHNO SET-
taros
LIKO

[D-LOUNGE]
DJ:
HAYAMI
Chrumi
KANAMI
KEN1
Highball
FUMIX
VUCA
Wk
mizutasss
ムネ肉a.k.aのぶなが
D.Moon

2018年のTECHNO INVADERSは石野卓球、砂原良徳を筆頭に DJ KRUSH、TOWA TEI、
SHINICHI OSAWA、KEN ISHII、agraph、Licaxxx、 Monjoe(yahyel)、DJ KYOKO、
ELLI ARAKAWAといった他に類を見ない多彩なラインナップでオーディエンスの心を掴み、
常にテクノの可能性を求めて新たな試みをしてきた。
前回はtofubeatsが出演し、彼の音楽性の幅広さを再認識したファンも多いであろう。

今回も、石野卓球を筆頭に、MONDO GROSSOとしても活動し、日本が世界に誇るDJ、
プロデューサーのSHINICHI OSAWAが登場。
更に、過去にはMTV注目のプロデューサー7人に選出され、2016年にはアメリカのレーベル、
Leaving Records/Stones Throwよりリリースし世界的にも注目されているSEIHOが貴重なTECHNO SETを披露。
一言では表せない彼の音楽性がTECHNOという形で表現され、石野卓球、SHINICHI OSAWAと共に
繰り出される美しくパワフルな音の攻撃を受けあなたは絶頂へと達するであろう。

[画像4: https://prtimes.jp/i/24165/445/resize/d24165-445-678623-3.jpg ]

 

PR TIMESプレスリリース詳細へ

 

提供:PR TIMES 

 

バックナンバー
トピックボードAD
  • 北朝鮮ニュース
  • 日本野球の今そこにある危機
  • 競馬好きエコノミストの市場深読み劇場
  • 離婚のリアル
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
背水のフジテレビ<br>500日の苦闘

日枝会長が退き宮内新体制が発足してから1年半。増益に転じたが視聴率は低迷を続ける。長寿番組の打ち切りが象徴する大胆な編成改革に加え、組織もコストも抜本的に見直した。背水の陣を敷く同社の人間ドラマを追う。