[ 株式会社キッチハイク ]

「食コミュニティ」を運営するキッチハイク、サッポロビールと業務提携を締結し、新サービス「HOPPIN’ GARAGE」をリリース

リリース発行企業:株式会社キッチハイク

ビール創りの文化に、“ユーザーイノベーション”の波を起こす



食べることが好きな人とつながる食コミュニティ「キッチハイク」を運営する株式会社キッチハイク(所在地:東京都台東区 共同代表:山本雅也 / 藤崎祥見 以下「キッチハイク」)は10月22日、サッポロビール株式会社(所在地:東京都渋谷区 代表取締役:高島英也、以下「サッポロビール」)と業務提携を締結した。
また、この提携の目的となる新サービス「HOPPIN’ GARAGE」では、サッポロビールがビール業界において初のプラットフォームを提供。キッチハイクは、ビール好きがつながる各種イベントを開催できる仕組みを提供し、コミュニティを盛り上げる。



[画像1: https://prtimes.jp/i/6899/21/resize/d6899-21-915848-3.jpg ]

■「HOPPIN’ GARAGE」が目指す世界
[画像2: https://prtimes.jp/i/6899/21/resize/d6899-21-337483-0.png ]

本取り組みの目玉企画は、公募から選ばれた一般消費者のビール創りのアイデアをサッポロビールが実際に製造し、出来上がったビールをサイト上で企画したイベントでシェアできること。更に反響の良かったビールはその後一般発売される可能性もある。
また、著名人がビールを創る体験記などのコンテンツも配信する。

日本においては、個人でのビール製造は酒税法上認められておらず、“一部のビールメーカーのみ”に製造が許されていた。今回そのひとつであるサッポロビールが、率先してビール創りのアイデアを一般消費者に問うことで、今までにない“ユーザーイノベーション”の波を起こす。

▼HOPPIN’ GARAGE公式サイト(サッポロビール)
https://www.hoppin-garage.com

[画像3: https://prtimes.jp/i/6899/21/resize/d6899-21-829901-10.jpg ]

 

■ビール好きが交流できるリアルイベントを開催
[画像4: https://prtimes.jp/i/6899/21/resize/d6899-21-149137-7.jpg ]

キッチハイクは、ビール好きが交流できるリアルイベントを継続的に開催できる仕組みを提供し、コミュニティ全体を盛り上げていく役割を担う。
ユーザーはキッチハイクのアプリを通し、ビール好きな人気COOK(料理人)が主催するおつまみ会に参加したり、自分が選んだビアバーに集まるイベントを企画することができる。

ユーザー同士が実際に会って交流し持続的な関係性を構築することで、「HOPPIN’ GARAGE」の目指す世界の実現を後押しする。

▼HOPPIN’ GARAGE関連イベント一覧(キッチハイク)
https://kitchhike.com/brand_portfolios/5bc57836528beb3a2ad67247

■ 両社代表からのコメント

*サッポロビール株式会社 取締役執行役員:林 直樹
「当社が保有するビールに関する技術力・商品開発力やビール好きとの接点に、キッチハイク様が有するCtoCプラットフォームと「食べることが好きな」食に感度の高いコミュニティが重なることで、ユーザーイノベーションを推進する裾野の広いビールコミュニティが誕生します。このことはビールの新たな価値創造を目指す当社、コミュニティの更なる拡大を目指すキッチハイク様、双方にとってまさにWin-Winな業務提携と考えます。お互い手を携えてHOPPIN’ GARAGEを盛り上げていきたいと思います。」

*株式会社キッチハイク 共同代表:山本 雅也 / 藤崎 祥見
「140年以上前から製品造りにこだわり、広く愛されるビール市場を創造し、今も新しい挑戦を続けるサッポロビール様と協業でき、とても光栄に思います。Hoppin’ Garage は、ビールの歴史に刻まれる象徴的なプロジェクトになります。ビール業界初のユーザーイノベーション領域に、キッチハイクのプラットフォームを連携させることで、ビールコミュニティのさらなる醸成を行います。ビールをきっかけにつながる豊かな暮らしを提供するべく、盛り上げていきます。あとは、自分自身がビール大好きなので、本当に楽しいです。」

【株式会社キッチハイクについて】
「食でつながる暮らしをつくる」をミッションに掲げる。2013年5月にKitchHike(β版)をローンチ。2017年にモバイルアプリをリリース後、累計1万人が食卓を囲むサービスに成長し、Mistletoe・メルカリなどから2億円の資金調達を実施。同年、書籍「キッチハイク!」(著:山本雅也 / 集英社)を出版。2018年より、地域のごはん会「みんなの食卓」、お店に集まるごはん会「みんなでお店」の開催エリアを拡大。現在、iOS・Androidのアプリ機能充実、事業拡大などに向けて、積極的に人材採用中。

【取材受付について】
本リリースに関する取材をご希望の方は下記までご連絡ください。
連絡先:info@kitchhike.com

【10/29(月)まで!アプリダウンロードキャンペーン実施中】
今だけ、イベント参加費が0円になるキャンペーン中!
アプリではじめてログインした人限定なので、キッチハイクを始めたい人は今がチャンス!

▼詳しくはこちら
http://blog.kitchhike.com/app-campaign-2-201810/

▼アプリダウンロード
・iOS版(App Store)
https://appsto.re/jp/A-6Wkb.i

・Android版(Google Play)
https://play.google.com/store/apps/details?id=com.kitchhike.app

-------------------------------------
*共同代表:山本雅也 / 藤崎祥見
*サービス開始:2013年5月20日
*所在地:東京都台東区東上野4-13-9 ROUTE89 BLDG.4F
*サイトURL:https://kitchhike.com/
*コーポレートページ:https://kitchhike.jp/
*募集中の人材:https://www.wantedly.com/companies/kitchhike/projects

 

PR TIMESプレスリリース詳細へ

 

提供:PR TIMES 

 

バックナンバー
トピックボードAD
  • 「非会社員」の知られざる稼ぎ方
  • 就職四季報プラスワン
  • 山本シンヤが迫るクルマ開発者の本音
  • 中学受験のリアル
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
海外進出、そして株式上場へ<br>新日本プロレスの復活と野望

どん底の2000年代を経て鮮やかなV字回復を果たしたプロレス界の雄。キャラクターの異なるスター選手を複数抱え、観客の4割は女性だ。外国人経営者の下、動画配信や海外興行など攻めの姿勢を見せる。株式上場も視野に入ってきた。