資料ダウンロード

決算書の見方・読み方・使い方がわかる
財務分析マスター講座

【すぐに使える分析確認Excelシートつき】
たった1日で会社・仕事へのアプローチが劇的に変わるビジネス数字力

開催日時

2019年9月3日(火)

10:30~17:00

#

2名以上同時申し込みで、2人目以降10%OFF

財務分析マスター講座

お申込みはこちら

この講座で
学べること

  • POINT01

    POINT01

    管理職・責任者として、自社の現状を数字で把握したい

    決算書(貸借対照表、損益計算書、キャッシュフロー計算書)にはそれぞれの役割があります。三表の読み方を知ることで、社会の中での会社の姿を読み解くことができ、自社の事業、あるいは自社における各チームの動き方を考える指標もわかります。

  • POINT02

    POINT02

    次なる展開や新規事業のために、自社や競合、取引先の儲け方のタイプや収益力・潜在力を知りたい

    財務分析によって企業の事業のありよう、強み、投資とリターンの関係など多くを知ることができます。今後の展開を判断、決定するために、必須の知識です。

  • POINT03

    POINT03

    自社に持ち帰って、すぐに使える【分析確認Excelシート】つき

    講義で使用した基本的な分析を行うExcelシートをお持ち帰りいただけます。指定箇所に財務データを入力すれば必要な財務指標を早速入手することができます。計算の方法よりも、財務指標が持つ意味の理解を深めることで、より本質的な理解を可能にします。

プログラム

  • 1日で決算書の見方・読み方・使い方がわかる
    プログラム

    1.
    決算書のしくみと読み方
    2.
    財務分析の基本
    3.
    会社の儲ける力の分析 ~収益性分析
    4.
    商売のサイクルをチェックする ~回転期間分析
    5.
    つぶれない会社を探る ~安全性分析
    6.
    まとめ

    詳 細

    1.
    決算書のしくみと読み方

    ・貸借対照表、損益計算書、キャッシュフロー計算書の関係

    ・貸借対照表からわかること
        -登場人物から見える会社の資金の流れ
        -貸借対照表は情報の宝庫

    ・損益計算書からわかること
        -売上-コスト=利益の計算式から見える会社の活動

    ・キャッシュフロー計算書からわかること
        -キャッシュをどのように生み出し、どのように使っているのか

    2.
    財務分析の基本

    ・分析手法のまとめ
        -収益性、安全性、回転期間分析とは

    ・過去から現在、将来をみていく時系列分析

    ・同業他社と比較して会社の優劣をみる同業他社分析
    【事例研究1】同業他社は比較が難しい

    3.
    会社の儲ける力の分析 ~収益性分析

    ・投下資本利益率 ~投資とリターンの関係

    ・投下資本利益率からみる商売の本質 ~利幅モデルか薄利多売モデルか

    ・ROA(総資本事業利益率)
        -経営者から見た投下資本利益率

    ・ROE(株主資本純利益率)
        -株主から見た投下資本利益率
    【事例研究2】ROAとROEはどう違うのか

    ・売上総利益率 ~会社の儲けの源泉を見ていく

    ・売上高営業利益率 ~会社の本業の儲ける力を見る

    ・売上高コスト比率 ~会社にとって優良なコスト、不良なコストを見る
    【事例研究3】売上総利益率と売上高営業利益率からみる3社の違い
    【事例研究4】販売費および一般管理費のスタンスの違い

    4.
    商売のサイクルをチェックする ~回転期間分析

    ・棚卸資産回転期間
        -在庫の動きを見ながら不振事業をあぶりだす指標

    ・売上債権回転期間
        -現金回収サイクルをみる指標

    ・仕入債務回転期間
        -会社の支払いサイトの動きを見る指標
    【事例研究5】回転期間が悪化しているA社とB社はどちらが問題あるのか

    5.
    つぶれない会社を探る ~安全性分析

    ・流動比率 ~金融機関が重視する「支払い能力」をはかる

    ・固定長期適合率 ~長期的な投資と支払のバランスをチェックする

    ・株主資本比率 ~返済不要な資金はどれくらいか

    ・インタレストカバレッジレシオ ~借金の大小がわかる指標

    6.
    まとめ

※プログラムは変更となる場合がございます。

南 俊基 氏

会計・財務の分かりやすい解説に定評がある人気講師

南公認会計士事務所 代表
公認会計士/税理士/日本証券アナリスト協会検定会員

南 俊基

プロフィールはこちら

受講者の声

  • 帰ってすぐに演習してみる意欲がわき、苦手意識が消えました。色々なトピックもとても興味深く、大変価値ある講座でした。

    医療事業/部長
  • 実践に基づいた内容が非常にためになりました。今後も南先生の講座があれば受講希望します。

    情報通信サービス業/代表
  • 身近な話題を交えた講義で、理解しやすかったです。

    卸売業/執行役員
  • 会計の専門家でありながら、分かりやすい説明でした。適切なスピードで講義が進みました。

    卸売業/マネジャー
  • 大変良かったです。管理会計の講座も受講したいです。

    コンサルティング業/代表

開催概要

日時

2019年9月3日(火)
10:30~17:00

会場

東洋経済新報社 本社セミナールーム(東京都中央区日本橋本石町1-2-1)

受講特典

自社ですぐに使える【分析確認Excelシート】つき

受講料

45,450円(税別)
※2名以上同時申し込みで2人目以降10%OFF!
※社内報告書テンプレートつき

対象

決算書、財務分析の基本を横断的に1日でマスターしたいビジネスパーソン
※新任管理職の方には特におすすめです。
※部署・お役職は問いません

印刷用
PDF

資料ダウンロード

注意事項

下記ご確認の上、お申し込みください。

▽支払い方法
請求書払いのみ承ります。申込確認後、ご登録いただいたご住所宛に請求書を郵送いたします。 期日までに必ずお振込をお願いいたします。ご入金が確認できない場合はご受講をお断りする場合もございますので御了承ください。


▽キャンセルポリシー
お申込後のキャンセルは受け付けておりませんので御了承ください。 一旦納入いただいた受講料の返金はできかねます。

▽その他注意事項
・講演内容・講演者・プログラムは変更となる場合がございます。
・申込人数が開催に必要な人数に達しない場合は、やむを得ずコースを中止する場合がございますので御了承ください。
・競合サービスをご提供されている方・学習目的以外の目的と思われる方につきましては、ご受講をお断りさせていただくことがございます。また、反社会的勢力に関係する方のご受講は一切お断りいたします。

お問い合わせ

TEL 03-3246-5599(土日・祝日を除く10:00~18:00)

お問い合わせフォームはこちら

お申込みはこちら

東洋経済のカスタマイズ研修(社内研修)

具体的な課題に即した研修、
大人数での社内研修もおまかせください

各企業様における、社内研修も承っております。部署全体でのご受講や、自社の具体的な課題に沿った内容での研修をご検討されていらっしゃいましたら、ぜひお気軽にご相談ください。

企業研修のお問い合わせはこちら

東洋経済の研修講座
過去の開催

もっと見る

閉じる

東洋経済新報社について

創立とともに創刊した120年以上の歴史をもつ週刊誌、『週刊東洋経済』と、80年にわたり企業分析を行っている『会社四季報』。東洋経済はずっと日本の経済と企業の「今」を見てきました。また、弊社では10年以上、旬なテーマのビジネスセミナーを開催。その豊富な実績を活かし、企業の課題をより深掘りした講座を開講しています。

東洋経済新報社
研修講座事務局

東京都中央区日本橋本石町1-2-1

TEL 03-3246-5599
土日・祝日を除く10:00~18:00

お問い合わせフォームはこちら

決算書の見方・読み方・使い方がわかる
財務分析マスター講座

複数名お申し込みでお得に受講可能

2名以上同時お申込みで2人目以降10%OFF

PAGE TOP

Copyright© Toyo Keizai Inc. All Rights Reserved.

南公認会計士事務所 代表
公認会計士/税理士/日本証券アナリスト協会検定会員

南 俊基 氏

早稲田大学政治経済学部経済学科卒業、慶應義塾大学大学院経営管理研究科修了(経営学修士)。
監査法人トーマツ、ソニー株式会社100%出資の経営戦略コンサルティング会社ジェンシスコンサルティング株式会社を経て、財務省理財局にて財政投融資監査業務に従事する。バイオベンチャーのテラ株式会社では、創業時から監査役を務め、2009年にJASDAQ市場に上場。現在は南公認会計士事務所の代表として、メーカー、IT企業、バイオベンチャー企業等に対して、事業戦略、財務戦略、コスト管理に関するコンサルタントとして活躍するほか、企業向けに財務、管理会計の研修を数多く実施している。総合辞書サイトJLogosを運営するエア株式会社の取締役も務める。