お客様の「購買意欲」をくすぐり、「体験」という付加価値を届ける ~ モバイルファーストで実現する売上の最大化とAI活用によるロイヤルカスタマーの醸成 ~

ゲストスピーカー企業

JECCICA
TSIホールティングス
ショップジャパン
大関
近畿大学

ECの巨人アマゾンをはじめ、デジタルディスラプターと呼ばれるスタートアップ企業が、既存市場に参入し、想像を超えるスピード感で既存企業を脅かす存在となっています。
小売り・流通市場に目を向けると、「Amazon Go」や食品販売を手掛ける中国の京東(ジンドン)集団といったネットと実店舗の融合による「ラストワンマイル」へチャレンジをする企業の成長が目を引いています。
「物販」と「サービス」、さらには「体験」を掛け合わせた新たなモデルによる売り上げの向上、ファン拡大の仕掛けは、日本においても今後広がっていくことと考えられるでしょう。
2024年には27兆円へと市場規模の拡大が期待されるBtoC EC市場において、日本国内での競争が激化する中、デジタル化によるビジネスモデル変革は不可欠と言えるでしょう。
そこで本カンファレンスでは、「E‐Commerce」市場の最新動向から見えてくる課題と期待について考察します。ブランディングの強化と売上向上の両立、ECとリアルでの施策を通じた顧客体験の創造について、仕組みづくりと実践に向けたチャレンジについて事例とともに共有できればと存じます。

このエントリーをはてなブックマークに追加

開催概要

東京 大阪 名古屋
5月24日(金)13:00~17:40
(12:30 受付開始)
5月30日(木)13:00~17:40
(12:30 受付開始)
5月31日(金)13:00~17:40
(12:30 受付開始)
虎ノ門ヒルズフォーラム
4階ホールB
ブリーゼプラザ
7階 小ホール
ミッドランドホール
定員:300名 定員:180名 定員:150名
参加費 無料(事前登録制)
対 象

BtoC、BtoB企業にお勤めのEC事業部門、オムニチャネル戦略部門、顧客サービス部門、
マーケティング部門、宣伝部門、販売支援部門の部門長、ご担当者様など

プログラム

13:00-13:50
基調講演(Eコマースのトレンド)

最新の事例から見るECの課題とは?
ファンとの絆を深め、売上・利益の最大化を狙う

お客様は超高速で変化してきています。AIの急速な普及はデジタルコマースをどのように変えるのか? 迫りくる5G時代に小売流通業はどのようにすれば良いのか? 3つのポイントに絞ってお話します。

川連 一豊

一般社団法人ジャパンEコマースコンサルタント協会
代表理事

川連 一豊

PROFILE
13:50-15:25
課題解決セッション

【テーマ①】
成功する、「ECビジネスモデル」と「顧客ロイヤリティ戦略」とは?
~ AIと統合CRMで実現する、顧客との新しいつながりとオムニチャネル対策 ~

売り上げを上げるECへと転換するには、ロイヤルカスタマーの囲い込みと自社ECの取り組みが課題の焦点となっています。LTV(顧客生涯価値)の最大化を意識し、将来的な利益を見据えた明確な運用が必須です。店舗とECサイトを繋ぐ、ECxマーケティングxサービス連携で、シームレスな顧客体験を提供するSalesforceのCommerceソリューションを、マーケット調査や国内外の成功事例と共にご紹介いたします。

【テーマ②】
ECサイトの「コスト削減」と「施策のスピード化」を実現する方法とは?
~ SaaS型のECプラットフォームがECビジネスにもたらすメリットを解説 ~

やりたい施策がすぐに実施できない、AIを組み込みたいが技術的スキル・コストが追い付かない、モバイルECの取組をスピーディに行いたい、運用の手が足りないなどEC業界の共通課題が多く存在します。これらの課題を乗り越える術を、実例を交えてご覧いただきます。

※途中、15分間の休憩をはさみます。

株式会社セールスフォース・ドットコム

15:25-16:15
事例講演

「デジタルの力で、新しいステージへ」
~ 大手アパレルTSIホールディングスがモバイルファースト、
  オムニチャネル戦略で挑む、EC事業拡大とロイヤルカスタマーの醸成~

「MARGARET HOWELL」「NATURAL BEAUTY BASIC」「PEARLY GATES」など国内外約1200店舗45のファッションブランドのオムニチャネル化やモバイルファーストによるEC事業の拡大に先進的に取り組む総合アパレル企業TSIホールディングス。本講演では、Salesforce Commerce Cloudの活用によるEコマースの加速度的成長戦略、ロイヤルカスタマー醸成の手法についてお話をいたします。

柏木 又浩

株式会社TSIホールディングス 執行役員
株式会社TSIECストラテジー 代表取締役社長

柏木 又浩

PROFILE
16:15-16:55
特別講演①

ショップジャパンのマーケティング戦略『ショッピング・エンターテイメント』

ショップジャパンの強みは、動画を活用したマーケティング。ショップジャパンの動画は、単純な商品説明ではなく、エンターテイメントとして成立しているかがキー。動画は、商品の認知から購買までの態度変容に加え、お客様へお買い物の楽しさを提供する役割を担っています。ヒット商品の実例をもってお話しいたします。

岡本 哲也

株式会社オークローンマーケティング
執行役員 ショップジャパン事業統括
兼 Oak Lawn Marketing International Inc.
CEO & President

加藤 裕一郎

PROFILE
16:55‐17:35
特別講演②

東京 / 名古屋会場

イノベーションは偶然に生まれない ワンカップ大関の昨日今日明日

ワンカップ大関が発売されて2019年で55周年を迎えます。そのような節目の年に講演の機会を頂いた事に心から感謝いたします。「ワンカップ大関はなぜ、トップであり続けられるのか?」という点にスポットを当て、発売から現在に至るマーケティング、又、将来に向けたビジョンをお話したいと考えています。

長石 元一

大関株式会社
取締役商品開発部担当 兼 商品開発部長

長石 元一

PROFILE
16:55‐17:35
特別講演②

大阪会場

知と汗と涙の近大流コミュニケーション戦略

近畿大学の広報は戦略的なPR活動とメディア戦略を常に意識しており、「入れ替えなきリーグ戦」の中で、旧態依然とした大学界の常識にとらわれない広報を展開している。リリース配信本数は年間559本(2018年度)。紙の願書を廃止した「近大エコ出願」や世界初のクロマグロ完全養殖など、SNSで拡散したくなるようなクリエイティブを投入。今回はこれまでの実例を中心に、近大流のコミュニケーション戦略についてお話しします。

世耕 石弘

近畿大学
総務部長

世耕 石弘

PROFILE



お問い合わせ

東洋経済新報社 カンファレンス事務局

03-3246-5599

(土日・祝日を除く 10:00~18:00)