資料ダウンロード

専門知識がなくてもできる!
収支予測と事業計画書
マスター講座
<第2期>

【専門ソフト不要!自社で使えるExcelシートつき】

開催日時

2019年7月11日(木)

10:30~17:00

#

2名以上同時申し込みで、2人目以降10%OFF

収支予測と事業計画書マスター講座

当講座は受付終了いたしました
今後の開催予定を是非ご覧ください

この講座で
学べること

  • POINT01

    POINT01

    実現性が高く、納得させる事業計画を作成できる

    事業計画は作成して終わりではありません。必ず事業の実行の際にも使用できることが大切です。当講座で作成する事業計画書では、具体的数字の読み解きによって売上予測を算出し、シミュレーションを行うことが出来ます。

  • POINT02

    POINT02

    Excelで計画の作成過程を検証し、自社に活かせる

    実際に事業計画の作成過程を追いながら、Excelで作成した事業計画書の数字を検証していきます。数字間のリンクや変数、シミュレーションをするために必要なファイルの作り方など、具体的な手法も学べます。

  • POINT03

    POINT03

    複雑な会計の知識を使わずに理解できる

    貸借対照表、損益計算書、キャッシュフロー計算書の関連性や投資評価方法の仕組みまで分かりやすく押さえてゆきます。最終的に事業を実現し、フィードバックまで行えることを目指します。

プログラム

  • 企画を通せる事業計画書の作り方
    実現可能性の高い事業計画を作成し、事業を成功に導く!

    1.
    事業計画の位置づけ
    2.
    事業の現状分析(足元の分析)、将来予測(将来の分析)
    3.
    ステップ1 新規事業の競争力分析
    4.
    ステップ2 予想損益計算書の作成
    5.
    ステップ3 予想キャッシュフロー計算書の作成
    6.
    ステップ4 時間価値を考慮したキャッシュフロー計算書
    7.
    まとめ

    詳 細

    1.
    事業計画の位置づけ

    ・事業計画から事業実行までの一連の流れを見てみる

    ・事業計画書はどのような位置づけなのか

    ・事業計画書の中身はどうなっているのか
        ~事業のコアコンピタンス(競争力の源泉)は
        ~予想損益計算書、予想キャッシュフロー計算書とは

    ・事業のコアコンピタンス(競争力の源泉)を知ることが最も重要

    2.
    事業の現状分析(足元の分析)、将来予測(将来の分析)

    ・事業の成長性を予測してみる
        ~市場規模の予測、市場の成長性見る際のポイント
        ~成長性の低い事業は本当に悪い事業なのか

    ・事業の収益性を予測してみる
        ~利幅を取れる事業か、薄利多売の事業か

    ・事業の実現可能性
        ~事業を成功に導くための重要なポイントは

    3.
    ステップ1 新規事業の競争力分析

    ・新規事業のポイントとなるコアコンピタンスは何か

    ・新規事業のいい点、悪い点を洗い出す

    ・競争が激化した場合の予想される対策とは
        ~価格で追随するか、差別化で対応するか

    4.
    ステップ2 予想損益計算書の作成

    ・様々な売上予測の方法
        -売上=販売価格×販売量
        -売上積み上げ方式

    【ショートケース1】A社のA事業のエクセルを使った売上予測演習

    ・コスト予測の方法
        -変動費と固定費の概念と、予測に組み込む際のポイント
        -エクセル上での固定費と変動費の区分はどうやって行うのか
        -仕入原価の予測の仕方
        -人件費の予測の仕方

    【ショートケース2】A社のA事業のエクセルを使ったコスト予測演習
        ・競争環境を事業計画に落とし込むには

    【ショートケース3】A社のA事業計画の解読
        ・A社の販売予測の検証
        ・販売予測を様々な角度からシミュレーションしてみる
        ・コストのシミュレーションをより正確なものにするには

    5.
    ステップ3 予想キャッシュフロー計算書の作成

    ・予想損益計算書とリンクした予想キャッシュフロー計算書

    【ショートケース4】投資のタイミングとキャッシュフローの関係
        ・設備投資計画の重要性
        ・中長期において資金は不足するのか

    【ショートケース5】A社のA事業計画の解読
        ・A社の予想キャッシュフロー計算書の検証
        ・予想されるキャッシュアウトフローはこれで十分か
        ・運転資本の重要性
        ・資金不足に陥らないようにするためには

    6.
    ステップ4 時間価値を考慮したキャッシュフロー計算書

    ・時間価値は難しく考えない(金利の話)

    ・ディスカウンテッドキャッシュフローとは

    ・NPV法(正味現在価値法)とは

    ・IRR法(内部利益率法)とは

    ・エクセル上でNPV、IRRで評価するには

    【ショートケース6】A社のA事業計画の投資判断は

    7.
    まとめ

※プログラムは変更となる場合がございます。

南 俊基 氏

会計・財務の分かりやすい解説に定評がある人気講師

南公認会計士事務所 代表
公認会計士/税理士/日本証券アナリスト協会検定会員

南 俊基

プロフィールはこちら

受講者の声

  • Excelを使用しての講座がとてもわかりやすかったです。

    情報・通信サービス業/マネージャー
  • 事業計画策定のポイントについて、シンプルに説明いただき大変参考になりました。

    医療・福祉/部長
  • あまり知識を持たずに参加しましたが、今後に活かせる考え方が分かりました。

    情報・通信サービス業/部長
  • 新規事業や新商品発売などで是非使っていきたいです。

    商社・卸売業/係長
  • 社内で最近使うようになった投資評価方法の内容や扱い方がよくわかりました。

    製造業/プロジェクトマネージャー

開催概要

日時

2019年7月11日(木)
10:30~17:00

会場

東洋経済新報社 本社セミナールーム(東京都中央区日本橋本石町1-2-1)

受講特典

自社ですぐに使える【分析確認Excelシート】つき

受講料

46,250円(税抜)
【税込49,950円】

※2名以上同時申し込みで2人目以降10%OFF!
※当講義ではノートパソコンをお持込いただき、講義で使用いたします。PCレンタルご希望の方は、PCレンタルプラン(+5,400円)をお選びください。
※社内報告書テンプレートつき

対象

事業計画を初めて作られる方・作成した事業計画書に不安がある方、企画部門・各事業部門・新規事業部門の方など
※新任管理職の方には特におすすめです。
※部署・お役職は問いません

印刷用
PDF

資料ダウンロード

注意事項

下記ご確認の上、お申し込みください。

▽支払い方法
請求書払いのみ承ります。申込確認後、ご登録いただいたご住所宛に請求書を郵送いたします。 期日までに必ずお振込をお願いいたします。ご入金が確認できない場合はご受講をお断りする場合もございますので御了承ください。


▽キャンセルポリシー
お申込後のキャンセルは受け付けておりませんので御了承ください。 一旦納入いただいた受講料の返金はできかねます。

▽その他注意事項
・講演内容・講演者・プログラムは変更となる場合がございます。
・申込人数が開催に必要な人数に達しない場合は、やむを得ずコースを中止する場合がございますので御了承ください。
・競合サービスをご提供されている方・学習目的以外の目的と思われる方につきましては、ご受講をお断りさせていただくことがございます。また、反社会的勢力に関係する方のご受講は一切お断りいたします。

お問い合わせ

TEL 03-3246-5599(土日・祝日を除く10:00~18:00)

お問い合わせフォームはこちら

東洋経済のカスタマイズ研修(社内研修)

具体的な課題に即した研修、
大人数での社内研修もおまかせください

各企業様における、社内研修も承っております。部署全体でのご受講や、自社の具体的な課題に沿った内容での研修をご検討されていらっしゃいましたら、ぜひお気軽にご相談ください。

企業研修のお問い合わせはこちら

東洋経済の研修講座
過去の開催

もっと見る

閉じる

東洋経済新報社について

創立とともに創刊した120年以上の歴史をもつ週刊誌、『週刊東洋経済』と、80年にわたり企業分析を行っている『会社四季報』。東洋経済はずっと日本の経済と企業の「今」を見てきました。また、弊社では10年以上、旬なテーマのビジネスセミナーを開催。その豊富な実績を活かし、企業の課題をより深掘りした講座を開講しています。

東洋経済新報社
研修講座事務局

東京都中央区日本橋本石町1-2-1

TEL 03-3246-5599
土日・祝日を除く10:00~18:00

お問い合わせフォームはこちら

PAGE TOP

Copyright© Toyo Keizai Inc. All Rights Reserved.

南公認会計士事務所 代表
公認会計士/税理士/日本証券アナリスト協会検定会員

南 俊基 氏

早稲田大学政治経済学部経済学科卒業、慶應義塾大学大学院経営管理研究科修了(経営学修士)。
監査法人トーマツ、ソニー株式会社100%出資の経営戦略コンサルティング会社ジェンシスコンサルティング株式会社を経て、財務省理財局にて財政投融資監査業務に従事する。バイオベンチャーのテラ株式会社では、創業時から監査役を務め、2009年にJASDAQ市場に上場。現在は南公認会計士事務所の代表として、メーカー、IT企業、バイオベンチャー企業等に対して、事業戦略、財務戦略、コスト管理に関するコンサルタントとして活躍するほか、企業向けに財務、管理会計の研修を数多く実施している。総合辞書サイトJLogosを運営するエア株式会社の取締役も務める。