戦略的な意思決定・財務の課題解析のために!
コーポレートファイナンス入門講座

事業担当者も身につけたい、投資プロジェクト評価から企業価値向上策まで

開催日時
2020年123日(木)10:30~17:30

2名以上同時お申し込みで


2人目以降10%OFF

お申し込みはこちら

講座のポイント

01

コーポレートファイナンスでの考え方が基礎からわかる

今ビジネスの現場で、企業価値を最大化するために不可欠な「コーポレートファイナンス」の知識。長期的な視点で、必要な資金をいかに調達し、戦略的に事業を遂行していくのか。資本コスト、フリーキャッシュフローなど、基礎から解説していきます。

02

投資家や株主の視点から、企業を見る力が養える

コーポレートファイナンスの中心となる考え方、「市場重視」「株主重視」に求められるものとは何か。資本コストのレベルに影響を与える要素や、金利とリスクの捉え方、CAPM(資本資産評価モデル)の意味や計算方法を学びます。

03

事業価値・企業価値・株主価値の評価方法について理解できる

投資プロジェクトのNPV(正味現在価値)やIRR(内部収益率)をはじめ、シナリオ分析や感応度分析などの指標に照らした判断の仕方から、企業価値の向上策へ、具体的なケースを取り上げながら、さまざまなアプローチを身につけます。

プログラム

ビジネスの現場で生きる!
コーポレートファイナンスの知識と価値評価・向上策

  • 1.コーポレートファイナンスとは何か
  • 2.投資家の期待する儲けの水準(資本コスト)
  • 3.フリーキャッシュフロー
  • 4.投資プロジェクトの評価方法
  • 5.企業価値の評価と向上策
  • 6.まとめ
  • 詳細はこちら↓

    1.コーポレートファイナンスとは何か

    • (1) 市場重視の背景
    • (2) 株主重視の意味
    • (3) コーポレートファイナンスのポイント

    2.投資家の期待する儲けの水準(資本コスト)

    • (1) 金利とリスク
    • (2) 株主資本コストは高いのか
    • (3) 資本コストのレベルに影響を与えるポイント
    • (4) WACCの意味と計算
    • (5) CAPMの意味
    • (6) 最適資本構成の意味
    • <事例>実際の上場公開企業におけるWACCの計算

    3.フリーキャッシュフロー

    • (1) フリーキャッシュフローの計算
    • (2) 運転資本の意味と計算
    • (3) フリーキャッシュフローを使う理由

    4.投資プロジェクトの評価方法

    • (1) 金銭の時間的価値
    • (2) 現在価値と割引率
    • (3) NPV法
    • (4) IRR法
    • (5) 回収期間法
    • (6) キャッシュフロー予測についての注意事項
    • (7) シナリオ分析と感応度分析
    • <ケース>おもちゃの新規事業の評価
    • ・投資プロジェクトのNPVとIRRを計算する
    • ・販売単価、販売数量、原価、販売管理費、設備投資額、運転資本などの感応度分析を行う。
    • ・投資委員会の委員の立場で修正や検討すべきポイントを考える。

    5.企業価値の評価と向上策

    • (1) 企業価値の意味と評価方法
    • (2) バランスシートアプローチ
    • (3) マーケットアプローチ(PER法、EBITDAマルチプル)
    • (4) インカムアプローチ(DCF法)
    • (5) DCF法をベースにした企業価値・株主価値の向上策
    • <事例>企業価値・株主価値の評価方法

    6.まとめ

    • (1) 財務諸表から考える企業価値向上の方向性
    • (2) 格付けと株主重視のバランス

    ※プログラムは変更となる場合がございます。

    講師紹介

    • 財務・会計のプロフェッショナル

      早稲田大学大学院(ビジネススクール)教授

      西山 茂

      プロフィールはこちら

      close

      早稲田大学大学院(ビジネススクール)教授

      西山 茂

      早稲田大学政治経済学部卒。
      ペンシルバニア大学ウォートンスクールMBA修了。

      監査法人ト-マツ、㈱西山アソシエイツにて会計監査・企業買収支援・株式公開支援・企業研修などの業務を担当したのち、2002年より早稲田大学。2006年より現職。学術博士(早稲田大学)。公認会計士。上場公開企業の社外役員を歴任。

      主な著書に、『企業分析シナリオ第2版』『入門ビジネス・ファイナンス』『「専門家」以外の人のための決算書&ファイナンスの教科書』(以上、東洋経済新報社)、『ビジネススクールで教えている会計思考77の常識』(日経BP社)、『戦略管理会計改訂2版』(ダイヤモンド社)、『増補改訂版英文会計の基礎知識』(ジャパンタイムズ)などがある。

    開催概要

    日時 2020年1月23日(木)10:30~17:30
    会場 東洋経済新報社 本社セミナールーム(東京都中央区日本橋本石町1-2-1)
    受講特典 西山講師の近刊『「専門家」以外の人のための決算書&ファイナンスの教科書』(税込1,980円)
    受講料 45,450円(税別)
    ※2名以上同時申し込みで2人目以降10%OFF!
    ※社内報告書用テンプレートつき
    対象 コーポレートファイナンスについて理解を深めたい方
    経営企画、財務、経理、事業部門担当者など
    注意事項 下記ご確認の上、お申し込みください。

    ▽支払い方法
    請求書払いのみ承ります。申込確認後、ご登録いただいたご住所宛に請求書を郵送いたします。
    期日までに必ずお振込をお願いいたします。ご入金が確認できない場合はご受講をお断りする場合もございますので御了承ください。

    ▽キャンセルポリシー
    お申込後のキャンセルは受け付けておりませんので御了承ください。 一旦納入いただいた受講料の返金はできかねます。

    ▽その他注意事項
    ・講演内容・講演者・プログラムは変更となる場合がございます。
    ・申込人数が開催に必要な人数に達しない場合は、やむを得ずコースを中止する場合がございますので御了承ください。
    ・競合サービスをご提供されている方・学習目的以外の目的と思われる方につきましては、ご受講をお断りさせていただくことがございます。また、反社会的勢力に関係する方のご受講は一切お断りいたします。
    お問い合わせ TEL 03-3246-5599 (土日・祝日を除く10:00~18:00)
    お問い合わせはこちら
    主催 東洋経済新報社
    お申し込みはこちら

    複数名お申し込みでお得に受講可能 2名以上同時お申し込みで2人目以降10%OFF

    お申し込みはこちら
    お申し込みはこちら

    当講座は受付終了いたしました 今後の開催予定を是非ご覧ください

    募集中の講座はこちら