資料ダウンロード

新任管理職・新任担当者必見!
顧客視点から学ぶ
デジタルマーケティング講座

企業視点を脱却!
ユーザー体験(カスタマージャーニーマップ)理解から進めるデジタル施策

開催日時

2019年5月30日(木)

13:00~17:00

#

2名以上同時お申込みで、2人目以降10%OFF

お申し込みはこちら

この講座で
学べること

  • POINT01

    POINT01

    デジタル時代に最適なマーケティング戦略がわかる

    顧客中心のマーケティングが今、重視されているのはなぜか。その理由を「現代の顧客行動」「テクノロジー」「メディアの特性」といった視点から、事例をまじえて分かりやすく解説します。

  • POINT02

    POINT02

    デジタルマーケティングだからこそ実現できる顧客体験がわかる

    デジタルを利活用して顧客にとって価値ある体験を提供し、ビジネス機会を創り出せるか。まずはその仕組みを理解することで、今後のマーケティング活動を効果的に展開するヒントを得ることができます。

  • POINT03

    POINT03

    顧客が求める体験を導き出すためのプロセスがわかる

    情報接触の分散・偏重や「モノ消費」から「コト消費」など顧客行動の変化により、どれだけ顧客を理解できるかが重要な時代。カスタマージャーニーマップの作り方と活用方法を理解することで、マーケティング活動へ活かすことができます。

プログラム

  • 第1部

    顧客中心時代におけるデジタルを活用したマーケティングの在り方    
    講師:飯尾 将史  氏

    第2部

    ユーザーの視点から施策を生み出すためのカスタマージャーニー理解    
    講師:宮村 和実  氏

    ※第1部、第2部ともに講義形式となります。ワークショップは行いません。

    詳細

    第1部
    インターネットやスマートフォンといったテクノロジーの進化に合わせて多種多様のデジタルサービスが普及し、顧客自体が豊富な情報をもとに、その時々の思考・事情・方法によって、消費行動を取れるようになっています。今、企業に求められるマーケティングとは何か、事例に触れながら学びます。

    1.
    デジタル活用が不可欠な顧客中心時代のマーケティング

    これまでの顧客を大括りで捉える従来のマスマーケティングよりも、顧客に最適なタイミング・最適なコミュニケーションにより情報を提供することが求められる時代になりました。Amazonを例にその行動変化の背景に触れていきます。

    2.
    顧客理解から始めるデジタルマーケティング

    多くの企業が運用しているウェブサイトやメール、アプリといったデジタルチャネルにおけるユーザ行動は、データとして残すことができます。そのデータを分析することで、顧客理解を図ることが可能です。さらにそのデータをリアルタイムに利活用できれば、顧客の今に適した体験を提供し、ビジネス機会を得る可能性を高めることもできます。デジタルマーケティングのスタートである顧客理解の方法を学びます。

    3.
    デジタルマーケティング ケーススタディ

    国内事例を基に、成功と失敗要因を学び、自社におけるデジタルマーケティングの実行イメージを探ってみましょう。

    第2部
    顧客を理解する手段として欠かせないのが、「カスタマージャーニー」の理解です。
    カスタマージャーニー活用のためのデザイン手法である「UXデザイン」と併せて理解を深め、自社の施策に活かします。

    1.
    「UX(ユーザーエクスペリエンス)」の基礎理解

    顧客の要求を探りだす「カスタマージャーニーマップ」を理解するための基本である「UX」の概念と手法について、基礎知識を学びます。

    2.
    カスタマージャーニーの元となるユーザー理解

    効果的なカスタマージャーニーマップを作成するために、まずは適切にターゲットユーザーを捉えることが欠かせません。「ユーザー定義」と、それに基づいて行う「ペルソナ」設定についてポイントをお伝えします。

    3.
    カスタマージャーニーマップとは

    マーケティング戦略の策定のために、顧客視点の体験を共有して作られるカスタマージャーニーマップ。「どのようなステップで作成するのか?」「なにを可視化するものなのか?」を学びます。

    4.
    カスタマージャーニーを活かす3つのポイント

    カスタマージャーニーマップを作成することで「何を見出すのか?」「どのように活用するのか?」を3つのポイントに絞ってお伝えします。

    5.
    カスタマージャーニーの目的

    カスタマージャーニーマップを作っただけで満足しては意味がありません。「カスタマージャーニーマップを作る目的はなにか?」を改めて考えることで、この手法を活かすための示唆を得ていきます。

飯尾 将史 氏

デジタルマーケティング一筋15年のストラテジックデザイナー

ネットイヤーグループ株式会社  デジタルサービスデザイン部  部長

飯尾 将史 

プロフィールはこちら

柴田 哲史 氏

「UX School」の学長も務めるUX/CXのスペシャリスト

ネットイヤーグループ株式会社  カスタマーエクスペリエンス事業部  UXデザイン部  UXデザイナー

宮村 和実 

プロフィールはこちら

開催概要

日時

2019年5月30日(木)
13:00~17:00

会場

CAFE SALVADOR BUSINESS SALON
(東京都中央区日本橋茅場町1-5-8 東京証券会館1階)
東京メトロ 東西線・日比谷線「茅場町駅」8番出口直結
東京メトロ 銀座線・都営浅草線「日本橋駅」 D2出口 徒歩5分

受講料

39,880円(税抜)
【税込43,070円】
※フリードリンクつき

※2名以上同時申し込みで2人目以降10%OFF!
※社内報告書用テンプレートつき

定員

24名

対象

マーケティング・経営企画・戦略担当者、デジタルマーケティングを基礎から学びたい方
※新任管理職・新任担当者の方は特におすすめです。
※部署・お役職は問いません。


印刷用
PDF

資料ダウンロード

注意事項

下記ご確認の上、お申し込みください。

▽支払い方法
請求書払いのみ承ります。申込確認後、ご登録いただいたご住所宛に請求書を郵送いたします。 期日までに必ずお振込をお願いいたします。ご入金が確認できない場合はご受講をお断りする場合もございますので御了承ください。


▽キャンセルポリシー
お申込後のキャンセルは受け付けておりませんので御了承ください。 一旦納入いただいた受講料の返金はできかねます。

▽その他注意事項
・講演内容・講演者・プログラムは変更となる場合がございます。
・申込人数が開催に必要な人数に達しない場合は、やむを得ずコースを中止する場合がございますので御了承ください。
・競合サービスをご提供されている方・学習目的以外の目的と思われる方につきましては、ご受講をお断りさせていただくことがございます。また、反社会的勢力に関係する方のご受講は一切お断りいたします。

お問い合わせ

TEL 03-3246-5599(土日・祝日を除く10:00~18:00)

お問い合わせフォームはこちら

お申込みはこちら

会場協力 heiwa

東洋経済のカスタマイズ研修(社内研修)

具体的な課題に即した研修、
大人数での社内研修もおまかせください

各企業様における、社内研修も承っております。部署全体でのご受講や、自社の具体的な課題に沿った内容での研修をご検討されていらっしゃいましたら、ぜひお気軽にご相談ください。

企業研修のお問い合わせはこちら

東洋経済の研修講座
過去の開催

もっと見る

閉じる

東洋経済新報社について

創立とともに創刊した120年以上の歴史をもつ週刊誌、『週刊東洋経済』と、80年にわたり企業分析を行っている『会社四季報』。東洋経済はずっと日本の経済と企業の「今」を見てきました。また、弊社では10年以上、旬なテーマのビジネスセミナーを開催。その豊富な実績を活かし、企業の課題をより深掘りした講座を開講しています。

東洋経済新報社
研修講座事務局

東京都中央区日本橋本石町1-2-1

TEL 03-3246-5599
土日・祝日を除く10:00~18:00

お問い合わせフォームはこちら

新任管理職・新任担当者必見!
顧客視点から学ぶ
デジタルマーケティング講座

複数名お申し込みでお得に受講可能

2名以上同時お申込みで2人目以降10%OFF

PAGE TOP

Copyright© Toyo Keizai Inc. All Rights Reserved.

ネットイヤーグループ株式会社  デジタルサービスデザイン部  部長

飯尾 将史 氏

SIerを経て2004年にネットイヤーグループへ参画。デジタルマーケティングのプロデューサーとして、戦略立案から自社サイト・SNS・キャンペーン・システムの企画~運用までと、幅広く支援。現在は、デジタルを利活用したサービスデザインに注力し、よりよい顧客体験とクライアントの事業成果創出を目指す。2014年 産業技術大学院大学「人間中心デザイン」履修プログラム修了。

ネットイヤーグループ株式会社  カスタマーエクスペリエンス事業部  UXデザイン部  UXデザイナー

宮村 和実 氏

2001年より、ネットイヤーグループ株式会社にてIA/UXデザイナーとして活動。デジタルマーケティングの支援において、様々な企業のウェブサイト、サービスにおけるUX/情報デザイン、評価に幅広く携わる。近年はカスタマージャーニーからUX視点の要求を見出すワークショップにも携わる。企業内部へのUX/CX浸透のための教育・啓蒙活動にも尽力している。今春開講する「UX School 」第二期の学長も務める。