労働力人口の減少により、営業領域でも人材確保にかげりが見え始めた昨今。顧客の購買行動もWEBの進化により変化している中で、私たちの営業活動は今まで通りでいいのでしょうか?

近年はテクノロジーの進化により営業活動の様々な領域においてITツー『SALES TECHが提供され国内でも多くの企業が導入を開始しました。特に企業の成長に欠かせない営業加速領域におけ『SALES TECH導入成功事例は、競合企業との競争を優位に進めていくうえで大きな効力を発揮している様子が確認されます。

本カンファレンスでは営業の効率化を実現した、明日からでも始められる"営業の勝ちパターン"を事例も交え一挙4社よりご紹介して参ります。

このエントリーをはてなブックマークに追加

 

開催概要

日時

会場

定員

参加費

参加対象

2019年 5月24(金)13:30~17:00(13:00開場)

三井住友銀行東館3F SMBCホール 東京都千代田区丸の内1-3-2

MAP

200  ※お申込み多数の場合は抽選となります。

無料(事前登録制)

経営企画、営業企画、マーケティングの責任者、担当者の方々

※対象外の方はご受講をお断りさせていただく場合がございます。

Opening

13:30-13:35

SALES ROBOTICS株式会社  代表取締役社長  内山  雄輝

Session1

13:35-14:15

テクノロジーがもたらす"失敗しない"インサイドセールス

受注につながる良い商談の作り方

まだアポを追いかける営業をしていませんか?「とりあえずアポの営業活動は将来の営業先を奪ってしまっている恐れがあります。お客様さまに選んでいただける商談はインサイドセールスで創出可能です。受注につながる良い商談はどう作ればいいのか、失敗しないインサイドセールスの本質をわかりやすくご紹介します。

SALES ROBOTICS株式会社  代表取締役社長  内山  雄輝 

事例企業

富士ソフト株式会社 執行役員  金融事業本部  副本部長  三田 修

株式会社マネーフォワード  クラウド経費本部  コミュニケーションデザイン部  部長  成末  庸平

Session2

14:15-14:55

株式会社Phone Appli  代表取締役社長  石原 洋介

名刺を会社の資産として活用し、

隠れ人脈まで浮き彫りにする"PhoneAppli"

大切なお客様の名刺、きちんと活用できていますか?名刺データは速く・正確に取引先データとして登録して活用するとともに、その他のデータも一体で管理することで、新しいリレーションや気付きにつながる可能性も秘めています。PhoneAppliを使うことで見えてくる、名刺データ活用のその先の新機能について、デモを交えてご紹介します。

石原  洋介氏

株式会社Phone Appli  SFDCアライアンス事業部  事業部長  飛鋪 武史

飛鋪  武史氏

Coffee Break

14:55-15:10

Session3

15:10-15:50

営業の成果を劇的に変える

マーケティングオートメーション×CRMで変革するマーケティングと営業

マーケティングオートメーションを導入する大きな目的の一つは「質の高い見込客を創出し営業にパスをすること」です。顧客のWeb来訪や閲覧ページ、メールクリックなど顧客のニーズとタイミングを把握し、より深い営業活動を実現できます。MAとCRMを駆使しマーケティングと営業活動を変革し成果を高めるシナリオをご紹介します。

toBeマーケティング株式会社  代表取締役CEO  小池 智和

Session4

15:50-16:30

新規開拓を効率的に実現する営業戦略の仕組み

Sales Techをさらに有効活用するためのデータベース戦略とは?

Sales Techがエンジンとすると、Databaseはガソリンにあたります。つまりSales Techも内部のDBが使えないものであれば、求めている成果に繋がりません。売上・利益アップの手法を事例含めご紹介します。

株式会社ランドスケイプ

営業本部  DXグループ  執行役員  湯浅 将史

Networking

16:30-17:00

※プログラムは予告なく変更する場合ございます。予めご了承ください。

 

 

お問い合わせ

東洋経済新報社 フォーラム事務局

03-3246-5599

(土日・祝日を除く 10:00~18:00)