TOKYO金融カンファレンス2022-2023

お申し込み

サステナブルファイナンスの本質 事業活動を通じた持続可能な社会の実現と企業価値向上を支援する サステナブルファイナンスの本質 事業活動を通じた持続可能な社会の実現と企業価値向上を支援する

様々な課題を抱え、世界は今起点に立っています。

人々の生活の根幹である経済活動における取組みが喫緊とされる中、
「企業価値は社会に必要とされる製品やサービスを持続的に提供することにより向上し、
投資家は社会に必要とされる事業へ資金を提供することで
社会へ貢献すると同時にリターンを得ることが可能である」、
といった原点に回帰し、資本市場関係者全体で、
「金融市場」が果たすべき役割について社会への実装へと進めます。

第一部概論 サステナブルファイナンスの現在と未来

基調講演

サステナビリティを巡り注視すべき5つの視点

サステナビリティを巡り様々な動きがありますが、以下の五点に着目することが重要です。第一にサステナビリティ情報開示基準が統合化に向かうという点。第二にサステナビリティ・ガバナンスの高度化が必要となること。第三に機関投資家のエンゲージメント・ESG投資はますます活発化する点。第四として企業経営におけるサステナビリティ活動と事業活動との同心円化が望まれること。最後の第五点としてインベストメントチェーン全体における的確なるモニタリングが必要となることです。これらについて詳説します。

北川 哲雄 氏

青山学院大学名誉教授
東京都立大学特任教授

北川 哲雄

早稲田大学商学部卒、同大学院修士課程修了。中央大学大学院博士課程修了。博士(経済学博士)。シンクタンク研究員、運用機関リサーチャーを経て2005年より青山学院大学大学院国際マネジメント研究科教授。2019年より現職。近編著に『バックキャスト思考とESG/SDGs投資』(同文館出版、2019年)がある。主な社会的活動として、ESG情報開示研究会代表理事、全米IR協会(NIRI)会員、国際ガバナンスネットワーク(ICGN)会員。

PROFILE
サステナビリティを巡り注視すべき5つの視点 動画 視聴には登録が必要です お申し込みはこちら ▶

特別講演

Purpose, Profit and Prosperity
〜企業の目的、利益、そして繁栄

コリン・メイヤー 氏

オックスフォード大学
サイードビジネススクール
教授
ブラヴァトニック行政大学院
客員教授

コリン・メイヤー

1953年生まれ。オックスフォード大学卒業、同大学経済学博士。1994年より現職。2006‐11年まで同経営大学院の初代学院長を務めた。ブリティッシュ・アカデミー「企業の未来」リサーチプログラムのアカデミック代表として、企業と社会の関係の変遷について研究している。2017年、大英帝国勲章CBE(Commander of the Order of the British Empire)を与えられた。

PROFILE
Purpose, Profit and Prosperity〜企業の目的、利益、そして繁栄 視聴には登録が必要です お申し込みはこちら ▶

鼎談

企業があるべき姿、投資家のあるべき姿

ESG投資を取り巻く環境は、コロナ禍を経由して資本市場の在り方を含めた議論に先鋭化し、企業の目的を巡る社会規範は大きく変化しています。本鼎談では、アベノミクス以降の「株主主権の強化を通したイノベーションの促進と経済のダイナミクス回復」という道筋が未完のまま、かかる変化を受けている点を基礎的認識とし、企業と投資家がイノベーションと経済的価値向上を実現しながら社会的課題に取り組む方法について議論します。

宮島 英昭 氏

早稲田大学 常任理事
商学学術院 教授
早稲田大学高等研究所 顧問

宮島 英昭

立教大学経済学部卒業、東京大学大学院経済学研究科博士課程単位取得修了、早稲田大学商学博士。東京大学社会科学研究所助手、ハーバード大学ライシャワー研究所客員研究員などを経て現職。RIETIファカルティフェロー。研究テーマは、日本経済論、企業統治。

PROFILE
小木曽 麻里 氏

株式会社
SDGインパクトジャパン
Co CEO

小木曽 麻里

世界銀行にてインフラ、資本市場スペシャリストを歴任した後、世界銀行グループ投資保証機関(MIGA)東京事務所長。その後笹川平和財団にて2017年に当時アジア最大規模の「アジア女性インパクトファンド」を創設。また、ファーストリテイリングではダイバーシティのグローバルヘッド、人権事務局長を務め、その後2021年にSDGインパクトジャパンを設立。共同創業者兼CEOとしてESG投資の推進及びインパクトファンドの設立運営に携わる。東京大学経済学部卒、タフツ大学フレッチャー校修士(環境、金融)

PROFILE
春名 貴之 氏

株式会社かんぽ生命保険
常務執行役

春名 貴之

1991年 立命館大学経済学部経済学科卒業。同年 農林中央金庫入庫。2005年ジャパンオルタナティブ証券株式会社(現 三井物産オルタナティブインベストメンツ株式会社)に入社、投資助言部長、取締役執行役員COOを経て、2016年 株式会社かんぽ生命保険入社。執行役員運用開発部長、執行役運用企画部長を経て、2021年4月より現職。社外では一般社団法人科学と金融による未来創造イニシアティブ 理事、国立大学法人大阪大学 核物理研究センター 特任教授なども務める。

PROFILE
企業があるべき姿、投資家のあるべき姿 視聴には登録が必要です お申し込みはこちら ▶

TOP

開催概要

  • 名称

    TOKYO金融カンファレンス2022-2023サステナブルファイナンスの本質
    ~事業活動を通じた持続可能な社会の実現と企業価値向上を支援する~

  • 開催日程

    2022年5月27日(金)
    〜 2023年3月31日(金)

  • 開催形式

    オンデマンド配信

  • 参加費

    無料(登録制)

  • 参加層

    機関投資家、年金基金、企業または公共法人・学校法人の財務ご担当、など

お申し込みはこちら ▶

※本カンファレンスは、ご参加の皆様に企業情報を収集していただくものであり、
個別企業の株式購入等、投資を推奨するものではありません。

お問い合わせ

東洋経済新報社 カンファレンス事務局
corporate@toyokeizai.co.jp
(土日・祝日を除く 10:00~18:00)

主催

東洋経済新報社

協賛

T.RowePrice

後援

  • 環境省
  • 金融庁

協力

SIIF MSCI SMBC
お申し込みはこちら▶︎ 関連コンテンツ▶︎