[ 株式会社タレントアンドアセスメント ]

学校法人向けのAI面接サービス「SHaiN for Education」の提供開始

リリース発行企業:株式会社タレントアンドアセスメント

~就職に向けたキャリア教育を応援~



株式会社タレントアンドアセスメント(本社:東京都港区、代表取締役:山崎俊明、以下タレントアンドアセスメント)は、AI面接サービスSHaiN(シャイン、以下SHaiN)の学校法人向け新サービス「SHaiN for Education」を11月5日(月)より提供開始することをお知らせいたします。



[画像1: https://prtimes.jp/i/11421/32/resize/d11421-32-622155-0.png ]

 

サービス概要

 SHaiN for Educationは、採用試験を実施している企業向けに提供していたSHaiNを、就職活動に伴うキャリア教育に活用していただくため、学校法人向けにカスタマイズしたサービスです。
 経団連の就活ルール廃止に伴い、これまで以上に就職に向けたキャリア教育の重要性が高まっています。このような時代背景のなか、SHaiN for Educationをキャリア教育の一環としてご活用いただくことで、学生の資質を深く理解し、より効果的な進路指導や本人に合った企業選びのサポートが可能になります。

【受付開始日】2018年11月5日(月)
【対   象】学校法人のみ
【価   格】30万円パック、50万円パック、100万円パック(※)のいずれか
【申し込み手順】お問い合わせフォーム( https://www.taleasse.co.jp/contact/ )より「ご利用希望」と明記の上、ご連絡ください。
※詳細については比較表をご覧ください。

 

導入効果

 キャリアサポートセンターにおいては、学生の資質をより深く理解できるため、(1)適職のアドバイスができ、(2)就職に備えた、学生生活の過ごし方を指導できるようになります。
 また、学生にとってはキャリアサポートセンターから手厚い就職サポートを受けられるため、(1)就職の満足度が上がり、(2)ミスマッチを防ぐ効果により、離職率を低下させることができます。

 

SHaiNとSHaiN for Educationの比較

[画像2: https://prtimes.jp/i/11421/32/resize/d11421-32-107950-1.jpg ]

 

SHaiNについて https://www.taleasse.co.jp/shain/


[画像3: https://prtimes.jp/i/11421/32/resize/d11421-32-154935-2.png ]

タレントアンドアセスメントが開発した戦略採用メソッドをもとに、AIが人間の代わりに採用面接を実施し、応募者の資質を分析して面接評価レポートを提供するサービスです。2017年10月から提供を開始し、現在は大手、中堅、中小企業問わず、既に40社以上の企業で導入され、その他にも200社以上の企業でご検討いただいています。また、地方自治体でも導入が開始されています。
 人間による採用面接で課題視されてきた評価のばらつきが改善され、採用基準の統一が図れます。また、SHaiNと連携したスマートフォンやロボットで24時間場所を問わず採用面接が可能となり、他社と選考がバッティングするなどの機会損失を減らせるようになります。

■会社概要
会社名   株式会社タレントアンドアセスメント
所在地   東京都港区浜松町1-22-5 KDX浜松町センタービル5F
代表者   代表取締役 山崎俊明
設立    2014年10月
資本金   1億2,020万円(資本準備金を含む)
事業内容  戦略採用メソッド事業/人材採用・育成サポート事業/メディアプロデュース事業
URL    https://www.taleasse.co.jp/

 

PR TIMESプレスリリース詳細へ

 

提供:PR TIMES 

 

バックナンバー
トピックボードAD
  • 貧困に喘ぐ女性の現実
  • ほしいのは「つかれない家族」
  • 若者のための経済学
  • 「日本の外交」超入門
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
白川日銀前総裁インタビュー<br>中央銀行の役割とは

退任から5年半。総裁就任前を含め、日銀とともにあった足跡を記した著書『中央銀行』が出版された。なぜ今沈黙を破ったか、金融政策が数々の批判にさらされたのはなぜか。日本経済の持続可能性への思い、中央銀行の果たすべき役割とは。