日本企業のグローバルビジネスは今、岐路に立っています。海外では米国のGAFAや中国のアリババ、テンセントほか、情報技術によるビジネスモデルの大きな変革に乗じて成功したユニコーンと呼ばれる新興企業が急成長を続け、その躍進のスピードは今後もさらに加速しています。一方で日本企業は高い技術力を礎にしたモノづくりで世界を凌駕した時代から久しく停滞を続け、ビジネスモデル変革の潮流に取り残されつつあります。グローバルビジネスにおいて市場で優位に立つためにこれから日本企業はどのような舵を切るべきでしょうか。

企業の競争力を高めるべく、その戦略の一つの重要な指針となるのが “自社のブランド価値”です。世界3位のGDPを誇る日本が「世界のブランド価値ランキングTop100注1の中でわずか2社しかランク入りしていない現状において、各々の地域でブランドがどのように認められているかを測り、日本国内での市場の成功やブランドの強みがグローバル展開では生かしきれていない要因を探ることで、グローバルでのブランド優位への道が開けるのではないでしょうか。

そこで、本フォーラムでは海外からの視点で日本のブランド力を見つめ直し、そのポテンシャルを最大限に引き出すマネジメントのあり方にフォーカスします。共催企業の世界最大規模のクリエイティブカンパニー、WPPグループによる日本におけるブランドの調査結果を基にした分析や、パネルディスカッションでは国内外のブランド推進の実務責任者を招き、グローバルでブランド力を持つ日本企業と海外企業それぞれの事例を通じて日本のブランドのグローバルポテンシャル、その“現在”と“未来”について検証して参ります。

注釈1  正式名称「BrandZ™ 世界でもっとも価値のあるブランドTop100:WPPグループが毎年発表するブランドランキング。

          ブランド価値の算出は、カンターのブランドエクイティ評価モデルに沿って測定されている。

このエントリーをはてなブックマークに追加

共 催

PROGRAM

〈同時通訳〉

14:00-14:15

Opening Speech

ザ・ストア WPP

チーフ エグゼクティブ オフィサー EMEA、

Asia担当

BrandZ™ / BAVグループ, チェアマン

デイヴィッド ロス

14:15-14:25

Guest Speech

衆議院議員  外務副大臣

鈴木 馨祐

14:25-15:30

Keynote

適度なバランス:

日本ブランドが海外でさらなる成功を収める為に

Finding the Right Balance:

how Japanese brands can find even more success abroad

何故、素晴らしい製品が必ずしも強いブランドになるとは限らないのでしょうか。海外市場のニーズや現地の文化に対応することの難しさ。そして、グローバルで統一された”ブランド・プロミス”と現地化とのバランスとは?

本セッションでは、世界の市場において日本企業がどのようにブランド価値を構築し、長期にわたってブランド価値を維持し続けるのかというテーマを語ります。日本だけでなく海外の事例やBrandZ™からのデータを織り交ぜながらご説明します。

ナイジェル ホリス

ドリーン ワン

カンター, チーフ グローバル アナリスト

ナイジェル ホリス

カンター, BrandZ™ グローバル ヘッド

ドリーン ワン

15:30-15:50

Break

15:50-16:50

Panel Discussion 1

“発想の転換”が日本発信のブランド価値を

世界で更に高める

~海外の消費者に私たちのブランド価値を理解させるには~

日本は文化、技術、強力なブランドで尊敬されている、世界で3番目の経済大国です。しかしながら、国境や文化を越えてマーケティングを行う時にブランドについて自ら過大に評価し過ぎる傾向にないでしょうか。また、国内と海外でブランド価値を評価する上でどのような基準があり、その違いがあるのでしょうか。ディスカッションでは海外でさらにブランドを高める要素について議論します。

モデレーター
 
 
 
 
パネリスト

福永 朱里

コニカミノルタ株式会社 専務執行役

Konica Minolta Precision Medicine, Inc. CEO

藤井 清孝

AARP (American Association of Retired Persons) 財団 ボードメンバー

元クラフト フーズ インターナショナル シニア・バイス・プレジデント

ビジネス&マーケティング

元フィリップ モリス インターナショナル バイスプレジデント

マーケティング&セールス アジア地域担当

アン ダウ

福永 朱里氏

アン ダウ氏

藤井 清孝氏

16:50-16:55

Break

16:55-18:00

Panel Discussion 2

日本からグローバルへ飛躍するスポーツマーケティング

~国境無きブランド価値を構築する~

バレーボール、テニス、陸上やラグビーなどの日本で実施される世界大会、そして来年に控えた東京オリンピック/パラリンピック。今日の日本のマーケターはワールドクラスのスポーツイベントを活用することで、日本にいながら世界中に自らのブランドを効果的に披露できることを知っています。しかし、本当にグローバルなマーケットでその目的は到達しているのでしょうか。例えば2024年に開催されるパリオリンピックなど日本以外で開催されるイベントは?本セッションでは、国境を越えて消費者に真に感情的につながるようにするために、ブランドの投資をどのように活用できるかについて、世界的な専門家と企業における責任者と議論します。

モデレーター
 
 
 
 
パネリスト

福永 朱里

ペイン スポーツ メディア ストラテジー 代表 CEO

元国際オリンピック委員会(IOC)マーケティング ブロードキャスト

ライツ ディレクター

マイケル ペイン

株式会社アシックス 取締役 スポーツマーケティング統括部長 兼

マーケティング統括部長 兼 ブランド戦略室長

松下 直樹

日本コカ・コーラ株式会社

東京2020年オリンピック ゼネラルマネジャー

髙橋 オリバー

マイケル ペイン氏

髙橋 オリバー氏

松下 直樹氏

18:00

Closing  WPPグループ

※プログラムは予告なく変更する場合ございます。予めご了承ください。

開催概要

日  時

会  場

定  員

参  加 

参加対象

2019年 11月 7(木)14:00~18:00(13:30開場)

渋谷ストリーム ホール  東京都渋谷区渋谷3-21-3 渋谷ストリーム4F

MAP

250  ※お申込み多数の場合は抽選となります。

無料(事前登録制)

企業の経営層、経営企画、ブランド推進部門などの役員、責任者の方々

※対象外の方はお申込みをお断りさせていただく場合がございます。

共 催

協 力

AKQA/バーソン・コーン&ウルフ/エッセンス/フィンズベリー/ジオメトリー/グレイ/
グループエム/ヒル・アンド・ノウルトン・ストラテジーズ/ホガス/カンター/ランドー/
メディアコム/マインドシェア/オグルヴィ/サドラー/ザ・ストアWPP/VMLY&R/
ウェーブメーカー/ワンダーマン・トンプソン

 

 

お問い合わせ

東洋経済新報社 フォーラム事務局

corporate@toyokeizai.co.jp

03-3246-5599(土日・祝日を除く 10:00~18:00)